チョコと溶かす時は湯煎とレンジで味に違いは出る?どっちが良い?

その他
スポンサーリンク

2月になると、女性にとっての一大イベント、

バレンタインデーがやってきます!

 

男性に思いを伝えるための

大切な機会ですよね。

 

心を込めたチョコレートを手作りするために、

レシピ本を読んだりインターネットで調べたりして

どんなチョコを作ろうか考える時期になります。

 

 

チョコレートは、一般的には

板チョコを使う方が多いです。

 

理由としては、簡単に溶かして固めることができるので

他の材料と混ぜたり、型に流したりするのが

簡単だからという部分があります。

 

そんな万能な板チョコ。

あなたはどのようにして溶かしていますか?

 

 

方法としては2つあります。

 

お湯を沸かして湯煎で溶かす場合。

そして、砕いて電子レンジで溶かす場合です。

 

どちらも簡単にチョコを溶かすことができますが

実際に行うならどちらの方法が良いのでしょうか?

 

溶かす方法によって味に違いが出るのかどうかも

気になるところです。

 

 

実は、チョコの溶かし方については、

どちらの方法で行っても味に変わりはありません。

 

なので、自分が行いやすい方法で

チョコを溶かせば良いのです。

 

 

今回は、そんなバレンタインデーに役立つ

チョコ作りについての記事を

ご紹介したいと思います。

 

 

チョコと溶かす時は湯煎とレンジで味に違いは出る?

スポンサーリンク

 

私も、バレンタインデーには

毎年必ずチョコレートを作ります。

 

定番のトリュフを始め、

フォンダンショコラやガトーショコラなど

チョコレートには様々な種類があります。

 

その中で、あげたい男性のことを考えて

種類を選んだり、デコレーションしたり。

そんな時間がドキドキして楽しいですよね。

 

作っている時間も楽しめるのが

バレンタインデーの醍醐味です。

 

 

しかし、どのチョコレートも、

作るのにはある工程が必要です。

 

それが「チョコを溶かす作業」です。

 

板チョコのままでは固すぎて、作業が進まないので

チョコの味をしっかりとつけるためにも

チョコレートを溶かす作業は必須です。

 

 

レシピ本などを見てみると、

湯煎で溶かすような手順が書かれていることがあります。

 

湯煎とは、熱々のお湯を用意して、

その上に刻んだチョコを入れた器を置き

混ぜながら徐々に溶かしていく作業になります。

 

 

そして、もう一つ。

電子レンジでスイッチ一つでチョコを溶かす方法。

 

こちらもレシピ本などでは

よく書かれている方法です。

 

この2つの方法でチョコを溶かしていくわけですが、

方法によって味に違いがあるのであれば

チョコの溶かし方も真剣に考えなければいけません。

 

実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

実は、この2つの方法、

味にはあまり変化があるものではありません。

 

どちらも失敗してしまうと

味が変わってしまったりするかもしれませんが

基本的には問題なくチョコが溶けてしまえば

味はそのまま変わらないんです。

 

味が変わらないということであれば、

どちらの方法を使ってチョコを作る方がいいのか

ますます迷ってしまいます。

 

 

次は、どちらの方法がベストな方法なのかを

分析していきたいと思います。

 

 

初めてチョコを溶かす場合は湯煎とレンジのどっちが良いの?

 

ある程度、チョコ作りに慣れている方であれば、

どちらの方がやりやすい方法なのかは

すでに把握されていることでしょう。

 

しかし、初めてチョコを作る方にとっては

この「チョコを溶かす」作業だけでも

すごく緊張することなんです。

 

 

私も、大学生の頃に

初めて男性に手作りでチョコレートを作りました。

 

今まではお母さんに手伝ってもらって

チョコを作っていたので、

チョコを溶かす作業も全て任せていたのですが、

大学生になり、一人暮らしを始めてからは

手伝ってくれる人はいません。

 

 

初めて1人で作るときは

すごく緊張したことを覚えています。

 

この工程で失敗したら、

この先の作業に支障が出てしまいます。

 

第一段階として、とても重要な作業なので

絶対に失敗はしたくないですよね。

 

どちらの方法でチョコを溶かすにしても

失敗するかもしれない瞬間はあります。

 

 

湯煎の場合は、混ぜている間に

お湯がチョコの中に入ってしまう可能性もあります。

 

電子レンジの場合は、溶かしている工程を

見ることができないので、

加熱しすぎてチョコが焦げてしまったり、

チョコが溶けきれなかったりすることも。

 

どちらにせよ、失敗はつきものです。

自分のやりやすそうな方法から初めて見るのが

一番いい方法です。

 

 

個人的にオススメなのは、

湯煎でチョコを溶かす方法です!

 

湯煎する際に、器の大きさに注意して、

お湯が入っている器よりも

チョコが入っている器を大きくするのです。

 

そうすると、お湯が中に入ってくることがなくなり、

失敗もしにくくなりますよ。

 

 

電子レンジはどうしても中が見えないので

誰でも1度は失敗してしまうことがあります。

 

目で見える湯煎は、自分や器次第で

失敗を阻止することができるので

初めての方にはオススメです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

バレンタインデーに向けて

チョコ作りをしていく中で、

チョコを溶かす作業はとても重要な作業です。

 

この作業がうまくいかなければ

その後の作業にも支障が出て、

美味しいチョコレートができなくなってしまいます。

 

湯煎と電子レンジで溶かす方法がありますが、

味に変化はないので、

基本的には自分の好きな方法を選ぶのがいいでしょう。

 

 

初めての方は、できれば初歩的な湯煎から、

慣れてきたら電子レンジなどで

少しづつ調整していくのがいいでしょう。

 

うまくチョコを溶かして、

バレンタインデーには、気持ちのこもった

チョコを渡せるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました