夏に海で泳ぐのはいつまで可能なの?危険性も含めて紹介!

スポンサーリンク

ああ、いよいよ夏本番だな、って思うのはどんな時ですか?

海開きのニュースっていう人多いのでは?

 

梅雨も明け、快晴となった本日、

各地の海水浴場では本日一斉に海開きとなり~

・・・なんてフレーズのニュースです。

 

 

でもちょっと気になる事が。

海開きってどのニュースでも取り上げられるけれど、

開きがあるなら閉めもあるはず。

 

でも海閉めなんてニュース、聞いたことないですよね?

閉めの行事はないとしても、一体いつまで泳げるの?

 

 

サーファーたちが冬の海に挑んでいるのは

見たことがあるけど、普通に水着で泳ぐ

海水浴っていつまで大丈夫なんでしょう?

 

 

地方ごとに見てみると、

 

  • 沖縄 10月中旬
  • 九州 8月末
  • 山陰 8月下旬
  • 関西 8月末
  • 関東 8月下旬
  • 東北 8月中旬~下旬
  • 北海道 8月中旬

 

 

沖縄は特別として、九州から北海道は

ほとんどが8月中旬~下旬で

遊泳期間は終わってしまいます。

 

本州ではほとんど海開きが7月上旬なので

遊泳期間って2ヶ月弱で終わってしまうんですね。

 

 

ちなみに、海開き=遊泳期間と思いがちですが、

本来の海開きとは、海水浴場を運営する人たちが行う、

商売繁盛・安全祈願の儀式のことなんです。

 

確かに、海開きが泳ぎ始めの合図にはなっていますが、

正直まだ水温が低くて

海水浴気分にはなれない場合がほとんど。

 

だから実際に海水浴ができるのって1ヶ月位なんです。

 

 

海水浴場ごとに違う泳ぐことが出来る期間のナゾ

スポンサーリンク

 

海水浴場といえば、海の家。

そして日焼けした肉体美がすばらしいライフセーバー達。

 

 

何にも調べずに海水浴に行ったとします。

 

もし、海水浴場に到着してみて、

海の家がもう閉鎖していた、

監視員の姿が見えない、

 

といった場合その海水浴場での

遊泳期間は終了した、ということになります。

 

 

それが大体、先ほどお伝えした時期なんですね。

 

早いところでは

お盆が終わると同時に遊泳期間も終了する

海水浴場もあるんです。

 

 

でもそれならまだまだ海で泳ぎたい人はいるし、

最近はお盆休みをずらして取れる会社も増えました。

 

遊泳期間延長をウリにすれば海水浴客だって来るのでは?

そう思ってしまうのも無理はありません。

 

ですが、遊泳期間を決めるのには

別に大きな理由があります。

 

 

楽しい海水浴に水を差す!?海の厄介者にご用心!!

 

一つ目の理由、それはクラゲです。

 

 

海には当然のことながら沢山の生物がいますね?

その中でも海水浴と深くかかわっているのがクラゲ。

 

実はこのクラゲ、

8月中~下旬に成長期を迎えるんです。

 

そのため海で泳ぐことに

危険を伴う可能性もでてきてしまうんです。

 

 

水族館で見るクラゲは、透明で水の中を

ふわふわ漂っていて見た目がかわいいものしかいませんが、

クラゲは一種類だけではありません。

 

 

海水浴場によくいるクラゲは

アンドンクラゲ(行灯クラゲ 別名電気クラゲ)という種類のもの。

 

名前のように行灯みたいに長方形で、

20㎝もある触覚が4本ついています。

 

 

このクラゲが厄介なんです。

 

このアンドンクラゲは南の方で生まれるのですが、

とても泳ぎが得意なクラゲ。

 

黒潮に乗って8月頃には関東に到着してしまうんです。

 

 

クラゲは透明ですよね?

だから海に入っていても見つけてよけることはほぼ不可能。

 

そしてこの触覚に触れてしまうと、とにかく痛い!

ビリっ!と痛みが走ります。

 

そしてひどい時には触覚に触れたところが

ミミズ腫れになって数週間残る場合も。

 

 

この痛さがイヤで海水浴が嫌い、という人もいるほどです。

海水浴場にとっては招かざる客、というわけです。

 

 

もちろん、このアンドンクラゲ以外にも

岩場などに生息する毒性の強いクラゲもいます。

ですがそれはまた別の機会に詳しくお話しましょう。

 

 

お盆過ぎは海で泳ぐとクラゲだらけ!?いつまでも泳げない!?

 

つまり、8月中旬を過ぎると

このアンドンクラゲが大量に発生し、

ほとんどの海水浴場の海の中にうじゃうじゃいるわけです。

 

 

絶対痛い思いをすることが分かっているのに

海に入る人はあまりいないのでは?

 

海水浴客が来ない、だから海水浴場を閉鎖するんですね。

 

 

今年まだ海で泳いでいない!

でももう8月半ばを過ぎちゃった!

クラゲはイヤだけどせめて1年に1回くらいは海に行きたい!

 

という人は、たとえばTシャツやひざ丈パンツを履くなど

なるべく素肌を出さないで海に入りましょう。

その分クラゲに触れる率も減ります。

 

 

また、クラゲから守るローションもありますので

塗っておくにこしたことはありません。なにせ痛いですから。

 

 

クラゲ除けローション

Amazon | SAFESEA 日焼け止め SPF50 アドバンス ウォータープルーフ 118ml | セーフシー(Safe Sea) | ワックス・メンテナンス用品
SAFESEA 日焼け止め SPF50 アドバンス ウォータープルーフ 118mlがワックス・メンテナンス用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

 

海で泳ぐ期間をいつまでにするか決める別の理由とは?

 

遊泳期間を決める理由はクラゲ以外にもあります。

 

 

理由の二つ目、それは天候です。

 

8月後半になると台風の影響による悪天候や雷雨など、

海水浴に適さない気候が頻繁におきます。

 

 

海水浴客である私達だってそんな危険が分かっているのに

海に入りたくないですし、運営側も同じこと。

 

いかに事故の無いよう、

安全に海水浴場を運営するか、

というのが海水浴場側の一番の課題。

 

お盆前でも大雨に見舞われた日には

海水浴場を一旦閉鎖することもあるのは、この理由からです。

 

 

もちろん、海水浴場を一旦閉鎖、とはいっても

海にドアをつけてカギをかけることはできませんし

海はそこにあります。

 

つまり悪天候の日であっても、

すでに遊泳期間を終了していても、

泳ごうと思えば泳げます。

 

 

ですがそれは、大げさではなく、

命と引き換えになる事も多いこと。

 

夏に海の事故のニュースをよく目にします。

自分にかぎってまさか、

という思いが事故につながります。

 

 

海に限らず、山でも川でも同じこと。

 

事故は一瞬でおきてしまいます。

 

危ないこと、危ない可能性があることは

絶対にやめましょう。

 

 

まとめ

 

梅雨が明ければいよいよ夏本番!

 

水着になるために

今からダイエットを始める人も多いのでは?

 

くれぐれも、無理せず、事故やケガのないよう

安全に配慮し夏を満喫して下さいね。

タイトルとURLをコピーしました