子育てのイライラで八つ当たりする前に!赤ちゃんの賢い寝かしつけ方!

スポンサーリンク

子供は21時までには寝るもの…そう思っていませんか?
子供は早寝早起き、一度寝たら朝までぐっすり、
そう思っていました。

しかし実際子育てしてみて
驚いたことがあります。

それは子供は寝ないということです。

毎日毎日寝かしつけに
イライラしているという方も
いるのではないでしょうか…。

どうやって寝かしつけていますか?
正しい寝かしつけができていますか?

子育て中にイライラするのは赤ちゃんの寝かしつけ

赤ちゃんを出産し、
初めての夜を迎える時。

赤ちゃんはすんなり寝てくれましたか?
もちろん、すんなり寝てくれる
親孝行な赤ちゃんもいるでしょう。

しかしすべての赤ちゃんが
すぐ寝てくれるわけではありません。

生まれたばかりの赤ちゃんには
モロー反射という赤ちゃん特有のものが
あります。

このモロー反射を知っていますか?

モロー反射とは、
赤ちゃんがなにか大きな音など
外部からの刺激に対して
手足を大きくびくつかせることをいいます。

このモロー反射がなかなか厄介で、
大きな音を出さなくても
びくついてしまうのです。

しかも新生児の時だけでなく
生後3~4ヶ月頃まで続くんです…。

せっかく寝た赤ちゃんを
布団に置こうと思っても、
このモロー反射で起きてしまう
ということがよくあります。

せっかくおっぱいやミルクで寝ても
いざ布団に置こうとすると起きてしまう…。

そして赤ちゃんには
モロー反射以外に背中スイッチ
というものがあります。

布団に置くとすぐに起きてしまう…。
何度挑戦しても泣いてしまう…。
この背中スイッチに悩まされている人は
大変多いんです。

とくに新生児の時期は
3時間ごとにミルクやおっぱいなどを
あげる必要があります。

ミルクやおっぱいをあげる、
そして寝かしつける、
布団に置く、背中スイッチ発動
またはモロー反射で
びくついて起きてしまう

このループを繰り返し
気が付けばもう次の授乳まで時間がなく
お母さんは寝る時間がない

とてもつらいですよね…。

オムツが濡れているから
泣いているのかな?
お腹が空いているのかな?

考えれることを全て行っても
赤ちゃんは泣いてばかりで
寝てくれない…。

自分も疲れているので眠りたい…。

生まれたばかりの赤ちゃんは
とてもかわいいです。

かわいいのは分かっていても
何度やっても寝てくれない。

自分の寝る時間がとれずに
きついとなると
イライラしてしまいます。

赤ちゃんにイライラするなんて…
と思うかもしれません。

大丈夫です。
私もそうでした。
そんな中で頑張っているのです。

子育てでイライラする寝かしつけは赤ちゃんを頭から下ろす事で解決!

毎日毎日寝ない赤ちゃんを抱え、
夜が恐怖になるお母さん。

寝かしつけの方法は
調べたから知ってるという人も
いるかもしれません。

ですが今一度、
寝かしつけの方法を紹介します。
こんな寝かしつけがあるんだ
ということを知って欲しいです。

まず定番の寝かしつけは
抱っこでゆらゆらしながら寝かすことです。

赤ちゃんは抱っこが大好きなので、
ゆらゆらと動きながら抱っこをすると、
たいていの赤ちゃんが寝てくれます。

しかしここからが問題なのです。

それは布団に赤ちゃんを下ろす時

背中スイッチが発動して
すぐに起きてしまうことに
イライラしてしまっていませんか?

あなたは赤ちゃんを布団に寝かす時に、
どうやって寝かせていますか?
お尻から下ろしていませんか?

