静岡で超インスタ映えするナイトプールを楽しめるスポット2018年

スポンサーリンク

東京など首都圏内から派生してとても人気になっているナイトプール。

喧騒から少し離れた大人な雰囲気や、

DJブースなどがあり、大人の遊び場と化す楽しい空間。

光る浮き輪やライトアップで日中とは全く顔が変わるプール。

プールサイドメニューも手の込んだものやかわいいものが多く、

フォトジェニックでとてもインスタ映えするものがたくさんです。

いたる所で話題にはなっていますが、

自分の住んでる地域にはナイトプールがあるのか?

結構どこにあって何をしているのか、

わからなかったりします。

もし仲間内で話題に上がった時のために、場所を押さえておきましょう!

静岡で超インスタ映えするナイトプールを楽しめるスポットは?

スポンサーリンク

つま恋リゾート彩の郷内 つま恋Water Park

住所:静岡県掛川市満水2000

期間:7月13日~9月24日

時間:9時~20時

料金: ナイター(17時~) 1200円

(ウォーターパーク利用者は駐車場代無料)

http://www.hmi.co.jp/tsumagoi/wp2017/

2017年から始まったナイター営業。

ナイター営業はスピードスライダー、

飛び込みプールは安全管理上クローズですが、

ナイトプールやインスタ映えをしっかり意識して作りこまれているので

おすすめです。

光る浮き輪やシェル型浮き輪の貸し出しがあって

インスタ映えもばっちり。

カップル、友達、ご家族で楽しめるプールです。

昼間はお子様に楽しい色んな種類のスライダーがあったり、

カラフルな見た目でとてもおすすめです。

伊豆稲取温泉赤尾ホテル 海諷廊 ブルーラグーン

住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1050

期間: 7月上旬~9月中旬

時間:8:00~21:00

料金:宿泊者のみ

http://www.akao-hotel.co.jp/p_shisetsu_type01.html

大人な空間が素敵なプールです。

プールサイドチェアの周りは、バリ風の雰囲気たっぷり。

カップルや友達同士、お子様連れまで安心して“リゾート”を満喫できます。

ただ、利用は宿泊者のみとなるので注意したいところです。

静岡から行けるインスタ映えする他県のナイトプールスポットは?

静岡から少し離れてみると

他にもナイトプールのスポットが。

愛知県の遊び場でかなり有名になってきましたが、

筆者おすすめのスポットは断然ここです。

ラグーナテンボス

住所: 愛知県蒲郡市海陽町2−3−1

期間: 6月30日~9月25日

時間: 18:00~21:00(週末は21:30まで)

料金: 1950円

http://www.lagunatenbosch.co.jp/index.html

ナイトプールは16歳未満は入場禁止。

まさに「大人のナイトプール」と言えます。

ラグーナは大人のテーマパークとして有名な中部のスポットです。

アウトレットモールも隣接されています。

また、様々なイルミネーションやプロジェクションマッピングが

通年行われたり、イベントも多いのでお子様連れにもぴったり。

静岡から少し離れてはいますが、アクセスもしやすく、

パーク内も広いので一度は行っていただきたいです。

また、会員制ではありますが、

名古屋のホテルのプールもご紹介します。

名古屋マリオットアソシアホテル

住所: 名古屋駅直結

期間: 通年

http://www.associa.com/nma/

こちらは高級感はありますが、その分お高めなので、

参考にする程度です。

頻繁に気軽に利用できる感じではありません。

また、その他の場所でも徐々にナイトプールは広まっているので、

行きたいホテルや近くのラグジュアリーなホテルのHPを見て

チェックしておいたほうがよいでしょう。

ホテルは基本的に外部の方は利用できず、宿泊客のみ、

という場合も大いに考えられるため、

そのあたりの調査もしっかり行ってから

計画を立てた方がよいでしょう。

まとめ

話題になるにつれて、

都内のほうに行くとかなりナイトプールの数が増えるので、

そちらに足を延ばしてみるのもおすすめです。

場所によっては、ご家族で楽しめるタイプと、

年齢制限があるタイプと分かれているので、

より大人な空間を求めている人は年齢制限付きの

大人が遊べる施設やイベントを探してみるのもおすすめです。

特に都内近郊ですが、手の込んだナイトプールが

かなり増えてきています。

プールサイドメニューなども限定のものがあったり、

ダンスイベントが行われたりするナイトプールもあります。

店員さんが協力して写真を撮ってくれる場所もあるので、

自撮り棒を持っていなくても大丈夫なところも多いです。

基本的にはケータイと水着とお金だけもっていればOKなので、

自分の行ける範囲でナイトプールを探してみましょう。

新しい発見や、夏限定のイベントもチェックすると

色んなものが出てきます。

プールはちょっと…という方も、

プールサイドでイベントを楽しむだけでも大丈夫です。

そう考えると、誘える人やいっしょに行く友達も

かなり増えるのではないでしょうか。

夏はレジャーの季節。

海や山だけではなく、今年はナイトプールも

挑戦してみてはいかがでしょうか。

仲間内でたくさんの場所に行って色んなことを体験して

楽しい夏を過ごしましょう!

ナイトプールに行く時の女性の持ち物やインスタ用オススメグッズは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)