帰省の時必要な持ち物や超便利な物を一人暮らし女子大学生向けに紹介

スポンサーリンク

実家に帰る一人暮らしの19歳女子大生にとって

実家で過ごすとなると、

必要なものやあった方が便利なものを

知っておきたいですよね。

それを知らないと、

帰省するのに、どんな荷物を持っていけば

やり過ごせるか悩んでしまいますよね。

なんでも不安になって持っていったら大荷物になってしまうし、

少なくしようとしたら必要なものを持ち忘れたりしますよね。

そんな方のために、必要最低限に抑えられて

大荷物にならないオススメの便利グッズを書いていきます。

帰省の際に必要な持ち物や便利な物を女子大学生向けに紹介!

まず、本当に必要なものを書きましょう。

例えば、

着替え(私服・部屋着・下着&靴下)

スマホ(携帯電話)の充電器

化粧品

歯ブラシ

実家の鍵

とします。

これは、最低限の必要なものです。

では、これは持つとして

あとは何が必要になるでしょうか。

+aで考えてみてください。

例えば、

手土産

メガネ

コンタクト洗浄液&ケース

本・雑誌

などが出てきますよね。

「手土産」は、やはり自分の子供が遠くにいたのですから

子供がいた地域の名産物のお土産があっていいですよね。

逆に、お土産をもらって嬉しくない

なんてことはないです。

「メガネ」は、

目が悪く普段からかけている方は

問題ありませんが就寝前に読書をするときだけかける

なんて人はいつ自分が本を読みたくなるかわからないのですから

持って行って損はないでしょう。

「コンタクトケース」は、メガネの代わりに

度の入っているコンタクトをしている方はいいのですが

カラーコンタクトなど度の入っていないコンタクトを

使用する可能性がある場合にはケースがないと

コンタクトを保存することが出来なくなりますよ。

逆に、ファンデーションをそのまま持っていくほど

いらないけれど持っていかないと困るという場合に

コンタクトケースを利用してその中に

ファンデーションの中身を入れて持っていく

ということも出来ますね。

「本・雑誌」は、長距離を移動するにあたって

まとめると暇ですよね。

そんな時に、自分の好きな本や雑誌を持っていれば

いい暇つぶしになりますよね。

ですが、これは何時間もずっと読めるわけでもないですし

はっきり言って重いです。

それを公共機関から降りて自分の家に行くまで

持って帰るのは大変です。

なので、私は公共機関を乗る前に売店などで買う

ということをオススメします。

本当は、電子書籍の方が断然オススメなのですが、

電子書籍だと嫌だという方もいるので

自分の好きな方で買われた方がいいですね。

どこで寝ることになるかわからないのですから

深夜バスに乗るという方は首枕など簡易的な枕があると

とてもいいと思いますよ。

同じく、深夜バスであれば耳栓もいいですね。

必ず、乗っている人が静かとは限りません。

耳栓まで持っていたら「アイマスク」もセットの方が

快眠できてリラックスできると思います。

私が思うには、「音楽プレイヤー」があるのとないのとでは

全然違いますよ。

移動中に聴けば、気もまぎらわすことも

出来ますしいい暇つぶしになりますよね。

自分の好きな音楽を聴くのは、精神的にも体が安心して

リラックスすることが出来ます。

または、音楽を聴く機会はほかにも色々な場面で

聴くことが出来ますよ。

スポンサーリンク

「マスク」も大事です。

どこでどの様な菌がいるのかわからないので

移動の時にはマスクをするためにも

持ち歩いた方がいいでしょう。

「パソコン」というのもありますね。

大学生であれば、パソコンで作成しなければならない

レポートや論文を作るのに必要ですよね。

移動の最中であったり、家で空いた時間があった場合に

パソコン作業が出来るので必要な方は

持って行った方がいいでしょう。

逆に、パソコンを持って行って雑誌は持たずに

パソコンで読むという方法で利用することも出来ます。

そうすれば、パソコン1つで雑誌もレポートなどの

パソコン作業もすることが出来ます。

「カメラ」もいいですね。

こちらは、帰省した時に家族で出かけることがあれば

そのカメラを使って撮影すれば思い出も一緒に

帰省が終わったあとも持って帰れます。

逆に、「USBメモリー」も持っていけば

その時の思い出をUSBメモリーを使って

移して家族に持たすことも出来ますよね。

そうすれば、家族の方も嬉しいですよね。

確かに、地元に帰ってきてわざわざ地元の景色を

撮ることはないと思いますが、家族揃って

遠出するということがあるのであれば

尚更、カメラは活用できますよ。

カメラだけではなく、USBメモリーも大活躍です。

まとめ

どの様な帰省になるかは、それぞれですが

どんな帰省になるかによって持ち物が変わるので

まずは、よく絶対に必要なものを上げましょう。

それを確認したら+aであったら自分にとっていいものを

上げていきましょう。

そこで、それを持って行って大丈夫なのか

それを最終確認した上で動きましょう。

必要ではないものを持って行っても

荷物が重くなるだけになるので

最低限にしたいのであればそのようにした方が

いいでしょう。

帰りのことを考えて自分なりに考えてみるのも

帰省にあたって楽しいですよね。

最低限におさまれば、それに越したことはないのですが

久しぶりに帰るのですから自分にとって必要と

思ったものは持っていくことをオススメします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)