子供の夏休みの自由研究を凄く意味あるものにする秘訣とは?

スポンサーリンク

子どもたちにとって長い夏休みは、まさに楽園!

1学期がスタートするとクラスのみんなで、

夏休みまでのカウントダウンしていたなぁ(笑)

子どもにとって最高の夏休みでも

親は意外と大変なんですよね。

宿題もやらせないといけないし、

自由研究もあります。

その中でも自由研究には、

今でも賛否両論あると思います。

今回は自由研究をやる意味があるの?

という疑問について書いていきます。

結論を先に言っておきますと…

「自由研究をやる意味はあります!」

その意味とは、

  • 子供の感受性を高める
  • 物事への好奇心を養う
  • 新しい特技を見つけるきっかけになる

です。

ただ自由研究するにも少なからず

親の手伝いが必要です。

最近は共働き夫婦が多いので子どもに

つきっきりという訳にもいかないものです。

子どもにとって意味あるかもしれないけど、

特にお母さんの負担になってしまうかもしれませんね。

でも大丈夫です♪

手の込んだ自由研究をやらなくてもいいのです。

子どもの年齢に合ったことをしていけばOK

自由研究を通して親子のコミュニケーションを深めて

意味のあるものに変えていきましょう!

自由研究にはこんな意味が!課題の見つけ方に迷ったら?

スポンサーリンク

自由研究の歴史は浅く2000年度から

徐々に「総合的な学習の時間」

がスタートしていきました。

総合的な学習の中で自由研究の授業があったのです。

現在の自由研究は、夏休みに

家族にサポートしてもらいながら

基本は1人でやっていくものです。

「総合的な学習の時間」とは?

  • 身近な問題をテーマに子どもたちが主体的に学ぶスタイル
  • 地域社会や環境問題などを調べてまとめる
  • グループ活動中心

そして、

自由研究のいいことは

  • じっくりと調べることができる
  • 観察力や創造力が高まる
  • 自由にものづくりができる
  • 自分のペースでやっていける
  • 勉強が得意じゃない子でも大丈夫
  • 興味があることだけに関われる

です。

興味あることを自由研究テーマにするのが

1番いいですね。

はじめは興味がなくてもやっていくうちに

楽しくなってくるかもしれません♪

それに興味がなくても課題を課せられることは

大人になってからもありますよね。

自由研究をするということは、

その予行練習にもなるのです。

課題解決力が育っていくでしょう。

私が学生のときも見たことがあります。

たまに入選した子の中に明らか大人がやったのか、

クオリティーが高すぎる作品がありますよね。

ですが自分が満足できるものができればいいのです。

入選したからといって成績は上がりません(笑)

テーマがなかなか決まらない子には、

大人がアイディアを出してあげるといいですよ。

一緒になってやることで

普段とは違ったコミュニケーションができます。

難しく考えないでくださいね。

生活の中で子どもが興味をもっていることや、

疑問に思っていることをまとめておくと

テーマが見つけやすいです。

それに現代はネットに情報が溢れています。

昔に比べて選択肢が豊富ではないでしょうか。

小学生だからといって見くびったらいけませんよ~(笑)

大人がビックリするような

物を作ることもできますから。

工作が好きな子には、

創作系の自由研究がオススメ!

なにもない状態から自分で組み立てたり

作り方を調べたりする過程にも意味があります。

こうした方が簡単にできるな…

と作りながら考えれば頭脳が活性化していきます。

絵を描くのが得意な子は、

絵日記や旅行先で見た景色を描くのもいいですね。

調べることが好きな子は、

テーマを1つ決めてとことん追求してみてください。

自分で調べることによって

さらに視野が広がりますね。

近所の人に体験談を聞いたり、

お店の人にインタビューさせてもらえば、

自然とコミュニケーション能力も上がります。

自由研究は、意味があると理解していただけましたか?

子どもの新たな特技が

将来の職へと繋がる可能性も十分にありますよ。

自ら課題を見つけ学び考えて主体的に判断して、

問題を解決する資質や能力を育てていきます。

これからの社会で生きていくために

大切な力の育成を自由研究でしてあげましょう♪

自由研究は個性が伸ばせる!?やり方無限大の自由研究!!

自由研究は1人でやりとげなければいけません。

難しさがありますよね…

ですが個人の力をアップさせるためのチャンス!

自分の興味があることや、好きなことなら

子どもはイキイキして自分から取り組んでくれます。

一生懸命、調べて学んだ事をまとめたり、

ものづくりを完成させたことで達成感が得られます。

その経験が自信となって、

他の勉強にも繋がっていきます。

今までに見たことのないお子さんの

集中力が見られるかもしれませんよ~♪

私は手芸が好きだったので、

夏休みの自由研究はいつも手芸関係でした(笑)

フェルトで野菜を作って、

ダンボールでミニチュアスーパーを作りました。

女の子たちに人気でしたよ~♪

中学生のとき特別賞を頂いたこともあります。

作品はフェルトで絵本を作って、

目が見えない人でも読めるように点字をつけたのです。

当時とても自信になったことを今でも覚えています。

☆印象に残っているクラスメイトの作品☆

・大人しい女の子がエレキギターを夏休みの間に猛練習

自由研究発表会の時間1曲披露したら、

学年のヒーロー的な存在になっていました!

・大工さんの息子はお父さん譲りの才能があるのか、

オシャレな二人掛けチェアーを作っていました。

・アニメが大好きな女の子は、海外の人に

日本のアニメをもっと知ってもらいたい

というテーマで英語や韓国語、フランス語など

色々な国の言葉でアニメを紹介した

パンフレットを作っていました。

・毎日夜ご飯に1品だけ作って、

まとめたレシピ本を作成した料理系男子

人それぞれで個性豊かです。

みんな好きなことや得意なことをテーマにして

自分の力をさらに伸ばしていますね!

まとめ

字の通り自由研究は、なにをしても自由なのです。

何事にも言えることは、

楽しんだもん勝ちということです!

自由研究を親子で楽しめば

子どもの心も豊かになりますしね。

難しく考えずに子どもが今できること、

今興味のあるものをテーマにすればいいのです。

ただ夏休みに入って考えていては間に合いません!

7月になったら3つほど

テーマを決めておきましょう。

心も体も発達途中の子どもには、

自由研究をさせることには意味がありますから。

子どもの未来への貯金だと思って、

自由研究を進んで見守ってあげてくださいね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)