知らぬ間に育児ノイローゼ!?専業主婦の子育て疲れのリフレッシュは?

スポンサーリンク

子育ては大変なことが多いですよね。

子供のお世話に加え、
家事もしなければならないので
予想以上の忙しさ疲れてしまい、
育児ノイローゼになってしまうお母さんも
少なくありません。

子育てをしていく上で、
お母さんがリフレッシュする時間はとても大切です。

今回は子育て中のお母さんの
疲れやストレスを解消する方法と、
私が実際にやっていたリフレッシュ方法を
ご紹介します。

子育てで育児ノイローゼになる前に疲れをリフレッシュ

子育ては楽しい一方、
ストレスや疲労もたまります。

寝不足など肉体的疲労はもちろん、
子供が言うことを聞かなかったりと
精神的な疲労もたまりがちです。

お母さんは毎日24時間
子供のお世話をしなければならないので
お休みがありません。

特に、1人目で初めての子育ての場合、
わからないことだらけなので
不安や心配事がたくさんありますよね。

ストレスや疲労を溜め込んだまま子育てをしていると、
育児ノイローゼになってしまうこともあります。

そうならないためにも、
適度に息抜きをしてリフレッシュすることが
とても大切です。

たまには子供を預けて1人で思いっきりリフレッシュ!

ずっと子供と2人きりの状態だと、
自分の時間が欲しい!と思いますよね。

今は昔みたいに家族だけでなく
親戚近所みんなで子育てをする!
ということは少なくなっていて、
夫婦2人で子育てをしている方も多いです。

その場合、
仕事で家を空けることが多い夫の代わりに、
お母さんが1人で家事や育児をすることになります。

そういうときは、
お父さんでも両親でもいいので
子供を誰かに預けて
自分だけの時間を作ってみてください。

趣味に時間を使うのもいいですし、
少し遠出して買い物に行くなど、
好きなことに時間を使うことによって
心身ともにリフレッシュすることができます。

身近に頼れる人がいない場合は、
一時保育やファミリーサポートなどの機関を
利用するのがいいでしょう。

私もきつい!つらい!と思うようになってきたら、
実母や夫に子供を預けて映画を見に行ったり
美容院に行ったりしていました。

最初は開放感でいっぱいになるのですが、
不思議と時間が経つにつれ
子供のことが気になり始めてしまいます。

今、何してるかな?泣いてないかな?と
子供のことばかり頭に浮かんでくるのです。

子供に会いたくなって予定より早く帰ってしまう
なんてこともありました。

1人は気楽でいいな、と思うのですが、
やっぱり子供がいないと寂しい!
と早く帰ったりしているうちに、
自分も子供を大切に思う母親になったんだな
ということを再認識しました。

適度にリフレッシュすることによって
子育ても楽しくできるようになりますので、
つらい!と思ったら我慢せずに
まわりを頼ってみてくださいね。

スポンサーリンク

家でもできる!子育ての疲れをリフレッシュする方法

子供を預けてお母さんだけの時間を作るものいいですが、
家でできるリフレッシュ方法もたくさんあります。

子供が寝た後に好きな映画やドラマを見たり、
漫画や本を読んだりと家にいても
1人の時間を作るようにすると
リフレッシュになります。

いつも頑張っている自分へのごほうびに、
おいしいケーキにおいしいお茶で
ティータイムを楽しむのもいいですね。

私は食べることが大好きだったので、
制限をしつつ好きなものを食べていました。

食べることでストレス解消になりますが、
母乳育児をしているお母さんは
脂肪質のものを食べ過ぎると母乳の質が落ちたり、
乳腺炎になってしまう場合があります。

そんなときは和菓子を少し食べるようにしたり、
乳腺炎を防ぐ効果のあるハーブティーを
一緒に飲むようにするといいですよ。

甘いものはストレス解消にとても効果がありますが、
食べるときはあまり食べ過ぎないように
注意してくださいね。

話すことができない子供と2人きりで家にいると、
会話も一方通行になりますし、
たまには思いっきりおしゃべりしたい!
と思うお母さんも多くいます。

誰かと話す機会がない、というお母さんは
電話でもいいので誰かに話しを
聞いてもらうといいでしょう。

実母や夫に今日あったことや子供の成長を話したり、
友達と他愛のない話をしたりするだけで
ストレス解消になります。

また、子供と一緒に身体を動かすことが
リフレッシュになることもあります。

子供を連れて散歩に行くものいいですし、
一緒に体操をやるのもいいですね。

散歩は手軽にできますし、
外の空気を吸うと気分が晴れ晴れとしてきます。

一緒に身体を動かしていると
お母さんのリフレッシュになるだけでなく
子供も喜んでくれます。

私も家にこもりがちだな、と思うと
散歩に出かけていました。

子供をベビーカーに乗せて
のんびりと歩くことが多かったです。

季節によっては桜やひまわりなどの花を見に行ったり、
普段行かないちょっと遠くの公園まで
足を伸ばしてみたりなど
自分の無理のない範囲で散歩を楽しんでいました。

また、幼児番組を一緒に見て
体操を一緒に踊ったりもしていました。

普段1人だと恥ずかしそうに踊る子供も、
お母さんと一緒だと楽しそうに踊っていました。

親子でできる体操などもたくさんありますので、
気になった方は調べて挑戦してみてくださいね!

まとめ

いくつかお母さんのリフレッシュ方法を
ご紹介しましたが、いかがでしたか?

疲れたなんて弱音を吐いてはいけない!
と思っているしまうお母さんも多いですが、
母親にだってお休みは必要です。

毎日家事や育児を頑張っているお母さんは
とても立派ですが、無理をして
あまり自分を追い込みすぎないでくださいね。

子供や家族がみんなで楽しく過ごすには、
お母さんが元気でないと始まりません。

忙しくて自分の事は後回しにしがちですが、
たまには子供のことだけでなく
お母さん自身のことも考えて、
楽しく子育てをしてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)