体育祭の練習が大嫌いな女子高生が上手にやり過ごすコツや割り切り方

スポンサーリンク

学校生活を送る中で、
必ずついてくるのが学校行事です。

体育際や文化祭など、
大きな行事もいくつかありますよね。

そういった行事を経験していくなかで、
張り切って参加し
周りの人を仕切ろうとする人や

苦手だからあまり目立たないように
迷惑をかけないようにしようとする人など
いろんな同級生を目にするのではないでしょうか。

今日は体育祭が嫌いな人にスポットを当てて
体育祭の練習が嫌いな人に向けて
やり過ごすコツや割り切り方を紹介します。

体育祭が大嫌いな女子高生が上手にやり過ごすコツや割り切り方

体育祭の練習のやり過ごし方や
割り切り方をお話する前に

まずは、学校行事がなぜあるのか
ということからお話していきます。

学校行事を行うにあたり、
まず重要になるのは
目標の設定をすることです。

体育祭のような大きな行事になると、
体育祭に向けて大きなひとつのスローガンを
決めたりしませんか?

体育祭自体にスローガンの設定をしたり
クラスで体育祭に向けての目標を決めたりします。

そのように行事に向けての目標を設定することで
その目標に向かい逆算して
準備をする力を身につけることが
学校行事を行う上でのひとつの目的なのです。

ひとつの目標に向かって団結することで
チームワークを養ったりするわけなのです。

社会人になってからは毎日の生活の中で
好きなことだけをして
過ごせるわけではありません。

やりたいと思っていた職業につけたとしても
中には苦手な業務も出てきます。

ですが、社会に出たからには与えられた業務を
こなさずに先へ進むことはできません。

また、誰かの協力は
必ず必要なときがあるものです。

体育祭などの学校行事はいわば、
社会に出た時の訓練なのです。

ですから、体育祭の練習が嫌いな場合は、
この練習もいつか役に立つ時がくる
と思って割り切ってしまうことです。

割り切ってしまえば、
気持ちが楽になるものです。

また、嫌いな練習をやり過ごすにはある程度
手をぬいてみてください。

人間には得意、不得意はあって当たり前なのですから
何事も完璧である必要はありません。

体育祭になるとやたらと張り切る人は
どこにもいるものですよね。

なので、輪を乱さない程度に
手を抜いてみましょう。

60%くらいの力で
やり過ごすくらいでいいのです。

私自身、体育祭は
好きでも嫌いでもないといった感じでした。
中には苦手な種目もありました。

私の経験ですが
体育祭の練習を通して苦手なものは
適当にやり過ごすという技を
身につけることができました。

適当にというと
いい加減に聞こえるかもしれませんが、
いい加減にするのではなく、
周りにちょうどよく合わせていく
と考えてみてください。

何事も全力でやる必要はありません。
時には手を抜いてもいいのです。

嫌いだからこそ、ほどよく肩の力を抜いて
練習に参加しやり過ごす力を
身につけてみてください。

その力を抜く術は
社会に出てからも役に立つ力になりますよ。

スポンサーリンク

体育祭の練習で嫌いになるヤツとは卒業後二度と会わないという事実

体育祭の練習をしていると、
どうしても張り切る人、
練習をやたらと仕切ろうとする人が
出てきますよね。

張り切って仕切るだけならよいのですが
運動の苦手な人に対して
できないことを責めたり

影でコソコソと陰口を言ったりする人は
必ずと言っていいほどいるものです。

体育祭の練習の嫌いな人からしてみれば
そういう人たちに
どうしても苦手意識が湧いてしまいます。

しかし気にする必要はありません。

誰にだって得意不得意はあるものなのです。

言いたい人には
勝手に言わせておいて
気にしないことです。

何事も完璧である必要はありません。

クラスの輪を乱さない程度にやり過ごすこと!
これさえできればなんとかなります。

卒業後はそれぞれ別の進路に進むわけですから
乗り切ってしまえば会うこともなくなるのです。

実際に、
私は張り切って仕切る方ではなかったので
体育祭もそれなりにやり過ごしてきたタイプです。

やる気がないのでは?
と張り切っている人たちからは
そのように見えていました。

ですから、私自身仕切るタイプの人たちには
勝手に苦手意識を持ってしまっていました。

しかし、体育祭が終わり、
学校を卒業してしまえば
その人たちと会うことは
全くと言っていいほどありません。

そのことを頭の片隅にでも置いておくと、
卒業したら会うこともないのだからと
割り切ってしまいましょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

運動の苦手な人にとって
体育祭はツライ行事です。

誰にだって得意不得意はあるものです。

体育祭で張り切っている人の中には、
体育祭でしか活躍できない人がいるものです。

体育祭では張り切っていたけど、
実は勉強ができなかったり
文化祭では全く活躍できなかったりする人もいます。

ですから、
そういった人たちが唯一活躍できる場なのだからと
勝手に仕切らせておいて、
適当にやり過ごすことが
一番の得策なのです。

できないからといって、
いろいろ言われツライ思いを
することもあるかもしれませんが、
一時の辛抱です。

卒業してしまえば
もう二度と会うこともないのですから。

高校生活において
いろいろな行事を経験することでしょう。

その時はこんなことに
何の意味があるのだろうか?と
疑問に思うこともありますよね。

経験したことは、
社会に出た時役に立つとこがあるものです。

ですから、社会に出た時のための訓練だと思い
いつかきっと役に立つ時がくると信じ割り切って
行事に参加してみてはいかがでしょうか?

この記事を参考に
体育祭を乗り切ってみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)