男子学生向けに必ず成功する夏祭りへの誘い方と告白の仕方を紹介!

スポンサーリンク

今年の夏こそ好きな人に告白してみませんか?

最近では、ほとんどの人がスマホを持っていますよね。

メールやLINEでの告白もいいけど、

やっぱり気持ちは直接伝えてほしいと私は思います。

「でも緊張するし…」

「直接だと振られたとき気まずいじゃん…」

と思っているそこのあなた!!

夏祭りというシチュエーションに手伝ってもらいましょう。

今回は夏祭りで告白を成功させるポイントを紹介します。

最後までついてきてくださいね~☆

もちろん女の子から気持ちを伝えるのも素敵ですよ。

夏祭りは告白に最適!誘い方のコツと告白の成功に繋げる行動は?

スポンサーリンク

なんで夏祭りなの?夜景とかじゃだめなの?

と思うかもしれません。

夏祭りは気軽に誘えるし、

なにより好きな子の浴衣姿も見られる。

夏=恋のにおいがします(笑)

たとえフラれたとしても、好きな人と行ったなぁと

甘酸っぱい思い出に変えることができます。

でも告白する以前に夏祭りに誘わないといけませんね。

よくありがちなのは回りくどく、

「○○日ひま?」とか

「今年も夏祭りあるらしいよ~」と送る。

めんどくさくて既読スルーされちゃいます。

好きな人を誘うときは、ストレートに!!

そして主導権を自分が持つことが大切です!!

「○○日の夏祭り一緒に行きませんか?」

これです(笑)

自分の口調で伝えてください。

相手はドキッとするはずです。

用事があるの…

と言われないように何日も前に誘っておきましょう。

もし「友達と行くから無理」と言われたら、

「祭りの後でいいから少しだけぼくに時間をちょうだい」

という感じにチャンスをもらうといいですよ。

私が学生時代、好きだった彼は上級者でした(笑)

女の子3人と男の子3人で、お祭りに行ったとき

2人きりになれるように、わざと友達とはぐれてました。

はぐれて心配になっていた私に

わたあめを買ってくれたのです。

お祭りを楽しんだあと近くの神社で告白してくれました。

階段に座って2人でわたあめ食べて、

ドキドキしながら色んな話したなぁ…。

だから今でも恋の味は、わたあめです。

マンガに出てきそうなシチュエーションですよね。

彼は少女マンガ読んで勉強したのかな(笑)

ここまでしなくていいけど、

お祭りを楽しむのが大事ですよ~。

金魚すくいで勝負したり、

射的で好きなもの取ってあげたり、

一緒にたこ焼き食べたり…。

わたあめ買ってあげるといいかも(笑)

なんていう冗談は置いといて、

2人でなにかするっていうのがポイントです。

同じ物を共有することによって

特別感が得られるのです。

告白の成功に繋がります。

いざ告白をするとき、気をつけたいのは

静かすぎるところだと余計に緊張してしまうということです。

なので、お祭りの音がすこし聞こえる場所がいいですよ。

BGMの役割もしてくれます。

あまり歩かせすぎても、相手が不安になってしまいます。

ちょうどいい距離にしましょう。

上記でも言いましたが、

主導権をもつことによって相手をエスコートできるのです。

準備ができたらあとは、

気持ちをストレートに伝えるだけです。

難しい言葉なんていりません。

夏祭りでは気遣いも大切!告白に最適なタイミングはいつ?

お祭り中は、気遣いを忘れずに。

相手が女性なら「足痛くない?」

と声かけてあげてくださいね。

私が社会人になって付き合っていた彼に、

「早く歩けないなら下駄なんて履くなよ」

と言われました。

めっちゃショックでしたよ~。

彼のために浴衣着ておめかししたのに~。

くれぐれも、思っても言ったらだめですよ(笑)

ささいな気遣いは嬉しいものです。

気づいたら言ってあげてくださいね。

なんて告白したらいいかなと相談されたことがあるけど、

ほんとにストレートでいいんです。

「好きです」だけでも伝わります。

お付き合いしたければそう言えばいいし、

相手の好きな所を言いたければ伝えてあげればいいのです。

私は人混みが苦手なので、

早めに帰ろうって言ってもらえたのは嬉しかったです。

事前に聞いておくのもいいかもしれませんね。

タイミングは、お祭りを楽しんだあと告白するのがいいです。

お祭りの途中に告白した友達は、

「え!!いま言うの?もうちょい後でしょ」

と言われてましたから(笑)

そのあと気まずくなってしまい、

次の日メールで振られたと言ってました。

気にしない人もいると思いますが、

できればナイスタイミングのときがいいですよね。

お祭り+打ち上げ花火の場合も

花火が終わったあとの方がいいでしょう。

キレイな花火を2人で見たという、

同じ時間のシェアが告白の後押しをしてくれるはずです。

まとめ

ここまで読んでみて、

面倒くさいなぁ…と思いましたか?

私がいつも思うのは、

好きな人と付き合う前や付き合った後でも

相手に対する努力が大切だということです。

その面倒な恋の駆け引きを楽しんでください。

それと、
気持ちは言葉にしないと伝わらない。

どんなに想っていても好きだと伝えないと

なにもはじまらないですしね。

あなたの背中をすこしでも

押すことができたのなら嬉しく思います。

お祭りでわたあめ買ってあげてくださいね(笑)

はい…バレました?言いたいだけです(笑)

人生は一度きりですから、

好きな人に好きだと伝えてあげましょう!!

夏祭りのおはやしがすぐそこで

恋恋(来い来い)と待っていますよ~。

告白成功、応援しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)