自転車の鍵のダイヤル番号を忘れた時の解錠するマル秘テク!

生活
スポンサーリンク

自転車を止めている間は、鍵をかけておきますよね。

鍵をかけないと盗まれてしまうかもしれないですから。

 

自転車にもともと付いている「リング錠」と呼ばれる鍵のほかに、

自分で買ってもうひとつ鍵を付けていることも多いですよね。

 

その中でも、ダイヤルを合わせてロックできるタイプの鍵は

使いやすいですよね。

 

わたしもチェーン式のダイヤルロックを使用しています。

チェーン式はワイヤー式よりも頑丈な気がして、こちらを選びました

 

また、ダイヤルロックにした理由は、鍵を差してロックするタイプだと

鍵を持ち歩かなくてはならず、面倒に感じたからです。

 

ダイヤルロックは、鍵を持たなくても最初に決めた番号を合わせるだけで

開けることができる点がメリットです。

 

 

ただ、この鍵の最大のデメリットは番号を忘れてしまったときは

鍵を開けることができない!というところですね…。

 

 

実は番号を忘れてしまっても解錠する方法は存在します。

 

  • 番号を0000に合わせる
  • 千の位のダイヤル部分を左右に動かしてみる
  • 0が不正解の番号ならば、左右にはあまりダイヤルは動かない
  • あとは千の位を1から順番に回していき、同じように左右に動かす
  • 正解の数字のときは、ダイヤル部分が左右に動く
  • 同じ要領でほかの3つも回していく

 

です。

 

くわしく説明していきますね。

 

 

自転車の鍵のダイヤル番号を忘れた時に役立つマル秘テク!

スポンサーリンク

 

久しぶりに自転車に乗ろうとしたら、

ダイヤルロックの番号を忘れてしまった!

ということも。

 

心当たりの番号をいくつか試してみて、当たればいいのですが

どうしても思い出せないときは0000からひとつずつ順番に

合わせていくしかないのでしょうか?

 

仮に4桁のダイヤルロックだとしたら10,000通りもあるんです。

ちょっと気が遠くなっちゃいますよね。

 

 

そんなときは、先ほどお伝えした通りに

以下の方法を試してみてください。

 

 

  • 番号を0000に合わせる
  • 千の位のダイヤル部分を左右に動かしてみる
  • 0が不正解の番号ならば、左右にはあまりダイヤルは動かない
  • あとは千の位を1から順番に回していき、同じように左右に動かす
  • 正解の数字のときは、ダイヤル部分が左右に動く
  • 同じ要領でほかの3つも回していく

 

これで、4つすべてそろえれば解錠することができます。

 

 

慣れないうちは、左右によく動くダイヤルが

わかりづらいかもしれませんが、何度かやっていると

感覚がつかめるようになっていきます。

 

この方法ならば、10,000通りを順番に回していくより、

ずっと早く正しい番号にたどり着くことができますよ。

 

これは、正解の番号だと、間違った番号のときよりも

ダイヤル部分が左右によく動くという特性を利用して、

一桁ずつ合わせていくというものです。

 

 

わかりやすい動画もあるので、良かったら

そちらも参考にしてみてください。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

 

それでも解錠できない時の対策は?業者に頼む?チェーンを切る?

 

上記の方法をやってみても、どうしても正しい番号がわからないときは

ほかにどんな方法があるのかも併せてご紹介しておきます。

 

 

自分で切る

 

チェーンタイプの鍵だと切断するには

ボルトカッター(ボルトクリッパー)という専用の工具が必要です。

用意できるのであれば、自分で切るという方法があります。

 

わざわざ購入するのであれば3,000円~5,000円ほど

費用がかかります。

 

しかし、購入したあと、ボルトカッターには

あまり使い道がないかもしれません…。

 

そして、女性の力だとチェーンの太さによっては

切断が難しい場合があります。

 

 

交番で切断してもらう

 

近くに交番があれば、助けてもらうのも手です。

 

交番にはボルトカッターを置いていることが多いので、

置いてあれば無料で切断してくれます。

 

このとき、防犯登録をしていない自転車は

切断してもえませんので、注意してください。

 

自転車の持ち主本人であることを確認するために、

防犯登録のチェックと身分証の提示を求められます。

 

 

自転車屋に持っていく

 

自転車屋ならば確実に切断するための道具がありますので、

持ち込めばチェーンを切断してもらえます。

 

切断したあとに新しい鍵を購入することができるので、

一石二鳥です。

 

500円~2,000円ほど、費用が必要なケースが多いです。

 

自転車屋が近くになく、持っていくことができない場合は

出張してくれるところもあります。

 

その場合、出張料金が別に発生します。

持ち込めない場合は、電話して来てもらいましょう。

 

 

鍵業者にお願いする

 

鍵業者に電話して来てもらえば、鍵を開けてくれます。

ほかの方法と違って、唯一鍵を開けることができる方法です。

 

開けるのがどうしても無理であれば、切断もしてくれます。

 

費用は、自転車屋より高めです。

出張料も入れて5,000円~10,000円ほど見積もっておいた

ほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

 

自転車の鍵の暗証番号がわからなくなっても、

解錠する裏ワザをご紹介しました。

 

どうしても正しい番号を思い出せないときは、

一度試してみてください。

もちろん、悪用は絶対にやめてくださいね!

 

裏ワザを使って鍵を開けようとしていると、自転車泥棒と

間違われてしまうおそれがありますのでくれぐれもご注意を。

 

そんなときのためにも防犯登録は必ずしておきましょう。

 

 

裏ワザを使っても正しい番号を見つけられないときは、

切断するか、鍵業者に開けてもらう方法があります。

 

自分で切断することもできますが、道具が必要なうえに

力もある程度必要です。

 

一番、確実で安価な方法は

自転車屋さんにお願いすることではないでしょうか。

近くに自転車屋さんがあれば、持っていくのが早いと思います。

 

自転車屋ならば切断してしまった鍵の代わりに、

新しい鍵を買うこともできますね。

 

 

どの方法を取るにしろ、ダイヤルロックの番号を忘れてしまうと

大幅に時間がかかってしまいます。

 

次からは忘れないように番号をしっかりメモするなどして、

忘れないようにしておきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました