餅つきの起源とは?最近の餅つき事情と併せて徹底紹介!

スポンサーリンク

あなたは臼と杵を使って、

餅つきをした経験ありますか?

少し前までは年末最後の行事といえば

餅つき大会でした。

最近では、あまり見られなくなった光景だったりします。

私が最後に餅つきをしたのは、

たぶん保育園だったと思います。

そこで今回は伝統のある行事『餅つきの起源

ついて迫っていきたいと思います。

先に起源をまとめておきますね。

  • 年神様にお供えする鏡餅をつくるために餅つきをした
  • 平安時代から餅つきの文化がはじまった
  • 正月休みをとるため、年末にたくさんの餅をつくるため

では、詳しく書いていきます♪

始まったのは平安時代!?由来は縁起担ぎだった?

スポンサーリンク

餅つきがはじまったのは平安時代と言われています。

歴史の資料には、臼と杵を用いて

餅つきをしたという記録も残っています。

当時の様子をカラーイラストで再現もされています。

日本古来には稲作信仰があり、

稲には「稲魂」「穀霊」が宿っている

神聖なものとされています。

稲から生る米は人々の生命力を強めてくれる食べ物で、

米をついて固める餅や飲料は、

より力が強いと考えられています。

お米を食べるとエネルギーが出ますよね!

そして正月やハレの日にする餅つきは、

1人ではできないため

皆で協力し、喜びを分かち合うという

社会的意義もあるんです。

また餅は、正月などのハレ行事には欠かせない

縁起のいい食材。

元日にやってくる年神様をお迎えするために

お正月には鏡餅を飾るようになりました。

年神様は「年魂」を授けてくれると考えられ

生きる活力を人々は感じていました。

○鏡餅のちょこっと雑学

昔、鏡は神様の象徴でもありました。

手持ち鏡のような丸い形をお餅で表し、

鏡餅と呼ばれるようになりました。

大掃除、門松、しめ飾りなどの一連のお正月行事は

年神様を迎えるために成立したものなんです。

そして元日になり、家にやってきた年神様は

鏡餅に依りつくとされています。

三が日を過ぎたら鏡餅を食べますよね^^

とても縁起のいいことだったのです。

餅つきは、大量の餅を作ることができます。

正月に休みをしっかりとるために、

年末にたくさんの餅をつくっておこう!

という理由も

餅つきするようになった説だとも言われています。

それに、餅は日持ちしますしね。

ちなみに昔のお年玉は、お金ではなくて

餅つきでついた丸い餅を渡していたのです。

そう考えると、やっぱり大量の餅を

年末についておく必要がありそうですよね。

もし子どもに「どうして餅つきするの?」と聞かれたら

私はこう答えようと思っています!

「お正月に飾る鏡餅とお雑煮に入れる丸餅を作るためだよ

丸餅には神様からの元気が入っているんだよ~」

餅つきをしてはいけない日があるってホント?存亡の危機に!?

技術の進歩により

自動で餅つきができる機械が登場してから

臼と杵の人力で行うことが少なくなっていきました。

また地域での繋がりをあまり深くしたくないという人が増え

餅つきのような行事もなくなりつつあります。

日本の伝統行事が一つなくなる危機に直面しているんです!

それに加え、近年では冬場にノロウィルスが流行して

餅つき大会を中止するところも増えています。

餅つきは手に触れる工程が多いから

仕方がないのかもしれませんが…

もし参加される際には、

うがい・手洗い・アルコール消毒」をするといいですよ。

予防することは大切ですからね!

【餅つきには縁起の悪い日があるの?】

そうなんです!

餅つきには縁起の悪い日取りがあるのです。

12月26日

6がつく日に餅をつくと「ろくなことがない」

と避けられています。

12月29日

9がつく日につく餅を「苦餅」と言います。

苦餅→苦持ちとされ29日は縁起が悪いとされています。

ただし、29をフクと読み「福餅」として

あえて29日に餅つきをする地域があります。

12月31日

31日につく餅は「一夜餅」と呼ばれています。

一夜餅が縁起悪い理由

  1. 前日に急いで作るのは失礼
  2. 忙しく準備する様子が、葬式などを連想させる
  3. 一夜では餅が固まらない
  4. 2段に重ねる鏡餅が沈んでしまい縁起悪い

私たちが知らないだけで、いろいろあるんです。

昔は餅つき機なんてないから、

時間がうんとかかったのでしょうね。

逆に縁起の良い日は、12月28日

8は末広がりで横にすると「∞」になるからです。

12月27日、28日、30日に餅つきするのが一般的です。

テレビでよく見る高速餅つきの裏には隠された意味があった!?

餅つきのことを書いていたら

テレビ番組で紹介された高速餅つきを思い出しました!

奈良県にある和菓子屋さんが

臼と杵を使って高速で餅をつくというものです。

技術はもちろんのこと

高速で餅をつく姿には息をのみますよ。

それに高速餅つきはパフォーマンスではなく、

やわらかくてコシのある餅に仕上げるためなのです。

古くから伝わる餅つきの技術を

実際にこの目で見てみたいものです^^

まとめ

餅つきについて書いてきましたが、

いかがでしたか?

日常生活の中では伝統のあるものに触れたり、
見たりすることってなかなかないですよね。

もしかしてと思い、

おばあちゃん家に臼があるか聞いてみました!

家庭用の餅つき機があるくらいで

さすがに臼と杵は持っていないようです。

我が家の物入れにも、ありませんでした。

今年の年末は餅つきをやろうと思ったのに~!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)