結婚式での靴の選び方男性ゲスト編!知らないとマナー違反に!?

スポンサーリンク

友人や、会社の同僚などの知り合いの結婚式。

お祝い事なので、参加したいけれど
結婚式のマナーが、
よくわからないことってないですか?

女性であれば、振袖・留袖・ドレスなど
着るものからして異なるので
イメージしやすいですが

男性は、基本的にはスーツに革靴と
バリエーションが少ないので
明らかなマナー違反などが
分かりづらいですよね?

しかし、社会人としてマナーに反する服装で
結婚式に参加するのは避けたいものです。

今回は、結婚式に参加するにあたり
特に足元、靴の選び方について
ご紹介していきます。

結婚式に参加する際の靴でNGな例とは?男性ゲスト編

せっかくの晴れやかな舞台ですので
出来る限りオシャレな格好をしたいですよね?

そして、オシャレと言えば足元から。

そうすると、靴の選び方が大事になりますが
結婚式で好ましくない靴というのがあるので
注意が必要です。

ここでは、好ましくない靴を
ピックアップしていきます。

まず、白や赤、明るいブラウン等の
非常に目立つ色の靴です。

おめでたい席で気分も楽しくなるので
明るい配色をしたくなる気持ちはわかります。

しかし、結婚式のメインは
あくまでも新郎・新婦です。

この、メイン二人よりも目立つ足元の配色をする
というのは周りから白い目で見られがちですし
マナー違反と判断されても仕方がないことと言えます。

次に、華美な装飾のされた靴です。

革靴であれば、つま先にホール加工をして
オシャレな模様が描かれている靴がありますが
これも、悪目立ちしていると思われる要素です。

そして、クロコダイル柄や
アニマル柄といった靴です。

結婚式の場にそぐわない格好として
殺生を連想させるものの着用
というものがあります。

そのため、結婚式の格好では、
毛皮や露骨な皮革製品は
マナー違反という考えになります。

クロコダイル柄や、アニマル柄は
この殺生をイメージさせる
というのに当てはまるので

こういった柄の靴は
履かないようにしましょう。

最後に、結婚式の場では
基本的にフォーマルな装いが好まれます。

そのため、オシャレなデザインで、
色も黒で落ち着いたデザインだとしても、
ブーツカットの靴も好まれないので
注意が必要です。

スポンサーリンク

結婚式に参加するときにオススメの靴は?男性ゲスト編

では、具体的に
どのような靴が好まれるのでしょうか?

基本的に考えるならば、
先程挙げたNG例の逆の靴を用意すれば
間違いありません。

まず、色についてですが
フォーマルな色として黒が思い浮かぶでしょう。

ここで、黒しかダメなのか?
と思われることがあるのですが
黒が最も無難な色ということだけであるので
落ち着いた上品な色の茶色などであれば
一味違う足元を演出できるでしょう。

そして、つま先のデザインは
シンプルな物を選びましょう。

紐靴であるというのも大事なポイントになります。

ストレートチップや
プレーントゥと呼ばれるものが
一般的に好まれます。

ですが、他の要件に比べ
マナー違反とされることが少ないので
ここで、オシャレに差をつけるのが
良いのではないでしょうか?

注意していただきたいのは
メダリオンと呼ばれる、
ホール加工したデザインは
カジュアル過ぎるので、
結婚式には不向きです。

最後に、通常のローカットの、
一般的な生地デザインの
皮革で作られた靴を選ぶようにすれば
完璧です。

では、具体的に、
どのような靴が好まれるのか
参考例をご紹介します。

好まれる具体例

好まれる例

↑は、
ウィングチップと呼ばれるデザインです。

今回ご紹介するデザインの中では
最もカジュアルなデザインです。

配色は黒で落ち着いていますし、
紐靴であるので
他の条件は問題なくクリアしています。

職場の関連での出席や、
友人代表スピーチといった
ある程度のフォーマルさを要求されないような場合であれば
充分選択肢に入れることのできるデザインです。

NGな具体例

NGな例1

NGな例2

これらのように、メダリオンがついていたり
紐靴でなかったり、色が落ち着いた色でなかったり
というような靴は、
結婚式では向かないので注意しましょう。

まとめ

普段あまり意識しない革靴ですが
TPOに合わせて靴を選ぼうとすると、
いくつかの注意点があります。

そういった注意点を抑えることのできる男は
魅力的に見えるものです。

オシャレに気を囚われず
場をわきまえた靴のチョイスをした上で
オシャレな足元を作りだし
一つ上の、できる男を演出しましょう!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)