職場の無言状態がストレスな30代女性向け上手に対処するマル秘テク!

スポンサーリンク

毎日仕事に追われ、
休日を今か今かと待つ
社会人生活を送っている
そこのあなた。

ただでさえ仕事とは辛いものなのに、
誰かの話し声もなく職場は静まり返っていて
デスクからカチャカチャとだけ
キーボードを叩く音のみが
ひたすら続いていませんか?

いじめではなく、
ただ真面目に作業を進める仲間たち。

何をするにもなるべく静かに
音を立てないように…、

こんな張りつめた空気のなかで仕事をするのは
精神的にもくるものがありますよね。

今回は「職場が静か過ぎる!」
そんな仕事の悩みを抱える女性のために、
ストレス軽減に有効な対策方法を
ご紹介します!

職場の無言状態がストレスなのは贅沢な悩み!?気の持ちようで対処!

就職先があまりにも静か、
無言で延々と作業を繰り返している作業ばかりなのは
気が滅入るという人は、
人間関係に問題がなくても
辞めたいと考えてしまうことも…。

アットホームで和気あいあい
とまではいかなくても、
ぽろぽろと会話が発生するだけでも
気分的には違いますよね。

工場や精密な作業を
しなければならない職場でもないのに、

ただ手だけ、足だけを動かす時間が過ぎていくのを
苦痛に思ってしまう人は
毎日ストレスが溜まっていくばかり。

もういっそのこと新しい仕事を探してしまって、
転職しようかなと考えているなら
“無言・静か”の見方を変えるだけでも
ストレス軽減の可能性はあるんです!

というのも、ここ最近で
日本の職場全体の環境が
段々と変化しつつあります。

みなさんは

「最近の若者は飲みニケーションが…」、
「指示がないと動かない」

と年配の方の愚痴を耳にしたことが
一度くらいはあるはず。

まさにそれなのです。

若い世代の人たちの変化は
現在の職場の環境を察知して、
考え選んだ行動の現れ。

つまり“必要ない行動”であると
思ったからです。

仕事中にする仕事以外の行動は、
いわば無駄な行動。

作業をするために必要なものではありませんから、
自然と“不必要な行動”の機会は
失われていきます。

ただそのいらない行動の中で
選ばれたのが“会話”だった
ということ。

世の中が便利になればなるほど
今までは当たり前にあった
消えていく(不要な)行動は
増えていきます…。

若者たちにそう思わせてしまう元凶は
すでにその職場で働いている人たちの
様子からくるものですが、

実は“無言・静かな職場”を
作り出してしまったのは
時代の流れと言えます。

不思議なくらい無言で静かなのは、
その職場にとって

“静かな空間”が必要なことだから”

と考えることで
今までより数倍は気持ちが軽くなりますよ。

ですが静かな職場が生まれた理由は
もう1つあります。

それは“仕事はあくまでも仕事をする場所”
と考える人が増えた点です。

中には休憩や作業に至るまで1人を好み、
あえて深く人間関係を築かないように
静かにしている人もいるほど。

職場が静かすぎて
それがストレスになっている人は
“会話”が自分にとって
最大かつ最善なコミュニケーション方法だと
考えている場合が多く
無意識に他人にも求めがちです。

ですがコミュニケーションのとり方は
人それぞれ。

話すことが好きな人もいれば、
一緒にいるだけでもいいという人、
メールやLINEなど文字を好む人もいます。

ですから、あなたが職場で
会話を求めていたとしても
まわりは別の形でのコミュニケーション方法を
期待している可能性もあるということ。

面と向かっての会話が苦手な人に
「話そうよ」と言うのは
苦手な食べ物を無理やり食べさせるのと
まったく同じになってしまいます。

ですので、求め過ぎには
注意してあげてくださいね。

もちろん会話がないから、
会話が続かないからといって
「嫌われているかも?」と
あなたが落ち込んだり
ストレスを感じる必要は
まったくありませんよ。

スポンサーリンク

職場はおしゃべりの場でないので仕事以外の時間でストレス解消!

気持ちを切り替えたとしても、
やはり会話を大事にしたい方は
大なり小なりストレスを
感じてしまいます。

次はストレス発散に効果がある解消法も
ご紹介しましょう。

筆者のオススメは以下の5種類。

・深呼吸
・体を動かす
・思い切り泣く
・趣味に没頭する
・大声を出す、歌う

深呼吸

イラッとしたときや心が
モヤモヤしたときに
すぐ効果が出るのは“深呼吸”です。

アイテムやグッズも必要なく、
一旦落ち着くことで
ストレス発散もできる
お手軽な方法ですね。

体を動かす

運動が苦手ではない人なら
有酸素運動がオススメ。

スポーツだけではなく、
家の中で好きなアーティストの
ダンスを真似するだけでも効果アリです。

思い切り泣く

これは“泣く”ことで
涙からストレスを感じる原因の成分を
水分と一緒に流しだすことができます。

この機会に映画やドラマなどで
大号泣して一気にストレス発散を
してみましょう。

趣味に没頭する

仕事で発生したストレスは
その多くが自分の思い通りにならない
という理由から発生するものです。

なので自分の時間をたっぷり
取ってあげることでストレス
発散になります。

大声を出す、歌う

家の中でもカラオケでも、
大きな声を出せる場所で
心置きなく声を出しましょう。

大声や歌うことはストレス
ホルモンを減らせます。

大きな声や歌うことが
苦手な人でも同様に効果が
ありますよ。

まとめ

ストレスを感じる瞬間や
時間は人それぞれです。

あなたの人生のなかで
自分で考え動くことは
生きていく上では
とても重要なもの。

ですが私たちは1人で社会を、
会社を動かしているわけではありませんから
“妥協点”も必ず見つけてあげなければ、
あなたが壊れてしまいます。

この世はストレス社会、
少しでもみなさんの
ストレスが減ることを
筆者も願っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)