ホワイトチョコの代用として白の色合いになる物は?どんなやり方?

料理
スポンサーリンク

お菓子作りってとても楽しいですよね。

わたしはよく子どもとクッキーなどの

簡単なお菓子をいっしょに作っています。

 

丸めたり混ぜたりするのはとても楽しいですが、

デコレーションしたりドッピングする工程も楽しいですよね。

 

仕上がりの色合いを考えて

材料を選ぶことも多いのではないでしょうか。

 

白の色合いを入れたいと思ったけれど、

ホワイトチョコは好きではない。

もしくは、お子さんが食べるものだから

チョコレートはなるべく使いたくない・・・

 

そんなときにホワイトチョコの代わりに

白の色合いを出せる物があるのでご紹介します。

 

それは『マシュマロ』です。

 

実際の使い方は、

 

  • そのまま生地に混ぜる
  • フロスティングする
  • マシュマロフォンダンを作る

 

がおススメです。

 

 

これからマシュマロをどのように

ホワイトチョコの代わりとして使うのか

やり方を詳しく解説していきます。

 

ぜひマスターして、お家で試してみてくださいね!

 

 

ホワイトチョコの代用になる物や方法は?

スポンサーリンク

 

お菓子に白い色合いを入れたいとき、

ホワイトチョコの代わりには

マシュマロを使うことができます。

 

では、どのようにマシュマロを使うといいのか

具体的な方法を3つご紹介します。

 

 

そのまま使用する

 

マシュマロはそのまま食べることができるので、

スコーンやクッキーの生地にそのまま混ぜ込むことで

白の色合いを出すことができます。

 

ホワイトチョコと相性のいいココアや抹茶のスコーンは、

マシュマロを代わりに入れてもよく合いますよ。

 

 

フロスティング

 

ケーキやクッキーの上にかけてアクセントにしたいときは

マシュマロを溶かしてかける「フロスティング」がおすすめです。

 

マシュマロに牛乳とバターを加えて火にかけ、

クリーム状にしてクッキーなどにかけるだけです。

 

こちらのレシピが参考になります。

とろふわ*絶品のマシュマロカップケーキ by ゆきちょー
しっとりチョコスポンジにふんわりとしたマシュマロファッジクリームが相性バッチリ!計量して混ぜるだけの簡単レシピです。

 

 

マシュマロフォルダン

 

デコレーションやトッピングをしたいときに

最適なのは、マシュマロに粉砂糖を加えて溶かして作る

「マシュマロフォンダン」です。

 

材料はマシュマロ、粉砂糖の2つだけです。

 

マシュマロ1に対して

粉砂糖は2倍から3倍の量にしてください。

 

作り方は

 

・マシュマロを水でしっかり濡らす

・濡らしたマシュマロをレンジでチン

・ヘラで混ぜて、粉砂糖を少しずつ投入

・粘土くらいのかたさになったら手でこねる

・耳たぶくらいのかたさになったら完成!

 

です。

 

これを冷蔵庫で30分ほどやすませます。

 

その後、好きな形に整えたり、型抜きでくり抜き

クッキーやカップケーキに乗せれば、

白の色合いを活かしたかわいいお菓子の出来上がりです。

 

 

こちらのサイトにわかりやすく載っています。

参考にしてみてくださいね。

マシュマロフォンダン ミニカップケーキ by ねむねむごりちゃん
マシュマロフォンダンを作って、カップケーキに被せてデコしちゃいましょう。ポワンとしたフォンダンがとても可愛いです。

 

 

ホワイトチョコを代用する場合にどれくらい費用や手間が掛かるの?

 

マシュマロは製菓専門店ではもちろん、

スーパーでも手軽に買うことができます。

値段は100gで100円から200円ほどです。

 

フロスティングを作る場合は

さらに牛乳とバターが必要になります。

 

しかし必要な量はそれほど多いわけではありませんので、

牛乳とバターの分は数十円です。

 

フロスティングを作る場合は

だいたい200円ほど費用が掛かります。

 

マシュマロフォンダンを作る場合は

粉砂糖が追加で必要です。

こちらは100gで100円ほどです。

 

つまりマシュマロフォンダンを作る費用は、

マシュマロ100g分でおおよそ250円くらいです。

 

 

ホワイトチョコは100gで

200円から300円ですので、

代わりにマシュマロを使っても、

だいたい同じくらいの費用になります。

 

費用の負担が増えないのは

うれしいポイントですね。

 

 

マシュマロをホワイトチョコの代わりに使うことで

手間がかかるのかどうかも気になるところですよね。

 

マシュマロをそのまま生地に混ぜて使う場合は、

手間はほとんどかかりません。

 

マシュマロが大きい場合は、

適切な大きさに切る必要があるくらいでしょう。

 

 

フロスティングの場合は、

鍋で火にかけて溶かす必要があります。

 

しかし、すべての材料を入れて火にかけるだけですので

5分ほどでできます。

 

手軽にできるのがうれしいですね。

 

 

マシュマロフォンダンは溶かして

粉砂糖と一緒にこねる必要があり、

一番手間はかかります。

 

フォンダンを作る時間は

だいたい15分くらいの時間をみておけばいいでしょう。

 

マシュマロフォンダンができたあとに、

型抜きや飾りつけを行うので仕上がるまで

さらに時間がかかることになります。

 

 

型を抜いて、ケーキやクッキーに乗せるだけであれば、

それほど手間はかかりませんね。

 

フォンダンで飾りつけを豪華にしたい場合は、

型抜きをいくつもしたり、手で花を形成したりする必要があり、

手間も時間もかかります。

 

 

豪華なデコレーションはちょっと手間がかかりますが、

その分アレンジしやすく、見た目も美しいです。

特別な日の贈りものなどに良いですね。

 

 

まとめ

 

スイーツ作りにおいて、ホワイトチョコを使わずに

白い色を使いたいときは、

「マシュマロ」を使いましょう。

 

  • そのまま生地に混ぜる
  • フロスティングする
  • マシュマロフォンダンを作る

 

以上の3つの方法をご紹介しました。

 

 

時間やお金をかけずに手軽に作れるのは、

そのまま生地に混ぜ込むことです。

 

ほんの少し材料と手間を足すことで、

フロスティングを作ることができます。

 

そのまま混ぜるときとは違った食感を楽しめます。

 

手間は掛かるけれどもアレンジしやすく

特別感があるのはマシュマロフォンダンです。

季節のイベントやプレゼントにも喜ばれそうですね。

 

 

イメージしたお菓子に合う方法を選んで、

試してみてください。

 

お菓子作りは出来上がって食べるのはもちろん楽しいですが、

どんなお菓子を作ろうかなと考えたり、

出来上がりを想像しながら作るのも楽しみのひとつですよね。

 

ホワイトチョコが使えないときやお家にないときは、

ぜひマシュマロを代わりに使った

スイーツを作ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました