電気毛布をクリーニングに出せるの?その時の料金や出す前の注意点は?

スポンサーリンク

電気毛布が汚れたり、臭いがキツイと感じたら

洗濯したいけど、自宅では難しいし、怖いですよね。

安心してください。

基本的に、ここ数年のモノだったら

電気毛布はクリーニングに出せます!

料金はおおよそ平均3000円ほどです。

高いところでは12000円と

結構高額な料金設定の所もありますが、

これはその毛布の種類だったり、大きさで変わってくるので

事前にしっかり確認しておきましょう。

表記を見ればお家でも洗濯する事は可能ですが、

手洗いのみ可能だったり、

ある洗剤は使用不可だったり

洗剤が残っていると故障の原因になったりなどなど。

お家で洗う時は気を付ける点がいっぱいあるので

大変ですよね。

やっぱり洗浄力が違うからお店でやってもらった方が安心です。

詳しいプロの方が洗ってくれるので、

安全で手間も省けてきちんと綺麗になる。

値段も昔よりも安価で請け負ってくれるお店が多いですね。

お店によっては電気のコードを外せるタイプなら大丈夫だったり

メーカーによって受け付けている所だったり様々ですので、

最寄りのクリーニング店に確認して持っていきましょう。

それでは詳しく説明していきますね。

電気毛布をクリーニング出せるの?どれくらいで返ってくるの?

スポンサーリンク

冬には寒くなって布団に入るのが嫌になったり、

布団から出たくなかったり、臭いがキツイから使いたくない。

各家庭の電気毛布事情はお察しします。

寒い季節にしか使わないものだからこそ、

秋頃にはクリーニングに出して

冬前の寒くなる辺りから電気毛布を使いたいですよね。

汚れがひどかったり、

何か月も放置していたからカビ臭い。

シーズンの始まりと終わりは洗濯したいけど、

自分で洗うのは怖かったり、

注意事項が多くて嫌になったり、そもそもそんな時間が無い。

最近の電気毛布はほとんど洗うことが可能ですが、

やはり洗えないものもあるので、

購入した際のカバーや電気毛布のタグなどを確認して

きちんと洗濯できるかどうか確認しておくのが大事です。

最近の電気毛布では、

チェーン店が多いお店だと殆どが

電気毛布のクリーニングができます。

そして受け取りする時期を決める店舗も存在します。

最短で10日で受け取る事が可能な店舗もありますので、

ギリギリに出しても安心できますね。

ただ秋頃に出す方や冬前になって布団などを

クリーニング出す方が急増しますので

夏の間に出して置いたり、

クリーニングに出す前にいつ頃返ってくるのか店舗に確認したり

準備は色々必要ですのでご注意ください。

電気毛布をクリーニングする時の料金は?出す前に注意すべき事は?

クリーニング出せるのが分かって

次に気になるのが料金ですね。

比較的安価でやってくれる店舗が多いですよ。

シングルサイズの平均価格で言うと

3000円~6000円ほどです。

安い所だと1000円ぐらいで請け負ってくれるところもありますが、

かなり稀な例です。

種類によっては、

手洗いしかできない場合は高くなったり、

断られたりします。

サイズや枚数によって断られる可能性もあり、

店舗によって全然内容が違ってきます。

予めサイズと枚数、

どんな種類なのか伝えて確認して下さい。

電気コードが取れるタイプやコントローラー部分が取れるものは

予め取ってからクリーニングに出すとお店側の手間を省けます。

 

またお店で預かってもらえない時に脱着部分を持って帰ると、

自分の手間も省けるのでこれはやっておいた方がいいです。

使っていけば汚れが酷くなり、

シーズン中でも洗濯に出したい時が必ず現れるかと思いますが、

そういう機会が少なくなるように

必ずシーツをつけて使用し、ダニ退治できる機能があれば

1週間から2週間に一回ダニ退治をしておきましょう。

もし無ければ定期的に掃除機で

ハウスダストの吸引を行ってください。

ハウスダストや汗、汚れなどが

ダニの餌となり繁殖しうる可能性があります。

シーズン終了後はコンセントや

コントローラー部品が脱着可能なモノであれば必ず外して

クリーニングに出した後圧縮袋や湿気防止の袋などに入れて

次回使う時まで保存おくと良いでしょう。

終了後にクリーニング出す際は念のため

「今季の間ずっと使用していたモノです」

と伝えておくと良いですね。

店員さんも分かっていると思いますが、

場所によっては指定しないと

ダニ退治してくれない所もあります。

まとめ

電気毛布はクリーニングに出すことは可能なモノが多いですが、

受け付けてくれない店舗も少なからず存在します。

そこのお店で扱っている洗濯機がドラム式のみで、

手洗いをしていない所や、

備品を無くしたりした時の損害など面倒な事を避ける業者も

少なくないです。

必ず最寄りの店舗に電話で確認し、

電気のコードやコントローラーを外したほうが良いか、

外せないタイプの場合それでも洗えるのか

料金は幾らなのか等確認してから

持って行った方が良いでしょう

いきなり持っていくと

断ってくる店舗もあるので要注意です。

クリーニングに出してから受け取る期間が

最短で10日で終わる所もあるので、

いつ頃終わるのか、いつまでに取り行けばいいのか

確認してカレンダーに記載しメモしておきましょう。

終わっているのに受け取りに来ないままでいると、

店舗などから電話があるので何とかなります。

知らない電話番号からの電話だと思って出ずにいると

破棄されてしまうこともあるので、

注意してください。

電気毛布というのは丁度良い暖かさで寝ている間は汗がかきやすく

ダニの繁殖率も半端じゃありませんので、

適度な掃除と電気毛布に使用可能な消臭除菌スプレーを

おすすめします。

時期や料金、クリーニングに出す前の確認や、

日頃のお手入れなど電気毛布の扱いには面倒な事ばかりですが

寒い時期には欠かせないアイテムの一つです。

毎年の恒例行事とし家族みんなで扱いに注意しながら

寒い時期を乗り越えて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)