マンションの隣の部屋からの騒音を録音する時にオススメの方法は?

スポンサーリンク

マンションや賃貸での騒音被害で悩んでいる方は、
多いのではないのでしょうか?

自分が1階に住んでいた時に、
2階の人の生活音がうるさくて
やきもきしていました。

特に夜間の大きな物音は、
時間を考えて欲しいと思います。

逆に、自分が最上階に住んでいた時は、
他の住人の生活音を気にする事なく、
快適に生活していました。

もしかしたら、下の階の住人は
生活音がうるさいと感じる事が、
あったかもしれません。

自分では気付いていないうちに、
騒音被害を与えている可能性があります。

たまに、うるさい位なら、
お互い様と思えるかもしれませんが、
毎日の事となると、そうは思えなくなります。

騒音は我慢出来ないので、
解決したいけど、出来るだけ、
近所の住人とのトラブルは避けたいですよね。

今回は、隣の部屋からの
騒音トラブルについて録音することについて
紹介いたします。

マンションの隣の部屋からの騒音を録音するのにお金をかけない方法

マンションの管理会社や警察に、
隣室からの騒音を分かってもらう為には、
実際に騒音を聞いてもらう必要があります。

ですが、実際にうるさいなと感じる時は夜が多いですし、
立ち会ってもらうのは難しい事が多いです。

ですので、騒音の録音をしておけば、
それを証拠として、
現状を知ってもらう事が出来ます。

まず手っ取り早く行えるのは、
携帯での録音です。

しかし、携帯ですと性能が良くないので、
あまり音が拾えない事が多いです。

あとはビデオカメラをお持ちの方は、
一度騒音の音が拾えるか
撮影してみてもいいでしょう。

せっかく録音しても、
騒音被害が分かってもらえないのでは、
意味がありません。

どういった機器での録音がいいかと言いますと、
ICレコーダーです。
安い物ですと、2000円台から購入出来ます。

証拠として提出する場合、
SDカードが入る物ですと、
提出しやすいのでオススメです。

また、どれくらいのレベルの騒音なのかは、
録音した音だけでは、
判別がなかなか難しいです。

そこで、騒音計がどのレベルを指しているのか
証拠として残すのがいいでしょう。

騒音計はスマホのアプリでもあります。

そちらの性能が心配なようでしたら、
小型の騒音計が1000円台から購入出来ます。

騒音計は、各自治体で貸し出しを行っている所もあります。
お住まいの自治体に問い合わせてみて下さい。

動画が撮れるようでしたら、
騒音と騒音計の画像どちらも撮ることが出来、
どの程度の騒音が起きているのか、
分かりやすく説明出来るでしょう。

スマホのアプリで、
無料のアプリなら気軽にお試ししやすいですね。

自宅での生活音が、どの程度のうるささなのか、
試しに計測してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

マンションの隣の部屋からの騒音を絶対に録音するとっておきの方法

さて、実際に録音する時ですが、
準備が出来ておらず、
タイミングを逃してしまってしまう事もあります。

方法としましては、
いつでも録音出来るように
手元に準備しておくのがいいのですが、
なかなか難しいです。

あとは、
録音機器の録音可能時間によると思いますが、
騒音が起きそうな時間に
録音をずっとしておくといいでしょう。

騒音が起きている壁際に、
録音機器を貼り付けて録音するのが、
音を拾いやすいのでオススメです。

また床などの平面に、
マイク部分を付けて置くのも
音が拾いやすいです。

エアコン、冷蔵庫、換気扇、扇風機の近くでは、
音が拾いにくいので
電源を落とすなどして対策しましょう。

録音するだけの事なのですが、
騒音がいつ起こるか分からないので、
一日で録音出来なくても諦めないで下さい。

騒音が録音出来るまで、
気長に頑張りましょう。

まとめ

騒音被害に遭っていて、
音を録音したいと思っていても、
簡単ではありません。

ちゃんとした騒音を録音したいなら、
ICレコーダーや騒音計が必要ですし、
多少費用はかかってしまいます。

ですが、
住んでいる場所の騒音のストレスが相当ひどいと
毎日イライラし続けてしまいます。

住んでいるうちに、
気にならなくなってくる場合もありますが、
一度気になると、ずっと気になってしまいます。

自分が持っている機器で、
録音しても思うように音がとれないのなら、
専用の機器の購入を
検討してみた方がいいでしょう。

残念ながら、
騒音の録音をしたからといって、
必ずしも騒音が改善するわけではありません。

ですが、証拠があるかないかで
管理会社や大家さん、警察への説得力が
断然ちがいます。

また友人など第三者に
一度騒音を聞いてもらうのもいいでしょう。

他の人が聞いたら、
自分の気にしすぎと言うこともありえます。

はじめにも言いましたが、
相手は自分が騒音を出して迷惑をかけているとは、
気付いていない場合もあります。

ですので、録音を聞いて騒音で迷惑をかけている事に、
気付くきっかけになるといいですね。

近所の住人とトラブルになると
ギスギスした関係で住み続けるのは辛いので、
なるべく穏便に解決しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)