実はお尻から下ろすのはNGなんです。

ではどうするのかというと、
頭から下ろすのです。

危なくないの?
と思われるかもしれません。

しかし頭から下ろすには
ちゃんとしたコツがあるんです。

まず抱っこで赤ちゃんを寝かしつけます。
そして赤ちゃんの頭を
先にそっと布団に置きます。

片方でしっかりとお尻を押さえながら
ゆっくり肩や背中に置いた手を抜いて放します。

そして放した手で
お尻をトントンしながら
お尻を布団に下ろすのです。

赤ちゃんはお尻を支えてもらうことで
安心するんだとか。

そのため、先にお尻を放してしまうと
不安になって泣いてしまうんだそうです。

この方法で100%寝るとは限りませんが、
やってみる価値はあるでしょう。

赤ちゃんの寝かしつけはおひなまきがおすすめ!

おひなまきを知っていますか?

赤ちゃんが寝ないことで
悩んでいるお母さんなら、
知っている人は
多いかもしれません。

おひなまきをして寝かすと、
お母さんに抱っこされていなくても
抱っこされているかのような安心感があり、
またモロー反射も起こりにくいのです。

しかしおひなまきをしても
赤ちゃんがすぐに起きてしまう
という方がいるかもしれません。

実は、
おひなまきはおひなまきの巻き方をすればいい
というわけではありません。

おひなまきは、
おひなまき用に開発された、
メッシュ仕立てで作られている布で
効果を発揮します。

私もこのおひなまきを何度も挑戦しました。

しかしうまくいかずに、
効果ないじゃん!と思ったものです…。

トコちゃんドットコムというサイトで
購入できるのでぜひ買ってみて下さい。

https://tocochan.com/

普通のタオルでおひなまきをしても
しっかり赤ちゃんを包むことができません。

また通気性が悪いと
赤ちゃんが蒸れてしまいます。

おひなまきをしようと思っている方は
専用のものを買うようにしましょう。

また赤ちゃんを包む専用の
独特の形をしたおくるみもあります。

私はこのおくるみを買ったのですが
よかったですよ。

マジックテープで止めるので
誰でも簡単に赤ちゃんを包むことができます。

ぎゅっと赤ちゃんを包む必要があります。
赤ちゃんが苦しいかもしれない
と思うかもしれませんが、
ぎゅっと包んであげて下さい。

新生児はとくに、
お腹の中に居た時のように
丸まっていると落ち着くと言われていますから。

スポンサーリンク

それでもどうしても寝なくてイライラする時は

赤ちゃんの寝かしつけを
いろいろ試してみたけれど、
それでも寝ないという赤ちゃんも
もちろんいます。

そんな時はもう
抱っこのまま寝ちゃいましょう。

赤ちゃんを布団で寝かせなければいけない
ということはないのです。

といっても抱っこしたまま寝るのは
不安ですよね。

もし落としてしまったらどうしよう…と。

そんな時に頼りになるのが
抱っこ紐やスリングです。

抱っこ紐やスリングで抱っこしていると
良く寝るという赤ちゃんは
多いのではないでしょうか?

抱っこ紐やスリングで寝かしつけ
そのままお母さんも寝てしまいましょう。

その方法なら背中スイッチに
悩む心配もありません。

しかし抱っこしたまま横になるのは
難しいです。

ですのでソファーや座椅子を用意し
そこで寝ちゃいましょう。

きちんと布団をかけて下さいね。

私はこの方法で何度も夜を過ごしました…。

体は確かに痛いかもしれません。
しかしずっと寝れないのも
きついですよね。

最終手段ですが、
このような方法もあります。

何度寝かしつけて失敗し、
イライラしてもう疲れてしまった場合に
おすすめします。

まとめ

これまで説明したものは
既に知っていることもあったかもしれません。
しかし知らなかったという人もいるでしょう。

赤ちゃんが寝ないで
イライラする気持ちはみんなあります。

あなただけではありません。
終わりのない戦いのように
思われるかもしれません。

しかしいつか絶対に
すんなり寝てくれるようになります!
頑張りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)