超汗に強いファンデーションのランキングを50代パートする主婦へ紹介!

スポンサーリンク

女性のたしなみ、と
言われている“化粧”。

外出するときはいつも化粧を
してからの人が圧倒的に多く、

逆に化粧をせずにすっぴんで
歩いている女性は年々
減少傾向にあります。

そんな女性の苦労も
男性には伝わっていないことも多いですが、

やはり“美しくありたい”気持ちは
年をとっても変わらないもの。

しかし肉体的な変化はみなさん
感じ取っているように、
若い頃そのままではいられません…。

年齢に合った、用途に合った
化粧品を使い日々を彩りましょう。

今回は50代でバリバリ働く女性に向けた、
汗に負けないファンデーションをご紹介します!

超汗に強いファンデーションを50代主婦向けにランキング

では早速ランキングの発表に
移りましょう。

第5位 セザンヌ UVリキッドファンデーションR

ランキング入りしている
化粧品の中でダントツのコスパを誇るのが
こちらの商品です。

水や汗に強く、乾燥肌の
人でもしっとりとした
状態を維持できます。

また、塗り心地や伸びが良い
のも特徴ですね。

若干、色味が暗めなので
いつもより明るめの色を
チョイスするか、2種類を
購入して混ぜると良いですよ。

第4位 オルビス パーフェクトUV リキッドファンデーション

汗・皮脂に強く、紫外線から
肌を守りつつ約10時間美肌が
続きベタつきが少ないので
夏に使用するにはピッタリです。

付けている感じも少なく、
化粧特有の“付けている感”を
あまり感じたくない人には
嬉しい機能ですね。

よく伸び、使いやすくサラサラ
感があるのが特徴な反面、

時間が経つにつれて毛穴が
目立ちやすくなる、
という報告もいくつかあり
普段のスキンケアは必要な商品です。

第3位 アネッサパーフェクトUVリキッドNウォータープルーフ

日焼け止めといえばコレ、と
言われるほどパッケージに
印象的な太陽が描かれている
アネッサのシリーズ。

水・汗・紫外線に強いのはもちろん、
かるくタオルなどで顔を拭いても
落ちにくい特徴があり、

大量に汗をかく人には
オススメのファンデーションです。

ただしあまり汗をかかない
人には向かず、乾燥しやすい
デメリットがあります。

また、肌への負担も他の商品
より若干高めでスキンケアは
しっかりとしてあげて下さいね。

第2位 コフレドールグラン カバーフィットパクトUV(ウォータープルーフ)

価格も安めで機能は高く、
主婦には嬉しい商品です。

1位にランクインしている商品よりも
肌のカバー力は抜群で、
毛穴やシミを隠してくれます。

水や汗などに強い特徴も当然
備えるだけでなく、
マスクを着用しても付着が少なめ。

まさに困ったらこの商品、
といえるほどオススメですね。

第1位 ファシオ ラスティングファンデーションWP

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コーセー ファシオ ラスティングファンデーションWP 310
価格:1555円(税込、送料別) (2018/2/25時点)

コスパ、機能面では
どの商品でも追随を許さないほど
化粧直しの心配がない商品

さらにテカリ崩れを防ぎ、
スポーツをする人の悩みでもある
「汗・水・皮脂・紫外線」に
とても強いのが特徴です。

ただし、これだけ優秀な性能なので
少し乾燥しやすく、
崩れやすい場所は普通につけ
それ以外は薄く付けること。

そしてクレンジングは
しっかりと行うことが大切です。

スポンサーリンク

お肌も関係する年齢による女性の体の変化

女性の体は7の倍数で、
男性の体は8の倍数で

内側か外側に何かしらの
変化が起きる年齢だと
言われてきました。

これは単なる当てずっぽうではなく、
きちんと医学の面から見た指摘なので、
知っておいて損はありません。

今回は女性向けの内容なので、
年齢による変化は
女性の分のみをピックアップ
してみますね。

21歳:女性の体が出来上がる

28歳:1番体の調子が良い

35歳:容姿に衰えが見えだす

42歳:白髪が目立ち始める
シワや心身の不調なども

49歳:閉経の目安になる年齢

56歳:肉体的な能力の低下

63歳:動機、息切れ、慢性疲労など
ストレスがたまる不調の発生

70歳:食欲不振や便秘、下痢など
内蔵(胃腸)の機能低下

77歳:消化器系の機能低下

84歳:免疫力の低下

91歳:体内の水分量が減少する

ざっと一覧にしましたが、
上の項目を見ても50代は
女性にとって大きな変化が
ある年齢だと分かります。

人によっては更年期により、
汗っかきではないはずが

毎日のように多汗症に悩まされ
顔が火照ってしまう症状で
頭を抱えている人もいます。

これでは化粧をしても
すぐに落ちてしまって
休憩のたびに何度も直し、

毎日やるうちに面倒だからと
化粧をしなくなってしまう
人もいるほど大変です。

このような症状が出ていなく
ても働く上で汗をかきやすい
環境で働く女性は多いですから、

みなさんの化粧品選びの参考に
なれば嬉しいです。

まとめ

化粧品はどれだけ友人や
店員にオススメされたものであっても、

最後はやはり自分が
「これが合ってる」と思える商品を
見つけるのが重要です。

ですから、この記事を読んで
「これが良いって言ってた!」
と信じて一度に何個も購入するのではなく、

まずは“テスト”や“使ってみる”を
大切にしてください。

女性にとって、肌は歯と同じくらい
一生大事にしたいもの。

化粧品は、ほぼ毎日使うものですから
価格や機能と一緒に
自分の肌との相性をしっかりとチェックし、
悪い影響が出ないようにしましょう。

みなさんの大変な働く
日々の負担が、少しでも
軽くなるよう祈っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)