夏に札幌市内や北海道内で超インスタ映えするナイトプールを紹介

スポンサーリンク

夏といえばプール、海、BBQなど、
アウトドアにぴったりな季節。

やはりレジャーといえば
インスタもあげる機会が多くなるのでは?

最近ではナイトプールも話題ですよね。

そこで今回は
札幌や北海道内でインスタ映えするナイトプールをご紹介!

夏の夜、日焼けの心配もなく
雰囲気たっぷりのプールがおすすめ。

レジャーに行こうか迷っている方は、
ぜひ参考にしてみてください。

札幌市内や北海道内で超インスタ映えするナイトプールを紹介!

スポンサーリンク

シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロホテルアンドスパリゾート

住所:北海道札幌市北区東茨戸132(JR札幌駅から約30分)
期間: 通年
時間:10時~22時
料金:16:00~
大人 1,300 (7月~8月は1,600)
シルバー 1,200 (7月~8月は1,500)
小中学生 800
4歳~ 300
3歳以下  無料
公式HP:http://www.gateauxkingdom.com/pool-spa/

大人から子供まで広い施設内で
たくさん遊ぶことが出来ます。

別料金ですがサウナ、岩盤浴、あかすりなどもあり、
ビューティも完璧!

屋外ジャンボプールは
ゴールデンウィークから9月下旬まで

夜のウォータースライダー、「暗闇スライダー」は
新感覚の恐怖系で盛り上がること間違いなしです。

ビッグリバー、ワイルドリバー、
バナナプールやジャグジープールなどの
多彩なプールの種類にも注目です。
温泉の施設も充実しています。

定山渓ビューホテル 水の王国 ラグーン

総面積4000㎡を誇る屋内温水アミューズメントです。

住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東2-111
期間:通年
時間:12時~21時半(宿泊なし日帰りは15時まで)
料金:プール&温泉大人 1600円
子ども(3歳~小学生) 1000円(宿泊者は当日のみ無料
公式HP:http://www.jozankeiview.com/

屋内プールですが、
宿泊者は当日プール無料で夜まで楽しむことが出来ます。

スプラッシュリバー、波が押し寄せるウェーブプール、

お子様も楽しめる浅瀬の子供プールパルパルなど、
家族みんなで楽しめるレジャースポットです。

こちらの施設はカラフルでかわいい施設なので
お子様連れがおすすめです。

もちろんスパ、温泉も充実。
プールで疲れた後もリラックス出来ます。

大理石や御影石による落ち着いた雰囲気のラグーン・スパ。
ジャグジーバスやマッサージルームなど、
疲労感を吹き飛ばすような設備も一緒にあります。

ご家族だけでなく、カップルや女子会にもおすすめの施設です。

札幌外道内のナイトプール

ミナミナビーチ

日本最大級30m×80mのウェイブプールを備えたインドアビーチ

星野リゾートトマム内、ガラス張りの館内は常に30℃以上の常夏。

住所: 北北海道勇払郡 占冠村中トマム
期間: 4月28日~11月1日
時間: 11:00~20:00(最終受付19:00)
※4月28日~5月7日および7月14日~8月31日は、10:00開館
料金: 日帰り 大人 2,500円
小学生 1,000円(ホテル宿泊者は無料
ミナミナビーチ入場券で露天風呂「木林の湯」にも入れてお得です。
公式HP:https://www.snowtomamu.jp/summer/

こちらは、20:00~23:00は遊泳できません。
その代わりにライトアップがあり、
プールのほかにも
きれいな場所がたくさんあるので見ごたえ十分です。

ライトアップ中は、
プールの横のカフェスペースでゆっくりできます。

日本最大級の波のプールがある屋内施設で、
ガラス張りの壁や天井がきらきらしてきれいです。

総合レジャー施設「ルスツリゾート」

プールだけでなく、
遊園地もある総合レジャー施設。
少し喧騒から離れた位置にあるリゾート施設です。

札幌からルスツリゾートまでの
無料シャトルバス(要予約)もあります。

住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
期間:通年 (プールは5月~10月)
時間:14:00~22:00 (室内造波プール)
※7/22~8/20は16:00~22:00
料金: 遊園地の券を持っている日帰りの人は1,080円(子供も同額)
ホテル宿泊者は無料

公式HP:https://rusutsu.co.jp/summer/

84mを一気に滑り降りるアクアコースターは

身長制限130cm以上ですが、

他にも波の出るプールが楽しめる室内プールです。

少し水深が深めなので、
お子様がいる場合は親子でのご利用をお勧めします。

水遊び用オムツを水着の下に着用すれば、
小さなお子様もご利用いただけます。

お昼は、夏祭り期間限定の
スーパージャンボプールでも遊べます。
またプールの隣には大浴場があります。

その他にも多彩なレジャーがそろっており、

ラフティング、カヤック、カヌー、
トレッキング、乗馬、テニス、ツーリング
など目白押しで、
ぜひ宿泊で少し長い滞在をお勧めします。

まとめ

夏に楽しめる施設が盛りだくさんの大自然北海道!

避暑として訪れて自然豊かな施設で
ゆっくりと楽しむことが出来る場所ばかりです。

プールだけでなく
ほかのレジャーやアミューズメントと
隣接していることが多いので、

カップルや友達だけでなく、
親子でも楽しめる場所がたくさんあります。

そして、ナイトプールは宿泊者の特権の場所が多いですね。
ぜひ宿泊で利用してみてください。
今年の夏は少し遠くまで羽を伸ばしに
北海道なんていかがでしょうか?

ぜひ今年の夏のレジャーの参考にしてみてください。

ナイトプールに行く時の女性の持ち物やインスタ用オススメグッズは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)