チョコが好きでもホワイトチョコが嫌いな理由は?実は意外な事実が!?

その他
スポンサーリンク

日本人にもなじみ深いお菓子の

ひとつと言えばチョコレート。

 

あのカカオの風味とミルクのまろやかさが

たまらなく美味しいですよね。

 

一言にチョコレートと言っても、色々な種類があります。

 

ミルクチョコレートやビターチョコレート、スイートチョコレート

そしてホワイトチョコレートなどがあります。

 

その中でもホワイトチョコは色も白いですし、

味もとても甘くてビターな感じは一切ない。

チョコレートの中でも少し独特な感じがしますよね。

 

 

実際に、その独特さからチョコレートが好きな人でも

ホワイトチョコは嫌い!と言う人って意外と多いです。

 

それは一体なぜなのでしょうか?

 

その理由は

 

  • 甘ったるさがある
  • やけにミルクくさい
  • 口溶けの悪さ
  • カカオが使われていない

 

などの理由があるのです!

 

 

確かに、ホワイトチョコにはやけに甘ったるさがあり、

ミルクの匂いが強く、口溶けもざらざらしています。

 

カカオも使われていないとなると、

やはり普通のチョコレートとは何か違いますよね。

 

チョコが好きでもホワイトチョコは嫌いな人の意見を

それぞれ紹介しますね。

 

 

チョコが好きな人でもホワイトチョコが嫌いな理由とは?

スポンサーリンク

 

先ほどもお伝えしたように、

チョコレートは好きだけどホワイトチョコは嫌い

と言う人は結構多いです。

 

というのも、

 

  • 「口溶けのザラザラした感じが苦手」
  • 「とにかく甘すぎて気持ち悪さを感じてしまう」
  • 「チョコレートなのになんで白いの?何が入っているの?」

 

などの意見があるんです。

 

 

そもそもチョコレートとは、

カカオマス、ココアバター、砂糖、ミルクの原料からできています。

 

カカオマスが入っていることによって、

チョコレートの色や苦み、風味が出ているのです。

 

しかし

ホワイトチョコはなんとそのカカオマスが

入っていないのです!

 

意外な事実ですよね。

あなたは知っていましたか?

 

ホワイトチョコはココアバターが主な原料で、

そこに砂糖やミルクを加え作られます。

 

ココアバターとはカカオ豆に含まれている植物性油脂で、

固まると白っぽくなります。

 

植物性油脂とは簡単に言えば脂です。

 

なので、口溶けの悪さを感じてしまったり、

普通のチョコレートみたいな苦みがなく、

妙な甘ったるさやミルク臭さだけが際立ってしまうのです。

 

 

意外にも、ホワイトチョコにはカカオマスが入っていないのです。

だからあんなにきれいな白色をしているのですね。

 

 

以上の理由から、普通のチョコレートは好きだけど

ホワイトチョコはなんか嫌いと言う人がいるのですね。

 

確かに、普通のチョコレートと同じものだろうと思って食べると

これはチョコレートじゃない!と思ってしまうのも

無理はありません。

 

原材料が違うのですから。

 

 

では、嫌いな人でも美味しく食べることのできる

ホワイトチョコはあるのでしょうか?

いくつか紹介しますね。

 

 

ホワイトチョコが嫌いな人にもお勧めできる美味しいものは?

ホワイトチョコが嫌いな人でも

美味しく食べられるおすすめのホワイトチョコを

ご紹介します。

 

 

六花亭 ストロベリーチョコ

 

こちらのチョコは北海道の有名な菓子店である

六花亭の商品です。

 

ホワイトチョコのコーティングの中には

ドライストロベリーが丸ごと入っており、

ホワイトチョコの甘さとドライストロベリーの酸っぱさが

ちょうどよくマッチします。

 

ホワイトチョコの甘ったるさが苦手な人でも、

ドライストロベリーのおかげでそこまで甘ったるさを

感じることなくスッキリと食べられるチョコレートです。

 

 

私もこの商品は大好きで、もう何粒食べたかわかりません。

とっても美味しくて苦手な人にもぜひおすすめしたい商品です。

 

六花亭 ストロベリーチョコ

 

 

ロイズ ピュアチョコレートホワイト

 

こちらのホワイトチョコもとても食べやすい商品です。

 

中に何か入っていたり、

ラングドシャになっていたりするわけではなく、

本当に純粋なホワイトチョコなのです。

 

ただ、口溶けのざらざらした感じがなく、

普通のチョコレートのように

本当に滑らかな口溶けを楽しむことができます。

 

ホワイトチョコの口溶けが苦手な人に

ぜひ食べて頂きたい商品です。

 

ロイズ ピュアチョコレートホワイト

 

 

アルフォートミニチョコレート バニラホワイト

 

ブルボンのアルフォートミニチョコレートの

バニラホワイト味です。

 

ホワイトチョコレートとココアビスケットの組み合わせが

とても美味しいです。

 

ココアビスケットがほろ苦く、

ホワイトチョコの甘さをちょうどよく抑えてくれます。

 

ホワイトチョコの甘さが苦手な人でも

美味しく食べられるチョコレートです。

 

アルフォートミニチョコレートバニラホワイト

 

 

白いブラックサンダー

 

こちらは大人気のブラックサンダーの

ホワイトチョコバージョンです。

 

ブラックサンダーのザクザクとした食感を残しつつ、

ホワイトチョコでまろやかに仕上がっています。

 

ただし北海道限定の商品なので要注意です!

 

食べてみたい場合は、

ネットショップで探してみてくださいね。

 

白いブラックサンダー

 

ということで、

いくつか紹介いたしました。

 

ホワイトチョコが苦手な人は、

「ホワイトチョコ×何か」の組み合わせで食べると

食べやすいですよ。

 

 

まとめ

 

チョコレートを好きな人はホワイトチョコも好き!

とは一概には言えません。

 

チョコレートとホワイトチョコは別物と

考えている人も多いです。

 

もちろん、チョコレートもホワイトチョコも

どっちも大好き!という人もたくさんいます。

 

私はどちらにも違った良さがあるので

両方とも大好きです。

 

 

しかし、ホワイトチョコは好みが分かれやすいので、

人にプレゼントする時などは

相手の方がホワイトチョコを好きなのかどうか、

事前にリサーチしておくことが大切です。

 

もしリサーチできなかったけれど、

ホワイトチョコをプレゼントしたい!と思った時には、

ぜひ今回ご紹介したホワイトチョコを参考に

プレゼントを選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました