マンションの騒音で苦情を入れる際に手紙で伝える時の注意点は?

スポンサーリンク

マンションの騒音に困っている場合、
どのように相手に伝えればいいか、
悩んでしまいます。

言い方によっては、
相手を逆なでし逆上される恐れもあります。

こちらが迷惑をしているのに、
逆ギレされるなんて、
なんて理不尽だと思います。

マンションの騒音問題は、
実際には、人と人との問題になってきますので、
どこからが騒音になるのか、判断が難しいです。

騒音を起こしている人は、
騒音とは思っていないかもしれないですし、
他の部屋にどういう音が聞こえているのかは、
分からないでしょう。

騒音を起こしている人全てが、一度注意をしたら
改めてくれるような人ならいいのですが、
そんな事はあり得ません。

では、どのように伝えるのがいいのでしょうか。
直接言うのがいいのか?
手紙で気持ちを文面に表した方がいいのか?

今回は手紙で伝える方法について紹介いたします。

マンションの騒音で苦情を入れる際に手紙で書く具体的な内容は?

さて、実際に手紙で騒音の苦情について
伝える事にした場合、
どんな内容を書くのがいいでしょうか?

最初から、私は怒っている!と
威圧的な書き方をするのは、
オススメ出来ません。

誰だって威圧的な態度で来られたら、
嫌な気持ちになりますよね。
さらに反発心が芽生える事もあります。

最初は、下手に出て、
丁寧な文面を心がけた方が、
相手も受け入れてくれやすいです。

そして、要点を分かりやすくまとめるべきです。

例えば、何時頃のどういった騒音で困っているか、
具体的に書いた方が分かりやすいです。

お子さんの走り回る音がうるさい事や、
楽器を演奏している音がするなど、
具体的に書いた方が、
相手は日常のどういった音が騒音になっているのか、
理解しやすいです。

具体的な騒音の原因が書かれていないと、
どの音が騒音になっているのか分からずに、
神経質になってしまいますからね。

要点をまとめて、なるべく丁寧な言葉使いを心がけ、
簡潔にまとめるようにしましょう!

スポンサーリンク

マンションの騒音で苦情を入れる際に手紙で書くメリットは?

マンションの騒音の苦情をまず手紙で出す場合、
どんなメリットがあるか紹介いたします。

まずは、手紙ですと、
文面をじっくり考えて書く事が出来ます。

ですので、直接話をしに行って
感情的に話してしまう心配はありません。

人はどうしても、会って直接話すと、
冷静になれない場合があるので、
まずは、手紙からというのは有効的です。

手紙は内容もゆっくり考える事が出来るので、
自分の言いたい事が伝わりやすいですね。

その他のメリットでは、
匿名で出す事が出来る点です。

直接苦情を言いに行くと、
どこの住人か分かってしまいますが、
手紙ですと、自分が名前を明かさない限り、
相手に誰が差し出したか分かりません。

万が一、手紙を読んで、
逆上されて、嫌がらせをされても困るので、
手紙は匿名で出すのがオススメです。

苦情を書いているので、
自分的にも名前は明かしたくありませんよね。

最近は、隣人の騒音トラブルで、
様々な事件が起きています。

自分が事件に巻き込まれない為にも、
対処には十分に気をつけましょう。

ポストに手紙を投函する際には、
人のいない時間を選び、
誰かに見られないよう注意が必要です。

ポストに匿名で投函出来るのは良い点ですが、
実際にいつ読んだのか、
読んでもらえたのか分からないのが、
悪い点です。

まとめ

マンションの騒音トラブルは、難しい問題です。

まずは、管理会社に言って対策をしてもらうのか?
自分で何らかの行動を起こすのか?

自分だったら何より逆恨みが恐いので、
直接話に行く事は出来ないです。

自分で行動を起こしやすいのは手紙の方ですね。
匿名で出来る点は大きいです。

しかし、いくら匿名で出すと言っても、
ポスト投函する際に、
誰かに見られないか注意しましょう。

悪い事をしているわけではないのに、
悪い事をしているような感覚ですね。

なので、私の場合、まずは、
管理会社へ相談することも検討しましょう。

管理会社によって対応が違うようですが、
こちらの名前は出さずに対応してもらえるので、
安心です。

管理会社の対応によっては、
全く効果がない場合があるので、
その場合はまた別の方法を考えるしかありません。

他の部屋がうるさい時にやってしまいがちなのですが、
天井をつついたり、
壁を叩く行為はしてはいけませんね。

私はしていた派なのですが、
相手が不快な気持ちになり、
反発して余計に騒音が悪化する事があります。

確かに、壁を叩かれた方は、
いい気分はしていませんよね。

友人の家にいる時に
隣人から何回も壁を叩かれた事がありました。

どうやら話し声がうるさかったようです。
友人はいつも叩かれると慣れていましたが、
私は一体どんな人が住んでいるのかと恐怖でした。

人の感じ方によっては、
そういった印象を与える場合があります。

なるべく穏便な解決をする為にも、
威圧的な行動はしないようにしましょう。

マンションの騒音トラブルの解決対処法は、
色々な選択が出来ます。

今回は手紙での苦情の入れ方を紹介しましたが、
それだけにこだわらなくても良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)