厳島神社の大鳥居にお金を挟むとご利益どころか超罰当たりだった!

スポンサーリンク

「厳島神社の大鳥居にお金を挟むとご利益がある」
というお話はご存知でしょうか?

まだ行ったことがない方は、
「鳥居にお金を挟む場所なんてあるんだ~」
と思いますよね。

しかし、実際に確認してみると…

老朽化で傷んだ大鳥居の柱の割れ目に
お金を挟んでいるではありませんか!!

これって、本当にご利益があると思いますか?

そこで、今回は…

・厳島神社の大鳥居にお金を挟むと
ご利益どころか超罰当たり!

・厳島神社の大鳥居にお金を挟むのは
いつだれが何のきっかけで始まったの?

などの内容をご紹介していきたいと思います。

私自身、神社などに詳しくありませんが、
やはり鳥居の傷ついた部分にお金を挟むのは、
良くない気がします。

人に例えると…「傷口に塩」といった感じですよね。

鳥居の傷口をさらに傷めるような行為は、
果たして本当にご利益があるものなのでしょうか?

厳島神社の大鳥居にお金を挟むとご利益どころか超罰当たり!

私が、この記事を書くにあたって、
有力な情報が得られたので、
ご紹介していきます。

☆厳島神社の大鳥居にお金を挟むとご利益がある?☆

まず、これに対しての答えは…「NO」です。

ハッキリと言えるわけではないのが申し訳ないところですが、
とある方が厳島神社の方に真偽を聞いたところ…

「ご利益があるかどうかはわからないが、神聖な柱に
傷をつけていることになるので、ご利益どころか
バチが当たる」

というような回答でした。

そして、厳島神社側からは、
「お金を大鳥居に挟むのはやめて欲しい」という
申し出があったんです。

もし、ご利益があることならば、神社側から
そのような申し出が出ることはありませんよね!

こういったことから考えると、
やはり厳島神社の大鳥居にお金を挟むことは
ご利益があることとは言えないでしょう。

スポンサーリンク

厳島神社の大鳥居にお金を挟むのはいつ誰が何で始まった?

では、厳島神社の大鳥居にお金を挟むとご利益がある、
と言われ始めたのはなぜでしょうか?

それはいつ誰が何のきっかけで始めたことなのでしょうか?

真相を探ってみました!!

☆厳島神社の大鳥居にお金を挟むのはいつ誰が
何のきっかけで始めたの?☆

「ハッキリした真相はわからない」というのが
回答になります。

ただ、地元の方の話によると、二十数年前からは
すでに行われていた行為でした。

☆鳥居に関するご利益のお話し☆

実は、厳島神社に限らず、鳥居の柱の穴などに
お金を挟むという行為は結構見受けられます。

しかし、これはやはり神聖な鳥居に
傷をつけているのと同じことなので、あまり良い印象は
ありません。

他にも鳥居にまつわるご利益話があったので、
ご紹介していきます。

・鳥居の上に小銭を乗せる

鳥居の上にお金を投げて乗せることができれば、
願い事が叶う…

これも、やはりご利益はないんです。

同じように石を投げて乗せるという行為も、
ご利益はありません。

☆鳥居以外にもお金を差し込んでいた!?☆

鳥居以外の場所にも、お金を差し込む行為が
見受けられていました。

それは…注連縄(しめなわ)です!!

神社の中にある注連縄部分に、
小銭を差し込んでいる人も結構います。

☆お金はお賽銭箱へ!!☆

神社側としては、お賽銭箱以外にお金を入れられたり、
置かれたりすることは、
「余計な手間が増えるだけ」です。

お賽銭はお賽銭箱へ入れるのが常識ですよね!

特に、厳島神社の鳥居に関しては、

神社側がやめて下さいと言っているのですから、
ご利益はないと考えましょう。

世界文化遺産を傷つけないようにするのが一番です!!

まとめ

いかがでしたか?

厳島神社の大鳥居にお金を挟むとご利益があるのか?
という疑問を持っていたあなたは、
疑問が解決しましたでしょうか?

私は今まで、
お賽銭箱にしかお金を入れたことがなかったので、
今回の内容を知ったときは衝撃的でした!!

正しく参拝することに意味があり、ご利益も得られる
ことでしょう!!

くれぐれも、神社関係者の方々のお仕事を
増やすような行為は控えて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)