女性必見のかぼちゃの超嬉しい効果と実は意外な収穫季節!

スポンサーリンク

甘くておいしいかぼちゃ。

食べやすくて子どもから大人までみんな大好きですよね。

でも 「カロリーが高くて太るんじゃないの?

こう思っている人はいませんか?

私もそのうちの一人で、

かぼちゃを食べるのは避けていました。

実はこれすごくもったいないです!

かぼちゃには驚くほどたくさんの美容効果が期待できます!

工夫して食べれば健康にも良い効果が期待できます!

かぼちゃについて知れば知るほど食べたくなるはずです。

それではかぼちゃの特徴についてお伝えしていきます!

かぼちゃの素敵な効果とちょっと意外な収穫季節

スポンサーリンク

かぼちゃと言えばハロウィーンの

ジャックオーランタンを思い浮かべますよね。

かぼちゃは夏ごろ

7月~8月の間に収穫されいったん熟成します。

そして秋から冬ごろが旬の食べごろになります。

つまり10月末のハロウィーンの時期からが

かぼちゃのベストシーズン!

それまでにぜひかぼちゃについて詳しく知っておきましょう!

まずかぼちゃにはたくさんの種類があります。

スタンダードなものだと

栗かぼちゃがよく食べられています。

この種類は和食から洋食まで幅広く使われています。

最近だとプッチーニや

バターナッツなどもっと甘い種類も人気です。

かぼちゃの特徴は何といってもスイーツのような甘さ!

この砂糖いらずの甘さのせいで太ると思われがちのようです。

確かにかぼちゃは

他の野菜と比べるとカロリーと糖質が高めです。

ですがその分

食物繊維が豊富に含まれています!

これを見逃してはいけません!

太る原因というのは食事の時に

血糖値が急上昇することにあります。

ここでかぼちゃの食物繊維の出番です!

食物繊維を摂取すると

血糖値の上昇が緩やかになります。

すると糖質を取っても太りにくくなるのです。

さらに食物繊維にはデトックス効果もあり、

便秘解消に良いとされています。

これだけではありません。

他にもたくさんの素晴らしい効果が期待できます!

そもそもなぜ、かぼちゃが黄色いのか知っていますか?

これはβカロテンの色です。

βカロテンは体内でビタミンAに変わり、

目の疲れなどへの効果が期待できます。

またビタミンAは粘膜を強くするように働きかけるため、

のどや鼻が丈夫になり、風邪にかかりにくくなります。

「冬至にかぼちゃを食べれば風邪をひかない」

と言われているのはこのためです。

そして女性必見なのが

美容成分として有名なビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、

美髪や美肌を作るのには欠かせない成分です。

このようにたくさんの

素晴らしい栄養素が含まれています!

健康にも美容にも良いかぼちゃを食べないわけにはいきませんよね?

それではどのように食べればいいのでしょうか。

おすすめの食べ方を紹介していきます。

かぼちゃの○○を生かすなら煮物!簡単下ごしらえ&保存法!

まず料理をする前に、

美味しいかぼちゃの見分け方って知っていますか?

選ぶなら皮が固くて中身がずっしりと

詰まっているものにしましょう!

「でも皮が固いものは切りづらいし・・。」

こんな心配は簡単に解消できます。

方法は、包丁で切る前に電子レンジで2分ほど過熱するだけです。

すると実が柔らかくなり切りやすくなります。

それに、過熱することで甘みが出てさらに美味しくなります。

この方法はどのかぼちゃ料理でも使えるのでぜひやってみてください!

他にも

  • 皮の表面に光沢があるもの
  • 軸がコルク状で回りがへこんでいる
  • 中が濃いオレンジ色で熟しているもの

などが美味しいかぼちゃの特徴です。

スーパーに行くときは参考にしてみてくださいね!

かぼちゃは和食にも洋食にも使える万能食品です。

でもやっぱり甘みを生かしたものが食べたいですよね。

先ほども言ったようにかぼちゃは過熱すると甘くなります。

ですがフライパンで炒めたり、

油で揚げるとすぐに焦げてしまいます。

じっくりと過熱して甘さを引き出したいなら、

煮物やポタージュにするのがおすすめです。

それぞれの好みにもよりますが、

もともと味がついているので

調味料を少なめにしても構いません。

それにかぼちゃの甘みだけで

砂糖を抜けば、糖質を抑えることもできます。

保存方法も気になりますよね?

かぼちゃ丸ごと一個の場合は、皮が固いので長く持ちます。

そのまま涼しくて風通しの良いところに置いてください。

だいたい2か月は大丈夫です。

半分などにカットしている場合は、

種とワタをしっかり取り除き

ラップに包んで冷蔵庫で保存してください。

こちらは1週間ほどしかもたないので

早めに食べた方がいいです。

以上が私のおすすめする食べ方とちょっとした豆知識です!

まとめ

ここまでくるとかぼちゃの見方が変わったはずです。

かぼちゃは太るという考え方はもったいないです!

むしろ身体を太りづらくする働きをしてくれます。

かぼちゃは栄養の宝庫であり、

美容にも健康にも最適です!

そして食べるときは本来の甘さを生かして食べましょう。

それには煮物やポタージュといった

煮込み料理がおすすめです。

あなたも一緒にかぼちゃを食べて綺麗になりましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)