独身アラサーがブーケトスが超迷惑で参加したくない本音を激白!

スポンサーリンク

結婚式。自分が主役になれる晴れの舞台。

この幸せを誰かに分けてあげたい!
と思う人も多いのでは?

今では日本でも主流になってきた洋装結婚式。

しかし、
参加する人たちを巻き込んでのイベントには
実は大きな欠陥があることも。

そこで、今回は結婚式のブーケトスについて
独身アラサーの本音を紹介いたします。

独身アラサーがブーケトスが迷惑で参加したくない本音を激白!

花嫁の幸せをおすそ分けするためのブーケトス。

よくドラマや漫画の世界で
幸せな瞬間として描かれていることが多いですよね。

しかし、現実の大人たちの中には
複雑な気持ちで参加している人もいるんですよ。

基本的には、
独身の女性に向けてのイベントになるので、
衆人環視の中、独身だということが
わかってしまうことに抵抗がある人もいます。

特に、アラサーの皆さんにとって
視線が痛いと感じる方も多いのです。

そして、ブーケを必死に取りに行こうとすると、
「あの人必死だな、かわいそうに」
みたいなことを思われてしまいかねません。

ブーケトス自体は幸せなイベントであり、
予定に組み込まれているかもしれませんが、
率先して取りに行くと見苦しいのでは、

と思う人もいます。

かといって、
床に落としてしまっては縁起が悪い。
ではどうしたらいいのか…

花嫁は幸せでいいでしょう。
周りも幸せな雰囲気になっていいと思います。

でも、もしブーケトスに
アラサーの方を参加させようとするのであれば、
事前に「参加してくれますか?」と
お伺いを立てておくことをおすすめします。

もちろん好意的に受け取ってもらえて、
ぜひ参加したいと言ってくれる人もいるとは思いますが、
そうでない人も中にはいるのだ
ということを忘れないでください。

その人との自分の関係や、
その人の人となりを考えて、
メンバー選びは慎重に。

心から祝福してくれていたのに、
一気にその気持ちが冷めてしまい、
関係にひびが入る危険性があることをお忘れなく。

スポンサーリンク

ブーケトスで名前を呼ばれるなんて公開処刑になる!

結婚を控えている人や、
パートナーがすでにいる、
という人にとっては
なんてことはないかもしれません。

もしかしたら、
「ブーケトスでブーケもらっちゃった!
結婚考えてみない?」
なんてことになるかもしれません。

しかし、
問題なのはパートナーもおらず、
見込みもない状態のアラサー女子です。

なかには、
「私は結婚はしないの。
仕事を一生懸命やっていたいから!」
と思っている人もいると思います。

また、結婚はしたいけれど
まだその時期ではないかな、
と思っているような人もいます。

なんとなく、
ブーケトスのメンバーとして名前を呼ばれると、
「結婚したくて仕方がない人」
のような印象を受けてしまい、
歳が増すにつれてマイナスイメージに
とらえられてしまいがちです。

しかし、
いかにサプライズであろうとも、
ブーケトスのメンバーとして名前を挙げられたら、
「私結婚なんてしないわ」とは
その場でなかなか言いづらいもの。

かといって参加しないと
場の空気が読めていないことになるし、
周りの人からは「あの人必死なのね」と
余計なお世話で見られてしまう。

結果、
自分の中で一気に祝福の空気が吹き飛んでしまい、
憂鬱な時間に変わってしまう…
なんてことにもなりかねません。

外国のように、幸せのおすそ分け、
という意味を強調して、
老若男女問わず参加できるならばまだしも、

日本人の習慣としてなんとなく
「あ、この人結婚してないんだ」
とその場でレッテルを貼られてしまうことに
恐怖を覚えるようになっては、
せっかくのイベントが台無しです。

参加者にサクラを仕込んでおく、
事前に参加してくれるかお伺いを立てる、
などの周りへの配慮や、
その人の気持ちを考えてあげるよう、
花嫁の皆さんにはぜひ気を付けてもらいたいです。

今後の人付き合いにも
影響を及ぼしかねません。

まとめ

実際のブーケトスでは、
最近では最後に紹介したように、
老若男女問わず参加できる形になっている場合や、

ブーケプルズというリボンを
引っ張ってもらう形になっている場合も
多くなってきています。

必死でブーケを取りに行く、
なんてことも少なくなってきています。

また、
自分がブーケトスの際に嫌な思いをした、
という人たちは、
ブーケトス自体を行わない人も多いです。

ほかにも、ブーケトスではなく、
お菓子を出席者全員に配ったり、
ミニブーケを未婚の女性陣みんなに配る

といったような演出を
ブーケトスの代わりにする人もいます。

外国では、ブーケの代わりに
ブーケのような形のブロッコリーを配る
なんて粋な演出もありますよ。

自分が嫌な思いをしてしまうと、
「自分の時には絶対にしないぞ!」
と思ってくれる場合が多いのですが、

結婚にうかれてしまっている場合や、
歳が若い人は周りへの配慮が欠けてしまったり、
誰かを傷つけてしまっているかもしれないことを
お忘れなく。

せっかくのお式ですから、
全員に最大限の祝福をしてもらえる、
素敵な式にしたいですよね。

参列者も同じ気持ちです。
台無しにしてしまうようなことのないように、
計画の段階から慎重にイベントを決めていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)