懐かしの味かき氷!でも氷で味が変わるってどういうこと!?

スポンサーリンク

「かき氷なんて食べたのいつぶりだろう…」

そんな風に思うことが、あなたも多いんじゃないですかね。

大人になると、かき氷は遠い存在へ。

え!おおげさ!(笑)

でも食べる機会そんなにないですよね。

「氷をガリガリ削るだけじゃん」

「シロップの色が違うだけで味同じって聞くし…」

こんな声が聞こえてきましたよ~。

かき氷ってこんな風に思われがちですよね。

これだけは言わせてください!

かき氷とは氷を楽しむものなんです。

かき氷は氷で味が変わるのです。

可能性、無限大かもしれませんよ?

食べ比べたい!!進化するスイーツ!?かき氷!!

スポンサーリンク

最近はSNS映えするスイーツが人気ですよね。

カラフルで可愛いアイスクリーム、

フルーツがいっぱいのっているパフェとか…

挙げ出したらきりないけど、ただ言えることがある。

それは甘くて冷たいものを食べてくれるのは、

だいたいが若い女の子たちですよね。

私はいくつになっても、

甘くて冷たいもの大好物ですが…(笑)

かき氷はシンプルだから、

そんな女子たちの眼中にすら入れなさそうですね。

海水浴に行く人も少なくなったって聞くし。

まさにかき氷離れです。

でも、かき氷の魅力をぜひ知ってほしい!

ハート型のかわいい器に入ってたり、

大きなフルーツが中に隠れていたり、

途中で飽きてしまわないように味が変わったり、

いろんなかき氷があるんですよ~♪

職人さんたちもきっと試行錯誤しているはず。

実際に私の地元にある甘味処は、

夏になると行列のできるかき氷店になっています。

かき氷を食べにくる人たちがいっぱいいます。

そのお店のかき氷は、

氷がふわっとして、
舌にのせるとサラーっと溶けていきます。

気温や湿度によって氷の削り方を変えているからです。

氷を作る水にもこだわっているそうですよ。

それだけなのに高級感のあるかき氷に変身しちゃいます。

かき氷界も進化しているんです。

ほかにも綿菓子のように柔らかい触感や、

氷がほんのり甘く感じられるかき氷もあります。

冷たいはずなのに冷たさをまったく感じないものも。

氷の種類、状態、削り方、盛りつけ方、

などで味を変えることができるのです。

さすがに自宅にあるようなかき氷機で、

ふわふわの氷を削ることはできないですけどね。

食べくらべをしてみると氷の違いがよくわかる!

同じ削り方をしても氷が違うだけで、

まったく味が違うかき氷が出来上がります。

実はもう1つのスタイルがあるんです!

「海外のかき氷」

日本だけじゃなくて、

韓国や台湾でも人気のスイーツであります。

韓国や台湾で人気になったお店が日本に上陸しています。

韓国「ピンス(氷水)」

細かく削った氷の上に豆、餅、フルーツを盛り付け、

氷と食材を混ぜて食べる。

最近ではミルクが入った氷を削ったり、

粉末状にしたものも多い。

台湾「シェーファーピン(雪花氷)」

牛乳や練乳、マンゴーピューレが入った特製氷を削る。

氷そのものに味がついている。

氷の味、食感が日本のものと全然ちがう。

どちらも食べたことありますが、

シェーファーピンすごく美味しかったです!

シェイクとシャーベットの間という感じでした!

氷に味がついているのでシロップなしでも甘いです。

1番印象に残っているのは、

長野県の水で作った氷を削ったかき氷です。

氷がほんのり甘く感じられて、

口に入れるとふわっと溶けてなくなってしまう。

そんな儚いかき氷でした。

知れば知るほど食べたい!!かき氷の職人技!!

そんな食感をだすために氷の凍らせ方にも

こだわりをもって作るんです。

  • ゆっくり時間をかけて水を凍らせていく
  • マイナス10℃以上まで温度を上げた状態で保存する

そうすることによって、

ふわっと口の中で溶ける氷ができ上がるのです。

知らないだけで奥深い世界ですよね。

あの頭がキーンってなる正体も氷が関係している!

  • 削り方が雑で温度が低いとキーンとします。
  • 削り方が丁寧で温度が高ければ頭は痛くなりません。

ちなみに屋台などに売っているものは、

削り方が雑なのでキーンとしてしまいます。

家庭用かき氷機もそうです。

かき氷=夏というイメージがありますが…

秋や冬に食べるのをオススメしたいのです!

理由の1つは夏場よりもメニューに魅力がある☆

秋冬は食材が豊富になり、

シロップやトッピングが豊富になるのです。

人気店の夏は行列ができているけど、

春秋冬を狙えばのんびり味わうことができます♪

夏以外の時期にかき氷のお店めぐりをするのも楽しそう!

「かき氷の聖地」「氷の神様をまつっている」

といわれている奈良県で今年からスタートした、

Kakigori-expo2018

全国の名店や氷職人さんが集結したのです!

事前に入場券を購入すれば誰でも参加可能です。

こういったエキスポに行って

本当に氷で味が変わるのか自分で試してみるのもいいですね。

私は魅力的なかき氷たちにあれもこれもと

目移りしてしまいました(笑)

まとめ

安いスイーツと思われがちですが、

1杯1,000円するかき氷もあるくらい!

またこれからニューフェイスが誕生するかもしれません。

見逃せません!

かき氷はソフトクリームよりカロリー低いから

甘党女性の味方だと思っています。

氷はカロリーゼロだし、

フルーツはビタミンいっぱいで体にいいですし♪

いかがでしたか?

すこしでも魅力をお伝えできたのなら嬉しいです。

食べてみたくなったあなたへ

かき氷の世界へようこそ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)