ベルトを洗濯機で洗うことはできるの?素材によって異なるの?

生活
スポンサーリンク

服のウエストがゆるくなってしまった際に

ズボンやスカートがずり落ちないように使われる「ベルト」。

 

サイズが大きな服を着る際や、

ダイエットをして急にウエストが痩せてしまった時など

ピンチな時に使える便利なアイテムです。

 

 

そんなベルトですが、万が一汚れてしまった際には

どのように洗えばいいのかはご存じでしょうか?

 

 

ベルトは基本的には、

洗濯機で洗わない方がよいです。

 

どうしても洗濯機を利用する場合は、

ネットに入れて行いましょう。

 

 

また、汚れ具合によっても洗い方は様々です。

 

革製品は、専用のブラシやクリームを使用すれば

簡単にお手入れすることもできるんですよ。

 

 

今回は、そんな「ベルトのお手入れ方法」について

詳しくお話ししていきます。

 

 

ベルトを洗濯機で洗うことはできるの?素材によって影響はある?

スポンサーリンク

 

見た目の印象としても大切なアイテムである「ベルト」。

 

ふとした時に食べ物を落としてしまったり

仕事の作業中に汚れてしまったり

綺麗な状態を保つのはとても大変です。

 

 

仕事などで制服がある方に関しては

毎日使用している方もいますよね。

 

長年使っているとどうしても汚れは出てきますし、

それを防ぐのは正直不可能です。

 

ベルトを使う機会の多い方は、

ベルトの正しいお手入れ方法を知っておくと

綺麗な状態を保つことができますよ。

 

 

一般的に、ベルトには様々な素材があります。

 

定番の革だけでも牛革、ハラコ、レザー、クロコダイル。

 

「ガチャベルト」と呼ばれるベルトは

金具やナイロン素材を使っているものもあります。

 

その他、スエードなど少し特殊な生地を使っているベルトもあり、

その素材別にお手入れ方法は変わってくるんです。

 

 

基本的には、どのような素材であっても

洗濯機での洗いは絶対にNGです。

 

必ず傷んだり縮んだりしてしまうからです。

 

 

お手入れは、洗濯機で簡単にするのではなく

自分の手で丁寧に行えるといいですね。

 

 

ベルトを洗濯機で洗う時のやり方は?その時の注意点は?

 

ここまでで、ベルトの素材に問わず

洗濯機を使用してのお手入れはあまりおすすめできないと

お伝えしてきました。

 

しかし、どうしても洗濯機で洗わなければいけない時が

やってくることも。

 

 

そんな時には、せめてネットに入れて

他の洗濯物に影響が出ないようにしましょう。

 

ベルト自身にもそこまで強い衝撃などがないので

この方法なら傷んだりすることもないです。

 

 

時折、大きめのバックルがついたベルトを

洗濯機で回してしまったことがあるという経験を

耳にすることがあります。

 

 

これに関しては、洗濯機が壊れてしまうこともあり得るので

できれば気づいた時点で洗濯機からは出しましょう。

 

自分の手で細かな部分までお手入れすることで

長い期間、そのベルトを綺麗に保つことができますよ。

 

 

ベルトを洗濯機を使わずに洗う時のやり方は?

 

ベルトを洗濯機で洗濯すると、

他の洗濯物に影響が出たりしてとても危険です。

 

ベルトのお手入れは、素材別に

それぞれ正しい方法で行いましょう。

 

 

革製品の場合

 

専用のブラシを用意します。

 

細かな部分までブラッシングして汚れを払い落とし、

その後専用の保湿クリームを塗って

皮を保護していきましょう。

 

仕上げに防水スプレーを吹きかけると

さらにいい状態で革を使うことができます。

 

 

スエード素材の場合

 

ベルトをブラッシングして

汚れを落としていくところまでは同じです。

 

ただ、その後、クリームではなく

「リキッド」と呼ばれるもので色を補色していくんです。

 

スエードは、擦れた部分の色が薄くなりがちです。

 

そういった部分をうまく隠せるように

リキッドで色を足していのです。

 

最後に乾拭きをして、

余計な色味がつかなくなったらOKです。

 

 

このように、素材によって

それぞれのお手入れ方法があるのです。

 

少し面倒な作業かもしれませんが、

仕事でもプライベートでも

ベルトが汚れていると印象が良くないですよね。

 

 

面倒くさい部分をしっかりとお手入れしている人は

すごく好印象を与えることができます。

 

女性なら特にですが、

清潔感のある状態を保てるように

ベルトにも気を配ってみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ベルトは、仕事で毎日使う人もいれば

プライベートでおしゃれをしたい日に使う人もいます。

 

どんな人でも、どんな素材のベルトでも

お手入れ方法は最適なものがあるので

きちんと正しいやり方を覚えておきましょう。

 

 

ベルトは、ふとした時に汚れることが多いです。

 

ズボンやスカートがウエストより下に

落ちていかないような役目がありますが、

いずれにせよ、服装のポイントになる場所です。

 

洗濯機などに入れることはせず、

自分の手で時間のある時にお手入れをしていきましょう。

 

 

私は、ベルトを引っ張って使ってしまっていたので

ところどころ擦れて色がまばらになった経験があります。

 

見た目も良くないですし、

「長年使われてる感」があるので

ベルトは綺麗な状態を保ちましょう。

 

専用のブラシやクリーム、リキッドや防水スプレーなどは

アパレル店や専門のお店などで販売されています。

 

綺麗さを保つためにも、まずは使用するアイテムから

揃えていけるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました