エアコンの買い替えで室外機だけ交換はNG!超お得な方法を紹介!

スポンサーリンク

最近、エアコンの利きが悪いな・・・

なんて事は、あなたはありませんか?

暑い時期には、特に欠かせないエアコン。

そんな時に故障してしまったら大変です!

  • 変な音がする
  • 掃除しても嫌なニオイがする
  • 操作しても反応しない

などの不具合がでたら、

故障かもしれません。

故障したら、修理か買い替えか、

とても悩みますよね。

もし、10年以上使っているよ!

という場合は、買い替えがオススメです。

ただ、エアコン自体は問題ないからと言って、

室外機だけの交換はやめた方がいいでしょう。

なぜなら、高い修理費がかかるうえに、

価格もセットで買うより

割高になってしまいます。

どうせなら、エアコンと室外機

両方買い替えましょう。

新しくすれば性能も良く、

電気代も安く済みますよ。

少しでも安く買い替えたい!

と言う場合は、

型落ちしたエアコンがお得です。

さらに!

設置場所による追加費用に注意して、

良心的な業者を選べば、よりお得になります。

エアコンは、お値段が高い家電の1つです。

あなたも、かしこく

エアコンを買い替えちゃいましょう!

エアコンの買い替え時に室外機だけの交換は止めた方が無難!

スポンサーリンク

室外機は調子悪そうだけど・・・

室内のエアコンは問題ない!

室外機だけ交換する方が

安く済むのかな?

と、あなたは思いませんか?

室外機だけ交換する事は

可能ですが・・・

むしろ高くなるので、

あまりオススメできません。

まずは、現在製造中の

室外機でないと交換できません。

大体、買って1年以内であれば可能なはずです。

そして、交換できたとしても

室外機は部品扱いです。

お値段も、購入価格より

20%ほど高くなります。

さらに、修理費も別にかかります。

室外機が壊れるという事は、

買ってから年数もそれなりに

経っているはずです。

せっかくなので、

セットで買い替える方が、

長い目で見たらお得ではないでしょうか。

それでも、室外機だけ買い替えたい!

という場合は、

メーカーに問い合わせてみて下さい。

もしくは、購入したお店に

問い合わせてみましょう。

そして、交換できる場合は

見積もりを出してもらいましょう。

見積もり金額を確認した上で、

判断してみて下さいね。

目安は10年!?エアコンの買い替えは室外機とセットで断然おトク!

あなたのエアコンは、

買ってから何年経っていますか?

我が家は、最近買い替えて

ビックリしました!

エアコンの利きも違うし、

電気代も約半分に・・・

省エネの意味を、

初めて実感したものです。

エアコンの寿命は、

約10年と言われています。

使用頻度や、設置場所によって

多少違いはあります。

でも、10年前後で不具合がでるようなら、

修理に出すより、

買い替える方がオススメです。

  • 冷房や暖房の利きが悪い
  • エアコンの風がくさい
  • エアコンもしくは室外機から変な音がする
  • エアコンから水が漏れている
  • 操作しても反応しない
  • エアコンをつけるとブレーカーが落ちる

上記のような不具合は、

特に要注意です。

修理代も、メーカーにもよりますが、

1回見てもらうだけでも

1万前後はかかりますからね。

さらに、エアコン内部の部品交換となったら、

2~3万程度は覚悟しておいた方がいいです。

もし、不具合がでたら・・・

  • エアコンのフィルターを掃除する
  • 1度コンセントを抜いて、もう1回さす
  • 室外機周辺のホコリや汚れを取り除く

などを、試してみましょう。

それでも改善されない!

という場合は、早めに買い替えましょう。

もちろん、まだ使い続けたい!

という場合は、

修理依頼するのも良いと思います。

ただ、9年以上経つと

生産終了している場合が多いです。

修理頼んだけど、部品が

作られてないから修理できない・・・

なんて事もよくありますからね。

まずは、試しに1度電気屋さんに

見に行ってみて下さい。

あなたも、今のエアコンの

性能の良さにビックリしますよ!

エアコンの買い替え費用は室外機の設置場所で全く変わる!

いざ、エアコンと室外機を買い替えよう!

と思っても、気になるのがお値段ですよね。

よく、家電量販店で

「工事費込み」と表示されていますよね。

工事費込みで、

このお値段なんてお得じゃない!

と、あなたも思うかもしれません。

けれど、その工事費はあくまで

「標準の場合」だけです。

設置する場所によって、

追加費用がかかります!

あなたのお家では、

室外機はどこに置いていますか?

例えば、2階のエアコンを

買い替えるとしましょう。

室外機は、1階に設置する事が

多いはずです。

エアコンと室外機はセットです。

つなぐ配管が長ければ長いほど、

工事は大変です。

既存のエアコンの

処分費用もかかります。

あなたの家の室外機と

エアコンの位置が離れている場合、

追加費用がかかる

覚悟しておいた方が良いでしょう。

私の知り合いの家では、

2万ほど余計にかかっちゃった・・・

と、残念そうでした。

購入する際には、

追加費用がいくらかかるか、

お店で十分確認しておきましょう。

そして、できれば工事費用は

安く済ませたい!

とも思いますよね。

けれど、エアコンがお買い得に

買えたとしても、

設置業者選びを失敗すると、

むしろ損してしまいます。

私としては、

設置業者はとっても重要です。

エアコンと室外機は、

とてもデリケートな家電です。

雑な業者に頼むと、エアコンの寿命を

縮める原因にもなります。

さらに、見た目も気にしないので、

外壁とは全く違う色の配管をつけられた!

なんて人も、近所にいました。

悪徳業者となると、

当日になって追加費用がでたりもします。

  • 実際に現場を見て判断している
  • 見積もりや料金表が分かりやすい
  • 約束をしっかり守り、対応が良い

など、良い業者を見つけておきましょう。

できれば、空調設備の

専門業者などがいいですね。

実際に連絡をとって、

何社か見積もりをだしてもらいましょう。

その反応によって、

判断してみると良いと思います。

良い業者を見つけておけば、

これから修理や買い替えの時にも、

安心して頼みやすいはずですよ。

また、エアコン自体を

少しでも安く済ませたい場合は、

モデルチェンジする前の

時期を狙うと良いでしょう。

  • 2~3月
  • 9~10月

が、1番お買い得になります。

メーカーによって多少差は

ありますが、大体この時期です。

気になる最新エアコンが見つかったら、

型落ちして安くなったと

同時に買うのもいいですね。

まとめ

エアコンの買い替えポイントを、

もう1度確認してみましょう。

もしエアコンの不具合がでたら・・・

  • フィルターや本体の掃除をする
  • コンセントを1回抜いて、もう1度さす

エアコンを10年以上使っている場合は、

修理より買い替えがオススメ!

室外機だけ買い替えられるのは1年以内。

買い替えられたとしても、割高になる。

エアコンをお得に買い替えたい場合は・・・

  • 型落ちしたエアコンを買う (2~3月9~10月がお買い得)
  • 「工事費込み」であっても追加費用がかかるのか確認しておく
  • 良い設置業者を見つけておく

これで、安心して買い替えできるはずです。

買い替えは、エアコンを

使っていない時期に行いましょう。

3月や10月ぐらいが理想的ですね。

そうすれば、

比較的お値段も安くすみますし、

エアコンを止めた事による

不快感を避けられます!

暑い時や、寒い時にエアコン

使えないと辛いですからね。

最新モデルはサイズも小さく、

デザインも良いものばかりです。

ぜひ、お得に買い替えて、

快適な空間を手に入れて下さいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)