ネックレスはつけっぱなしはNG!?心がけるべき注意点とは?

スポンサーリンク

大事な人からもらったネックレス。

自分でご褒美に買ったネックレス。

四六時中つけていたいですよね。

そして、大切にずっと使いたい

出来れば、外したくない

でもネックレスをずっとつけっぱなしに

している事で、ネックレスの汚れや、

あなたの皮膚トラブルの原因になります。

ネックレスの素材によっては、

錆びてしまう事や、

宝石の輝きがなくなってしまいます。

ネックレスのつけっぱなしは、

避けることをおススメします。

ネックレスはつけっぱなしで寝るのは平気?デメリットはないの?

スポンサーリンク

ネックレスをつけっぱなしにしていると、

安心感がありませんか?

寝ている時でも、ネックレスを

つけたままにする事で、守られている気分や

気持ち的にも明るくなりますよね。

でも、就寝中だからこそ、

ネックレスのつけっぱなしが原因で

起こってしまうデメリットがあります。

その原因は、

寝ている時も、人は誰でも、

汗をかきます。

その汗や皮脂によって、

ネックレスの汚れの原因になります。

肌に密着している時間が長い就寝中は、

特に要注意です。

さらに、就寝中は寝返りなどで、

何かに引っかかってしまい、

誤って首を絞めてしまう。

チェーンが切れてしまう。

こんな事もありあなたにとって、

危険なこともあります。

また宝石などついていると、

何かの弾みで取れてしまったり、

失くす可能性も少なからずあります。

ネックレスを身に着けていたい、

大切に使いたいという気持ちをもちつつ

寝るときには外すことを心がけると、

今以上に、

輝きのあるネックレスになるでしょう。

寝るときはネックレスを外すことを、

心がけてみましょう。

お風呂や温泉でもネックレスをつけっぱなしでも平気な素材は?

お風呂に入るときや温泉に入るとき、

大事なネックレスが変色しないのか、

気になりますよね。

そんな時でも心配いらない

ネックレスの素材があります。

温泉では、素材によっては

温泉の成分によって、錆びたり、

変色する可能性が高いです。

また、お風呂へ入浴の場合、

ネックレスの隙間に、

石鹸や小さなゴミ等が入り込み、

錆びの原因や破損する可能性も高くなります。

ゴールドのネックレスは、

純金製だと、錆びにくいです。

そして、劣化や変色はしにくいです。

ただ、ゴールドと

他に何か違う素材が混ざっていると

劣化や変色の原因になりやすいです。

ゴールドのネックレスは純金製に限ります。

私が、温泉やお風呂入浴が

大丈夫なネックレスの素材で、

おススメなものは、プラチナです。

こちらも純プラチナに限ります。

プラチナも変色や劣化がしにくく、

温泉やお風呂でつけっぱなしでも

大丈夫な素材になります。

私はシルバーが特に好きな色で

シルバーとプラチナは色が似ているので、

必ずプラチナを選んでしまいます。

オススメですよ。

ゴールドやプラチナは純正であれば、

温泉等でネックレスを身に着けても

大丈夫な素材ではありますが、

やはり、大切なネックレス。

少しでも不安がある方は念には念をいれて

購入時や、お店などに

問い合わせるのも一つの手ですね。

普段の生活でネックレスをつけっぱなしで注意する点はある?

ネックレスは、乾燥している状態が、

一番好ましいです。

しかし、日常生活では、

顔を洗う、歯を磨く、手を洗うなど、

意外に水を使う機会、多いですよね。

ネックレスにとって、一番の大敵が水です。

日常生活で注意してほしいことは、

水を使ったときにネックレスにも

気を配ってほしいのです。

例えば、手を洗う時に、石鹸を使います。

手を綺麗に洗い、水で流します。

ごく普通にある光景です。

その時に、ネックレスの小さな隙間の部分に、

石鹸や、水が入り込むことがあります。

そのまま放置していると

汚れがどんどん溜まります。

また、

水がネックレスについた状態も危ないです。

しっかりと水を拭き取らないと、

生乾きの状態になります。

そこから、水垢となり、

錆びや、変色の原因へと繋がります。

日常生活で必ず使う水には

十分注意が必要です。

他にも、ネックレスが原因で

皮膚が炎症を起こす場合があります。

日常生活でつけっぱなしにしている場合、

夏場は要注意です。

夏場は、高温になり、湿気も多くなります。

それが原因で、細菌の活動も活発になります。

ネックレスに見えない汚れがあり、

あなたも高温で汗をかきます。

汚れと汗が反応して、

皮膚トラブルが起きやすくなります。

さらにつけっぱなしにしていると、

金属のネックレスであれば

金属アレルギーなど、

アレルギーを起こす可能性が

高くなるのです。

私はスポーツが大好きで、

母からもらったネックレスを、

お守り代わりにつけていました。

その日はとても暑く、

マラソンをしていると首元が痒みとともに、

ヒリヒリと痛みが出てきました。

鏡で見てみると、

首元は真っ赤になっています。

ちょうど、ネックレスの位置だけが赤く、

チェーンの部分も赤くなっていました。

ネックレスをつけていないのに、

赤いネックレスを

つけているように見えるほどでした。

その後、皮膚科へ行き、

軽度の金属アレルギーの診断を頂きました。

それからは、ネックレスを身につけるときは

つけっぱなしにせず、

時間を決めてつけるようにしています。

ネックレスを日常生活で

つけっぱなしにする上で、

注意する部分を気にかけておくと、

トラブルも起こさず

上手く付き合うことが出来ます。

まとめ

ネックレスをつけっぱなしにすると、

意外にもトラブルが多いです。

錆びてしまったり、変色してしまったり。

アレルギーを起こしてしまうことも…。

でも、

しっかりとネックレスのケアや、

つけっぱなしにする上で注意する点を

理解して身につけていると、

色々なトラブルも防ぐことが出来ます。

自分で、ケアすることも必要ですが、

どうしても難しい時には

アクセサリーショップへ行き、定期的に

お手入れしてもらっても良いですね。

ネックレスをつけっぱなしにする上で、

注意することを頭の片隅に置いてもらえると、

ネックレスをつけっぱなしにしても、

トラブルは起きにくくなります。

大切なネックレス。

ずっと大事に使って身につけてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)