出会いと別れの春到来!遠距離恋愛を長続きさせる秘訣ってナニ?

スポンサーリンク

春は出会いの季節と同時に、

別れの季節でもあります。

私も、大学時代に付き合い始めた恋人とは、

就職を機に遠距離となりました。

離れ離れになると、さみしく、なかなか会えずにいるため、

不安が募りやすいです。

あなたも、恋人と会えない間に、恋愛感情がなくなり、

別れを告げてこないか、不安でドキドキするでしょう。

私も、そして恋人も不安や不満はありました。

しかし、現在は結婚して一緒に暮らしていますよ。

遠距離で、別れない為に

私達が気をつけていた事は以下の通りです。

  • 二ヶ月に一回は会いに行くなどと、会いに行く頻度を決める
  • 交替で互いの所へ会いに行く
  • 会った時は仕事など相手に関係ない話を避ける
  • カップル向けの観光スポットにたくさんいく
  • 会えなくても、クリスマスや誕生日などのプレゼントは用意する
  • 忙しくても、おやすみ程度でいいので連絡をする

互いにつらくない程度に、ルールを作る事が大事です。

以下、体験談をもとに詳しくお話しますね。

できる限り会う機会を持つ!秘訣は頻度を決めて交替で会いに行くこと!

スポンサーリンク

二ヶ月に一回は会いに行くなどと、会いに行く頻度を決める

遠距離になる前、どのくらいの頻度で会うか話しあいました。

北海道と東京で、飛行機の距離であり、

お金も時間もかかる距離でした。

月に一回、会えればいい方ですが、

仕事が忙しいのもありますし、お金の面でも厳しいものです。

その為、二ヶ月に一回は会う約束をしました。

距離や仕事でもこれは変わりますので、

お互いちょうどいい回数を話し合って下さいね。

私の場合、二ヶ月に一回は問題ないのですが、

私が連休をあまりとれない為、そこでぎくしゃくしました。

相手は祝日もしっかり休める人で、

連休には来てくれました。

しかし、私から行く時は一泊二日がほとんどで、

「全然会えないね」と恋人に愚痴られた事もあります。

仕事上、どうしようもの無いものですし、

理解してほしかったと、こちらも不満が募りました。

なるべく前日は仕事を定時に終わらせて、

その日から会いに行くなど

工夫をして乗り越えましたが、大変でした。

その為、あなたはもし恋人が連休が取れない人の場合、

理解して、回数の調整をして下さいね。

会えない分、不満が募ると、

別れにつながりやすくなりますよ。

交替で互いの所へ会いに行く

これは、回数より重要です。

お金も面もありますが、

何より、向こうは会いに来てくれず、

自分ばかり会いに行くと、一方通行で不安になりますよね。

「私だけ、会いたいのではないか」

「向こうは会わなくても平気なのではないか」

と、不安になってしまうのです。

仕事などの関係で仕方ない場合もありますが、

可能な限りは、互いに会いに行きましょう。

難しい場合は、会いに来てくれた恋人に感謝し、

会えてうれしい事をしっかり伝えましょう。

会った時は仕事など相手に関係ない話を避ける

相手が気になって聞いてきたり、

聞きたがってそうでない限りは避けましょう。

せっかく二人で会っているのですから、

二人共通の話題にして、デートを楽しみましょう。

カップル向けの観光スポットにたくさんいく

久しぶりに会うと、照れくさくて、

素直になりにくいものです。

そこで、恋人がよく行く、デートスポットを訪れて、

思い切り楽しみましょう。

喧嘩したり、連絡が途切れがちになったりと

ぎくしゃくした場合でも、

雰囲気にのまれて、仲の良かった頃の雰囲気を

楽しみやすくなります。

素直になりにくいものですが、

素直にさみしい、不安などを共有することも大切です。

言わなければ、上手く伝わりにくいものです。

そのためにも、雰囲気作りも重要です。

次に、プレゼントや連絡についてお話しますね。

結構重要!?実際に会えなくてもプレゼントや毎日の連絡は欠かさずに!

会えなくても、クリスマスや誕生日などのプレゼントは用意する

イベントごとに、必ず会えるわけではありません。

むしろ会えない時の方が、遠距離ですと多いでしょう。

会えなくても、恋人らしく電話をしたり、

プレゼントを用意したり、

繋がりが途切れないようにしましょう。

もし、恋人が他の異性にアプローチを受け、

プレゼントももらっていたら…

プレゼントがもちろんすべてではありませんが、

連絡が途切れてしまう人よりも、近くにいて会える人に

惹かれてしまう恐れもあります。

相手が喜びそうなものをプレゼントしましょう。

忙しくても、おやすみ程度でいいので連絡をする

なるべく毎日連絡は取っていました。

電話は休みの日で予定がない時しかしていませんが、

メールやSNSで毎日連絡していました。

一時期、あまりにも忙しすぎて、

おはようと、ただいま家に着きました、おやすみしか

連絡出来ない時もありました。

その時は忙しさのあまり、とても気持ちもふさぎこんでおり、

恋人にも連絡が消極的でした。

消極的な事に恋人から文句を言われた事もありますが、

それだけではありませんでした。

話したくなったら話してほしい、いつでも聞くと、

私のタイミングで仕事の愚痴を言いやすくしてくれていました。

もし、あの時、連絡を毎日しなくなっていたら、

結婚出来ていなかったでしょう。

相手が忙しくて、連絡が少なめだったら、

忙しくない時には電話をする、

相手が辛い時に支えになってあげる事が大事です。

まとめ

遠距離となると、なかなか会えず、

別れてしまう事もあるでしょう。

しかし、遠距離だからこそ、

連絡や会える時間を大切にして、

相手を思いやりましょう。

信頼関係が強まることだってあるのです。

そのためにも、互いに無理せず、

体調や精神面を支えてあげましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)