成人式に出ないとおかしいという考えはアホ!あなたの気持ちが一番!

スポンサーリンク

一生に一度しか訪れない成人の日

二十歳という節目

華やかに迎える行事『成人式』

行きたくない。出たくない。

と思っていますか?

あくまで私の意見ですが、

別に成人式に出ないことは

おかしいことではないですよ。

出るのも出ないのも、

あなたの自由なので大丈夫!

成人式に出ないからといって

大人になれないわけでもないし、

非常識なんかじゃありませんよ。

さて、今回は成人式のことを

書いていきます。

振袖写真だけでもOK!?多様な時代だからこそ決めるのは自分!

スポンサーリンク

私は結果、

行って良かったと思うことができたけど

やっぱり出なければよかったと

感じてしまうかもしれません。

それに会いたくない人たちがいるならば

その人たちも来ていたら

嫌でも会ってしまいますし…

無理して出席する必要はないのです。

だから、自分の気持ちと

相談して決めてくださいね。

いくら自分が成人式に出ないのは

おかしいことじゃないと思っていても

批判されるかもしれません。

私もこんな経験があります。

おばあちゃんに

成人式には行かないと伝えたときに

「それは、おかしい!」

と言われました。

なので、昔の人には要注意ですよ^^

理由を話して

分かってくれればいいのだけど

分かってもらうのは、なかなか難しいですからね。

説教されて気分害して終わり

なんてことになりかねません!

振袖は着たいけど成人式には出たくない

という場合でも、

写真だけ撮る方法もあるので大丈夫!

写真だけでも十分記念になります。

また、都内の大学に通っていて

地元の成人式には出られない

という場合もありますよね。

だから全部ひっくるめて、

「成人式に出ないのはおかしい」のではなく

「おかしい」と考えを押しつける方がおかしい

のです。

ましてや多種多様な時代ですからね。

成人式に出てないから

人生が終わるわけでもないですし…

ただ一つだけ、

自分で決めたことには後悔をしないように。

後悔するくらいなら行動です!

自分にとって生きやすい選択を

あなたにはしてほしいと思っています。

成人式には出ないと決心していた私の気が変わった出来事とは?

少しだけ私の話をさせてくださいね^^

私も成人式には出ないと

中学生のころから決めていました。

理由は、お祭りのような人混みが嫌いで

ましてや大人の長々した祝辞を

聞くのも嫌だったからです。

大人になった今、

当時のことを思い出すと若い考えだったなと

微笑ましくなりますけどね…

でも若いころの私にとっては

一大事でした(笑)

だからあなたも

存分に悩んで決めればいいのです。

そんなこんなで高校を卒業して

2年後に成人式の日が

近づいていきました。

私は影響されやすいタイプだったので

途中で「出ない」から

「行きたい」に変わったんです!

気が変わった出来事は、

振袖選びでした。

気の早いお母さんに連れられて

成人式を迎える2年前から

振袖選びに行きました。

もうそれは着物好きにはたまらない

カラフルな振袖が

ズラリと並んでいました。

今でもあのときの華やかさを覚えています。

女の子ならきっと感動するはず☆

いろんな色の振袖を試着させてもらって

自分に似合うものを選びました。

その瞬間から、

こんな綺麗なのを着て成人式に出たい!

という気持ちに変わったのです。

そうして無事、

成人式に参加することができました。

成人式には地元の懐かしい同級生が

たくさん来ていて

とても楽しかったですよ。

素敵な出会いもありました。

学生時代に顔は知っている程度で

話したことのない子と意気投合して

友達になれたこと。

こんなにも気が合うのなら、

学生のとき出会いたかったなぁ

と思いました。

でも時間を埋めるように

どこへでも一緒に行って

いつも一緒に過ごしました。

もちろん大人になった今でも

仲良くしています!

あなたも成人式に行けば

そんな素敵な出会いが

待っているかもしれませんよ?

もしかすると

将来のパートナーも見つかるかも…

あ!

でも、無理はしないでくださいね。

成人式には出なかった子たちも

数人いましたから。

家族みんな私の振袖姿を見て

喜んでくれたので

行って良かったなと心から思っています。

若いピチピチな肌には

派手な振袖の色が

良く似合いますからね。

戻りたいな~ピチピチなころに(笑)

話がそれてしまいましたが、

もしかして家庭の事情があって

出ない場合もあると思います。

たしかに成人式に出るための準備で

女の子にはお金がかかります。

でも財産を全部使うわけではないので、

そこはなんとかできるのではないでしょうか。

価値観のズレはあると思いますが…

最近では振袖のレンタルもありますし、

着付けやヘアセットも合わせてやると

お得なサロンもありますしね。

まとめ

出ないといった場合は、

親御さんがショックを受けていることも

ありえます。

でも、

自分の意志はきちんと伝えましょう。

そして、両親の考えを一方的に

押し付けられないように

話し合いをしましょうね。

両親は世界中の誰よりも

自分のことを分かってほしい相手です。

家族だけの成人パーティーがオススメですよ♪

あなたも理解してもらうためには、

ほんの少しの勇気をだして

気持ちを伝えましょう。

最後までお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)