知らないと胎児に命の危機も!?妊婦の風呂掃除の注意点と賢い方法は?

スポンサーリンク

妊娠中につらいのがお風呂掃除。
お腹が大きくなるにつれて
どんどんしんどくなってきます。

誰かにしてもらえれば一番いいんですが…
そうはいかない時もありますよね。

しゃがんだり立ったりを繰り返すだけでも、
しんどい時期。

考えるだけでため息がでますよね。

少しでも体に負担がかからないようにしながら、
無理しないでできる、私が妊娠中に実践していた
お風呂掃除のやり方をご紹介します♪

妊婦が風呂掃除する時は滑らないように必ずお風呂ブーツをはいて!

妊娠も後期に入ってくると、
お腹が重いのでうまくバランスが取れないですよね。

重心が傾いてしまうというか…(笑)

妊娠9ヵ月頃、お風呂でうっかり一度、
滑っておしりを打ちつけたことがある私(;´・ω・)

相当、焦りましたし痛かったです。

それから注意してお風呂掃除するときは
専用のお風呂ブーツを履くことにしました。

裏側に滑り止めと、
がっぽりと足を包み込んでくれるので、
安心です。

本当に面白いぐらい滑らなくなります。

妊娠していない時は、
裸足でちゃっちゃと掃除していましたが…
恐ろしくてできなくなりました。

ちょっとカッコ悪い見た目?ですが
赤ちゃんのほうが大切。

100円ショップでも手軽に買えますし、
ネットでみると可愛いいろんなデザインがあって、
意外と面白いですよ♪

サイズ的にはフリーサイズが多いですが、
あまりにも大きすぎると逆に動きづらかったり
危ないので適度な大きさを選んでくださいね。

妊娠中は肌が敏感だから風呂掃除の際は必ず手袋を使用するやり方で!

肌の体質は人によって全然違いますよね。
ただ、
妊娠中は日頃肌が丈夫な人でも例外じゃないです。

私は、洗剤ですぐにあれるほど
か弱い肌じゃないんですが、
妊娠中だけは、そのとき何ともなくても
後からヒリヒリしてきたことがあります。

特に二人目の妊娠中は、
上の子を見るのによく手を洗っていたので、
さらに手が荒れていたかった思い出があります。

普段から肌を労わることって結構大切です。
赤ちゃんが生まれたら、
一日に何回おむつ替えで
手洗いするかわかりませんからね。

妊娠中は赤ちゃんを守ろうとする反応で、
肌も敏感になるので。

めんどくさくないなら
使い捨てのゴム手袋とかしていると安心です。

風呂掃除で浴槽を洗う際は持ち手の長いブラシで超簡単に!

バスタブの中を洗う時は、
中に入ったり出たりがしんどいので、
持ち手の長いお風呂ブラシを使いました。

ちょっとは中腰にならないといけない時もありますが、
しゃがみこむより全然楽です。

浴槽の外にいたまま、
洗剤を吹き付けて磨けるので便利♪

スポンジを持って、
浴槽の中に入り込んで掃除していた私は、
こんな手があったかと後悔しましたよ(笑)

ゆっくり角度を調整しながら、
あんまり体を前かがみにしないように
気をつけました。

というより、
前かがみになろうとしても無理でした。
無理な体勢は、
お腹が張ったり苦しくなる原因になります。

スポンサーリンク

妊婦は風呂の床のタイルがお腹で見えなくて掃除が困難!?

ものすご~く大きな広いお風呂場ならいいかもしれませんが、
我が家のお風呂場は普通に狭いし、
洗い場は二人入るとまあ、いっぱいかなというぐらい。

床の掃除は大きいお腹が邪魔をして
視界が悪すぎました(;´・ω・)

靴下が履けなくなるのとおんなじで、
床掃除ってほんとしんどいです。

とにかく広くスペースを確保しないと苦しいので、
お風呂の洗面器や椅子、細かい道具なんかは
先に外に出していました。

あとは、お風呂場のドアを閉め切ってしまうと
ますます動きづらかったので、ドアは開けたまま。

お腹だったりおしりだったりの逃げ場が
欲しかったんですよね!(笑)

焦らないでゆっくり、洗いながら体をずらして…
っていう感じで洗いました。

細かいところはさっと歯ブラシで磨いて、
あんまり徹底的にはやらないことですよ。

このときも滑らないようにすることは
一応意識しておくと◎

風呂掃除を旦那に頼む時は分かりやすい例えを言うのがコツ!

普段から積極的にお風呂掃除しているご主人さんであれば
いいかもしれませんが。

やらない人だと、
妊娠中のお風呂掃除がどれだけしんどいか
よくわかってない方もいますよね。

うちは、
大きなお腹でどうしてもしんどかったときに、
お風呂掃除を頼んだら不機嫌な顔をされまして、
分かってもらうために言ったことがあります。

その時がちょうど夏だったこともあり、
冷蔵庫にあったので
「あのさ…すいか抱えながらお風呂掃除してみたら?
たぶん分かるよ(笑)」と。

これを聞いた我が家の旦那さんは、
ちょっと想像したあと、
「わかった!俺がやるわ…」と
半笑いで言ってくれました(*´ω`)

男性には身近にあるものに例えたりしないと
なかなか伝わりません。

わざわざ例えなくても分かって欲しいところですが、
仕方ないですよね。

お風呂掃除は危険もあるし、
無理してまでやらなくていいです。

他のことは頑張っても、
お風呂掃除や高いところの掃除なんかは
できるだけ避けていいでしょう。

妊娠中はゆっくり慌てずにたまには代わってもらおう♪

よく思うんですけど、
妊婦がおっきなお腹抱えてお風呂掃除に励んでいる姿って、
重たそうで苦しそうで、私だったら
いたたまれなくなって見てられないです。(笑)

適度に運動したり掃除することは、
良いお産を促すとも言われてますよね。

産院なんかでは
よく助産師さんが言っていたりします。

それでもやっぱり妊婦なので、
ただお腹で赤ちゃんがじーっとしているわけじゃなく、
胎動もありますし、掃除中にかがんだときに
お腹を蹴られたりすると止まってしまいます。

お腹が大きくなるほど、
一人の身体じゃないって実感しますよね。

ママが掃除している時も、
赤ちゃんはお腹の中で動いたり、
栄養とってたりする。

なので赤ちゃんのことも考えて、
のんびりとゆっくりとお風呂掃除してください♪

どうしてもしんどい時は
代わりに洗ってもらいましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)