魚肉ソーセージそのままに何かつけて美味しくなる食べ方は?

スポンサーリンク

子供からお年寄りまでみんな大好き、魚肉ソーセージ。

コンビニで目にするとなんとなくカゴに

入れてしまうんですよね。

そのまま食べるもよし、お母さんの一工夫で

おやつになったり、お弁当のおかずになったり。

でも男の一人暮らしだとそんなに手間隙かけるのも面倒。

そのままでももちろん美味しいのですが、

味変も楽しんでみたい。

そんなあなたに今日は絶対試したくなること

間違いなしな味変をご紹介してきましょう。

魚肉ソーセージそのままに何かつけて美味しくなる食べ方は?

スポンサーリンク

早速、本題に入りましょう。

そのまま食べても美味しい、魚肉ソーセージ。

でも何かをつけてもっとおいしくなるならうれしい。

皆はどんな工夫にしているのか気になりますね。

やはりダントツ一番人気はマヨネーズです。

日本人って本当にマヨネーズ好きですね。

さらにマヨネーズといえば他の調味料との

相性もバツグン。そんなわけで

マヨネーズ+アルファが沢山登場しますよ。

マヨネーズ

マヨネーズ+醤油

マヨネーズ+醤油+七味

マヨネーズ+醤油+わさび

マヨネーズ+七味

マヨネーズ+ウスターソース

マヨネーズ+ケチャップ

マヨネーズ+荒挽きコショウ

マヨネーズ+柚子コショウ

マヨネーズ+焼肉のタレ

マヨネーズ以外では、こんなものが人気です。

わさび醤油

食べるラー油

粒マスタード

どうですか?

子供が大好きマヨネーズ+ケチャップから

お父さんのおつまみ向け、わさび醤油まで

どれも冷蔵庫でずっと出番をまっている

調味料たちですので色々試して自分の

お気に入りを見つけるのも楽しいですね。

もうちょっとの手間でりっぱな軽食に

もうちょっとお腹一杯にしたい!という

男性諸君にはこれがオススメです。

包丁は使いませんので是非お試しあれ。

①パンと一緒に

食パンにマヨネーズで○を書く

スライスチーズをのせて、ちょっと手で押す

(マヨネーズが勝手にのびてくれます)

魚肉ソーセージを端っこにのせくるっと巻く。

格好良く言えばラップサンドですね。

②ご飯と一緒に

海苔の上にご飯を敷き詰める

スライスチーズをのせる

マヨネーズで一本線をかく

(醤油を数滴たらしてもよし)

魚肉ソーセージを芯にしてくるっと巻く。

恵方巻きのようにかぶりつく。

調理器具も使わないので洗い物もナシ。

これでちょっとした腹ごしらえができちゃいます。

魚肉ソーセージのうんちくについて学ぼう

子どもの頃からずっと食べていた魚肉ソーセージ。

でも魚肉ソーセージについて何か知っている

ことってありますか?

折角ですので少しだけ魚肉ソーセージについて

学んでみましょう。

  • そもそも魚肉ソーセージってドコ生まれなんでしょう?

ウィンナーはオーストリアのウィーン

フランクフルトはドイツのフランクフルト

サラミはギリシアのサラミ生まれ。

そして、我らが魚肉ソーセージは日本生まれです。

日本人の発明品なんですよ。

大正時代に地方の水産試験場で試作されたのが発祥とか。

本格的に登場したのは戦後1950年代のことです。

  • 魚肉ソーセージはドコで売られていた?

発売当初、実は魚屋さんで売られていたんです。

魚肉ソーセージはお魚と同じルートで流通していました。

つまり、鮮魚の取り扱い店に卸されて、

魚と同じように相場で値段がつけられ、

魚屋さんの軒先で売られていたんです。

その後、徐々に食料品問屋を介して

販売されるようになり、魚肉ソーセージの

販売はどんどん拡大されていきました。

  • 日本人を支えてきた魚肉ソーセージ

本格的に販売され始めた終戦直後、

食糧事情が悪く、日本人には栄養が不足していました。

当時の魚肉ソーセージは、そんな日本人に

少しでも多くの栄養をと考えられ、

マグロやクジラが主な原料となっていました。

その後、日本人の食生活は豊かになり、

昔の栄養重視から健康重視へと変化。

主原料もスケソウダラなどの白身の

魚のすり身に代わりました。

現在では子供の成長や、メタボのお父さん向けに

カルシウムやDHAなど、機能成分が含まれる

魚肉ソーセージが登場しています。

  • 東と西で味が違う?!

魚肉ソーセージの味は、実は東西で微妙に違いがあるんです。

東はあっさり味。対する西は魚の味が強い。

当然ながら、味が違えば食べ方も異なります。

東はそのままかじることがメイン。プラスアルファで調理。

西は焼いたり炒めたり、調理するのが普通。

  • 日本人は魚肉ソーセージが大好き!

2009年に生産された魚肉ソーセージは約6万トン。

1本の重さ=75gとすると、なんと約8億本!

そして1本の長さが約16cmですので

6万トンを長さに換算すると128,000km。

地球を3周以上もしちゃう長さなんですよ。

行楽シーズンはみんな外で食べるのが好きみたいです。

春や秋はいつもより売り上げがあがるんだそうですよ。

  • 出来立て魚肉ソーセージの味を自宅で再現

知る人ぞ知る、出来立ての美味さ。

でも出来立てって工場に行かないと味わえない。

わざわざ工場見学なんて行くのは、、、。

でも、出来立てがそんなに美味いって

どれだけ美味いか気になる、、、。

そんな人は是非試してみて下さい!

①鍋でお湯を沸かす

②魚肉ソーセージを包装フィルムごと1分間をゆでる。

これだけです。

弾力があるなかにもフワフワ・ジューシーで

まろやかな食感が楽しめ、やみつきになる人続出中だとか。

まとめ

いかがでしたか?

いつも何となくカゴにいれて何となく

かじっていた魚肉ソーセージ。

ちょっとだけ魚肉ソーセージのことも知れた

ことですし、色々な味で変化をつけて楽しめれば、

今まで以上に魚肉ソーセージの登場率があがるかも。

一人暮らしだと、普段なかなかお魚を

食べることもないですよね?

そんなあなたの強い味方、手軽に楽しめる

魚肉ソーセージで栄養つけて充実した学生生活を!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)