マンションに引っ越してから熟睡できない30歳主婦に改善策を紹介!

スポンサーリンク

楽しみや心配を抱えながら始まった
マンションでの生活。

疲れているはずなのに
熟睡できなくて困っていませんか?

睡眠が妨げられるのは
普段の生活にも影響がでてしまいますよね。

今回は、
マンションに引っ越しをしてから熟睡できない
あなたに向けて改善策をまとめました。
ぜひ、参考してください。

マンションに引っ越してから熟睡できない原因は?

疲れているはずなのに
熟睡できないと本当に辛いですよね。

熟睡できない原因はさまざまあります。

その中でも、

・マンションで生活をすることが初めてでまだ慣れていない
・真夜中に隣人の物音がうるさい
・目の前が道路で車通りが激しい
・住む階が上階のため気圧の変化で眠りが浅い

原因となる例をあげましたが、
心当たりはございませんか?

引っ越しをする前に
部屋の間取りや立地条件を確認していても
実際に住んだ後から
気づくことがありますよね。

不動産屋の方も
良いところ悪いところを教えてくれますが、
専門の方でもそこに住んだことが
あるわけではありません。

気になる点は自分でしっかりと
確認をする必要がありますね。

しかし、そんな簡単に
引っ越しなんてできないですよね。

どうすれば熟睡できるのか
次に改善策を紹介いたします。

マンションに引っ越してから熟睡できないのを改善するマル秘テク!

誰でも引っ越しをした後
慣れるまで時間はかかりますよね?

マンションでの生活に
まだ慣れていない可能性がある場合は、
当たり前なことですが
まずは慣れることが大切です。

それでも熟睡できない場合に
いくつか改善策を紹介します。

寝るための環境をつくる

原因にもあげた騒音の問題は
中々改善することは難しいですよね。

交通のことはどうすることもできないですし、
隣人間でのことはトラブルにも
発展してしまう可能性を考えると
行動に移すのに時間がかかってしまうでしょう。

しかし、
騒音以外にも熟睡につながる
寝るための環境つくりができます。

それは

・部屋の照明
・部屋の温度と湿度
・眠りにつく時の布団の温度
・香り

この4つのポイントです。

それぞれをみていきますと、

<部屋の照明>

真っ暗で寝る人と薄明かりで寝る人と
好みが分かれますよね?

日中は日を浴びて
夜は真っ暗なところで目を休ませることで
睡眠の質を高める「メラトニン」が分泌されます。

その「メラトニン」は光を浴びてしまうと
抑制されてしまうため
睡眠の質を妨げてしまうのです。

そう考えると真っ暗闇の方が
熟睡できると思いますよね。

しかし、熟睡できる方は
薄明かりをつけて眠る方が
睡眠の質を高められます。

なぜかというと、
昔人は焚火をつけて外敵から身を守っていました。
その名残が残っているといわれており、
薄明かりの方が安全だと
体が感じ安眠できるといわれています。

薄明かりといっても、
豆電球では明かりが強いため
一番良いのは足元に間接照明をつけることです。

<部屋の温度>

部屋の温度は暑くても寒くても
眠りに影響がでます。

眠りに最適な温度は
25度前後が良いです。

寝る前だけでも
エアコンを25度設定にしてから
眠りにつくだけでも
眠りの質をあげることができます。

また、梅雨の時期は湿度が高いですが
冬は湿度が低いですよね。

湿度も50度前後が良いため
除湿や加湿をすることで
部屋の環境を眠りに良い環境に
することができます。

<布団の温度>

また、部屋の温度だけではなく
布団の中の温度を自分の体温よりも
低い33度前後に温めておくと良いです。

布団乾燥機がありますが、
冬の時は布団乾燥機や湯たんぽで
布団を温めることをおすすめします。

<香り>

せっけんやお茶など
自分の好きな香りがありますよね。

熟睡をするために
睡眠に良い香りがあります。

それは、
ラベンダーやネロリ、
カモミール・ロマン
です。

好きな香りでも
睡眠には適さない香りもあるため
注意が必要です。

アロマグッズがない場合は、
香りをハンカチに数滴たらして
枕の横に置いておくだけでも大丈夫です。

スポンサーリンク

眠りにつく前にリラックスをする

他にも熟睡を促す方法があります。

それは、体をリラックスさせて眠ることです。
しかし、夜は家事をしていて忙しいですよね。

少しの時間でも簡単にリラックスできる方法は、

・深呼吸をする
・熟睡用のアプリを使う
・爪を押す

方法があります。

<深呼吸をする>

深呼吸をすることで副交感神経が促されます。
深呼吸の仕方は腹式呼吸方を行いましょう。

へその下を意識しながら
8秒間ゆっくりと口から息を吐きます。

その後、8秒間鼻から息を吸い
下腹を膨らませます。

そして、8秒間息を止めます。

これを3回繰り返してみましょう。

<熟睡用のアプリを使う>

携帯のアプリの中には
熟睡を目的としているアプリがあります。

その中で、レビューが多いアプリが
Relax Melodiesです。

50種類のサウンドがあり
自分の好みに合わせられるため
歌詞のない曲と同じように
利用してみてはどうでしょうか。

<爪を押す>

爪の生え際にたくさんの神経が通っており、
そこを押して刺激を起こすことで
自律神経が整うことによって
リラックスをすることができます。

まとめ

どうだったでしょうか?

熟睡できない期間が
長くなってしまうと
不眠症になる可能性がでてきてしまいます。

原因を取り除くことが最適ですが、
それが簡単にできない場合もありますよね。

その時は、
生活の中で今回あげたポイントを参考に
熟睡につながる睡眠の質を
より深めることから始めてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)