再婚する時の結婚式で招待客はどれ程呼ぶの?ケースにより異なる!?

スポンサーリンク

再婚をする際、
結婚式や披露宴は気が引けてしまう
という声をよく聞きます。

初婚の際にしっかりと
結婚式・披露宴を挙げていた場合は
再度同じ方に招待客として声を掛けづらい、

子供がいる場合は子供への配慮を考えてなど
気が引けてしまう要因は様々あると思います。

以前は再婚だと
籍だけを入れるカップルが多かったですが
最近ではしっかりと式を挙げるカップルも
増えてきています。

二人の新たな門出に大切な思い出として
結婚式・披露宴を挙げるカップルは
初婚の際とは違った配慮が
必要な場面もあります。

そこで今回は
再婚する際、結婚式の招待客は
どれ程呼ぶのが良いのか
紹介いたします。

再婚同士とどちらかが初婚かで結婚式の招待客は異なる!

再婚カップルといっても、
状況はそれぞれのカップルによって違います。

再婚同士のカップルもいれば
どちらかが再婚でどちらかが初婚
という場合もあります。

両家の了承も得て結婚式を挙げる事になっても
式は親族のみで行うべきか、

1度目の結婚で招待した方たちを
再度招待しても良いのかなど
悩みは尽きないものです。

カップルの状況によって異なりますので
状況別に一つ一つみていきましょう。

再婚同士の場合

再婚同士のカップルは
親族のみで簡単に済ませる場合が多いです。

やはり

「2度も結婚式に招待するのは申し訳ない」

という気持ちが大きく、
結婚式をお披露目の場ではなく2人のけじめ
として考えているカップルが多いです。

その為、親族にだけ見守っていただき
式を挙げるケースが多くなっています。

また、お互いの親族のみだけで挙式を行い
披露宴はせずに食事会だけで済ませるパターンも
増えてきています。

招待客がいる場合でも、
会社の上司・同僚・近しい友人など
小規模で行うケースが目立ちます。

どちらかが初婚の場合

新郎もしくは新婦のどちらかが初婚の場合は
初婚同士の結婚式とほぼ同規模で
行われるケースが多いです。

特に新婦が初婚の場合は簡単ではなく
きちんと式を挙げたいと思う気持ちが強く、
新郎側も「私は初めての結婚なんだから!」
と言われると従わざるを得なくなっているようです。

反対に新郎側が初婚の場合でも
家柄や地域的に結婚式文化が根強い場合、
社会的立場が高い場合など
盛大に行うことも少なくありません。

どちらかが再婚の場合、
再婚側は親族だけというケースもあります。

両家で人数のバランスが取れず、
考えた結果、結婚式・披露宴を
断念してしまうカップルもいます。

しかし、たとえ
両家のバランスが1:9になったとしても
お二人を心から祝福してくれる招待客であれば
内容の濃い式になることは間違いありません。

再婚だから規模を小さくしなければいけない
という決まりもないので

お互いの気持ちや周りの状況を考慮した上で
決定するのが良いでしょう。

スポンサーリンク

再婚の結婚式ではご祝儀はあり?なし?会費制がいい?

一度目の結婚の際にご祝儀をいただいていると
二度目の結婚の時にもいただくのは
気が引けてしまいます。

お金の問題は後々トラブルになっても嫌ですし、
こちらもケース別にみていきましょう。

ご祝儀をいただかない

二度もご祝儀をいただくのは申し訳ないので
今回はご祝儀をいただかないと
お二人で決めた場合は、
事前に結婚式の招待状の最後に

「お祝いは結構です。」

というような文言を加えてお知らせしましょう。

しかし、このようにお知らせしていても
当日ご祝儀を持参してくれる方がいた場合は
ありがたく受け取るようにしてください。

頑なに拒否するのは失礼に当たります。

ご祝儀をいただかないと決めた以上、
結婚式の費用は全額自己負担となりますので、
よく考えて決断しましょう。

会費制にする

新郎新婦からお祝いを遠慮されても、
ほかの人はご祝儀を用意するのかな?
いくら包むのかな?
など不安に思う招待客も多くいるでしょう。

そこで招待客への配慮の意味を込めて
会費制にしているカップルも多いです。

会費制の金額は会場によって異なります。

最近ではレストランで
結婚パーティーができるプランが
増えてきているので
そちらを利用してみるのも良いでしょう。

レストランウェディングだと
5,000円~1万円で対応してくれる所もあります。

ホテルでのパーティーとなると
レストランよりも値段があがり、
2万~3万円とご祝儀と
あまり変わらない金額になってしまいます。

できれば招待客の負担になるような金額は
避けたいものです。

内祝いやお返しを高価なものにする

再婚といっても、おめでたい事なので
ご祝儀はいただいても良いものです。

しかし、再婚だから・・と
遠慮が出てきてしまう気持ちもわかります。

そういう場合はお返しを多くする、
もしくは高価なものにするなど
してみてはいかがでしょう?

どちらかが初婚の場合は、
初婚の結婚式のやり方で問題ありません。

まとめ

結婚式や披露宴を挙げると
本人たちの希望や両家、
参列してくださる全ての方が喜べるものに
したいですよね。

そうなると色々な状況を考慮しなければいけないので
疑問や悩みが次々とでてきます。

最近では再婚の結婚式も増えていますし、
大規模・小規模など新郎新婦の希望に
寄り添ってくれるプランが豊富にでてきています。

良いプランナーさんに巡りあい、
経験豊富なプランナーさんからアドバイスを参考に
してみるのも良いと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)