雪が降って学校を休む事になる基準は?遅延証明は必要なの?

スポンサーリンク

雪が降らない地域だと、

少し雪が降っただけでも

交通機関が乱れて大変ですよね。

私は北海道に住んでいるので、

雪による交通機関の乱れは

頻繁にあることです。

雪の影響で交通機関が

マヒした場合は、

学校が休みになることもあります。

また、吹雪の日は

登校を見合わせる連絡が来たり

そのまま休みになったりなども…。

では、基本的に

雪が降ったからという理由で

学校を休むことはできるのでしょうか?

基本的に雪が降ったから

という理由だけで

学校を休むことはできません。

本文では、雪が理由で

学校を休める場合について

詳しくご紹介していきたいと思います。

さっそく見ていきましょう。

雪で学校を休むのがOKなのはどんな時?北海道を例にみてみよう!

スポンサーリンク

雪が滅多に降らない地域だと、

「雪が降ったことを理由に

学校を休んでも良いのでは?」

と思う人もいるようですが…

実際は、

雪で学校を休むことはできません。

普通に「欠席」扱いになります。

では、雪で学校を休むことができるのは

どういった場合なのでしょうか?

雪で学校を休むことができるのはどういう時?

私が住む北海道で

「雪が理由で学校を休める場合」

についてご紹介していきます。

雪で登校が難しい

雪の影響を受け

交通機関が麻痺した場合、

登校できない有無を伝えると

学校を休むことができました。

また、多くの生徒が

登校できないとなった時は

「臨時休校」という扱いになり、

学校自体休みになったこともあります。

吹雪で登校が難しい

歩いて登下校する場合、

吹雪の場合は歩いて登校するのが危険であるため

登校を見合わせる場合があります。

吹雪が止まない場合は、

そのまま休校となることもありました。

あなたも一度は聞いたことがある

と思いますが、

雪で全く周りが見えなくなる

ホワイトアウト状態になると、

車を運転するのはおろか歩くのすら危険です。

ちなみに、私は

毎年冬の運転時に一度は吹雪で

ホワイトアウトの状態を経験します。

前の車すら見えませんし、

歩いている人は

車からさらに見えないので、

出来れば外に出ない方が安心ですね。

雪の影響で学校を休める場合は、

こういった理由だけでしたね~。

※ただし、北海道外で

雪の影響を受けて休める場合は

どういった場合なのかは

各学校に確認してみて下さいね。

  • 「雪が降ったから危なくて学校に行けない」
  • 「雪が降ったから登校できない」

などの自己判断の場合は、

おそらく通常の欠席扱いにしかならないでしょう。

ただ、雪の影響により

交通機関に遅れが生じてしまい、

学校に遅れてしまいそうな場合は

「遅延証明書」というものを発行してもらえば

遅刻扱いにならないんですよね。

もし、雪の影響で

遅刻してしまいそうになった場合は、

バスや地下鉄、電車などで

「遅延証明書」を発行してもらいましょう。

雪の降る地域では、

電車が雪で止まることは

そう頻繁にはありません。

私が学生の頃も

雪で電車が止まったことは、数回程度です。

では、雪国では

雪で電車が止まることは

滅多にないのに対し、

雪があまり降らない地域や

少ない地域で電車が止まってしまうのは

どうしてなのでしょうか?

次項で見ていきましょう!

雪が原因で電車が止まる地方と全然平気な地方があるワケは?

本州方面などの雪が少ない、

または降らない地域で雪が降ると

電車が止まってしまうことが

ありますよね?

私は北海道出身なので、

初めて道外でそのようなニュースを見たときは

驚きました!

「え!?これくらいの雪で電車が止まったり遅れたりするの?」と。

では、なぜ雪が少ない地域だと、

電車がすぐに止まってしまうのでしょうか?

雪が少ない地域ではなぜすぐに電車が止まるの?

北海道などの雪が多い地域は、

もともと融雪や除雪などの設備が

整っているので、

雪が降ったとしても

そうそう電車が止まることはありません。

これに対し、雪が少ない地域は

雪対策ができていないので

線路に雪が積もったり、

電車の進路を切り替えるポイントと呼ばれる部分に

雪が積もったりすることで、

電車が上手く進むことができなくなります。

そのため、少ない雪でも線路に影響が出れば

電車が止まるという事態に陥ってしまうのです。

もし、

雪で電車が止まってしまった場合は、

電話で学校にその旨を伝え、

休むべきなのかどうかを聞いてみましょう。

電車の他にも交通手段はありますが、

本州方面ではバスなども少しの雪で

大幅にダイヤが乱れますし、

他の交通手段も考えにくいですよね。

そういった場合は、やはり

学校が休んで良いという措置を

取ってくれるはずなので、

自己判断で無理に学校へ

行こうとせず、学校側に

判断をしてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

雪が少ない地域では雪が降っただけで

「休もうかな?」と

考えてしまう方が多いのですが、

実際雪だけで休ませてもらえることは

少ないですよね。

雪で交通網が麻痺している、

吹雪で前が見えないなど、

物理的に学校に行けない場合や

危険が伴う場合は

おそらく多くの学校が

登校しなくても良いという判断を

してくれるはずです。

欠席扱いにならない場合もありますので、

どうしても雪で学校に向かえない理由がある時は

一旦学校に電話をして判断を仰ぎましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)