岡山県ごんご祭りIN吉井川花火大会の由来や穴場スポット2018年版

スポンサーリンク

岡山県津山市で毎年開催されている夏祭り

津山納涼ごんご祭りIN吉井川花火大会です。

岡山県の県北最大級の花火大会で、

毎年このお祭りには

県内に限らず県外からも、

多くの人が集まっています。

県内の花火大会での人気ランキングも6位

上位に食い込んでいる、

人気のある花火大会です。

津山市と言えば、

有名なアーティストの出身地としても有名です。

そのファンにも人気の高い花火大会なのです。

そんな津山市で行われている花火大会について

花火大会をより楽しむための情報をお届けします。

2018年ごんご祭りIN吉井花火大会の基本情報

<日程>

2018/8/4(土)、5(日)

<場所>

岡山県津山市船頭町 今津屋橋東側

<時間>

5日(日)花火大会   20:00〜21:00

<雨天時>

小雨決行 荒天時→翌日に順延

(翌日も雨の場合は中止になります)

<打ち上げ花火の数>

5000発

<来場人数>

例年約7万5千人

<トイレ>

会場内には6カ所(24基)の仮設トイレ有り。

しかし、仮設トイレなので

お子様連れの方にはオススメできません。

近くにあるスーパーマーケットや

コンビニもあるので

お子様連れの方は

そちらを利用されるとよいでしょう。

岡山県ごんご祭りIN吉井川花火大会の由来やみどころ

「ごんご」とは津山の方言で

「かっぱ」を意味します。

昔々、吉井川にはかっぱが住んでいた

という伝説があります。

津山市はかっぱも安心して住める川がある

ということから、

ごんご祭りと名付けられたそうです。

花火はスターマインをメインに打ち上げられ

仕掛け花火や音楽花火なども打ち上げられます。

来場者の皆様をより楽しませるよう、

四部構成になっており

一幕ごとに雰囲気の変わる花火を

楽しむことができます。

フィナーレは岡山県下最大級の規模

5000もの花火が川面に映え

山に囲まれたのどかな津山市の夜景と相まって

幻想的です。

岡山県ごんご祭りIN吉井川花火大会へのアクセス情報や駐車場

スポンサーリンク

津山の花火大会を見に行くには、

車または電車で見に行くことが

主な交通手段になります。

電車で行く場合

最寄駅はJR津山駅になります。

津山駅を下車してください。

ここから歩いて約5分で会場に着きます。

駅から祭り会場までが近いこともあり

人の流れに身を任せていても

会場に辿り着けます。

案内も出ていますので

迷うことなく会場に行くことができます。

夕方には駅も混雑してきます。

なので、夕方までに駅に着くようにすると

スムーズに電車に乗って駅までたどり着けます。

車で行く場合

中国自動車道津山ICから

国道53号を津山駅方面に約5㎞。

津山納涼ごんご祭りIN吉井川花火大会では

車の駐車場が作られています。

しかし、1500台と数に限りがあり有料です。

場所は、祭り会場周辺の民間駐車場を利用しますので

駐車料金にはバラつきがあります。

車で現地に向かっていると、

わかりやすく案内が出ている場所もあります。

会場付近の案内ポスターを見ても

すぐにわかるようになっています。

混雑状況ですが、

混雑が始まるのは毎年遅めで

夕方頃から混雑し始めます。

夕方までに現地に行けば

駐車できる可能性は高いです。

確実に近場の駐車場を狙うなら

お昼頃に行けばよりかなり高い確率で

停めることができます。

お祭り当日は、

会場付近で交通制限がありますので

車でお越しの際はお気をつけください。

交通規制は

19:00〜21:30

エリアにより17:00〜

岡山県ごんご祭りIN吉井川花火大会の穴場スポット

祭り会場からでも、

花火は十分に楽しめます。

川沿いが祭り会場になっているので、

河川敷で見る、

河川敷を上がった歩道で見る、

今津屋橋で見る、

というのが一般的ですが、

19時頃には場所はほぼない状態になります。

そこで、その他にも

花火を楽しめるオススメスポットを紹介します。

穴場スポット1 アルネ津山

毎年駐車場として利用されています。

そこの立体駐車場からは

とても花火がきれいに見えます。

また、アルネ津山に駐車しているのであれば

帰りもそのまま車で帰ると

スムーズに帰ることができます。

穴場スポット2 マルイノースランド店

祭り会場からは若干離れた場所にあるので

少し見辛さは感じますが、

楽しむには十分です。

会場から離れていますので、

人混みが苦手な方には人混みを避けて

花火を楽しめるのでオススメです。

穴場スポット3 吉井川花火大会有料観覧席

無料でもいいスポットはありますが、

一番はやはり有料の観覧席を利用することです。

打ち上げ場所から真正面の位置にあるので、

ど迫力の花火を味わうにはココがオススメです。

一度ココで花火を見ると、

毎年この場所で見たいと思えるほど

穴場スポットです。

場所は津山城跡地の鶴山公園一帯です。

料金等は今の時点で公表されていないので

津山観光協会にお問い合わせください。

例年ですと7月頃に

発売になることが多いので

要チェックです。

まとめ

津山納涼ごんご祭りIN吉井川花火大会の情報を

詳しくお届けしましたが

いかがでしたでしょうか?

ごんご祭りの魅力は、

きれいな花火だけでなく

100をこえる屋台の多さも

魅力のひとつです。

また、お化け屋敷や縁日もあり、

輪投げや射的や昔遊びを

楽しめるコーナーも登場します。

お子様も楽しめるコーナーも満載ですので

お子様連れの方も安心して楽しめます。

ステージでは、

HIPHOPやREGGAEのライブを

楽しむこともできます。

この夏はぜひ津山納涼ごんご祭りIN吉井川花火大会へ

行って楽しんでください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)