冷房より除湿が体に良いってホント!?エアコンの超効果的な使い方!

スポンサーリンク

「冷房より除湿のほうが良いよ~」

なんて話を聞いたことありませんか?

たしかに言われると除湿のほうがいいのかも…

と思いますよね。

でもホントのところ効果とか、

よく分からなかったりするものです。

私は母に除湿にしなさいと言われてから

あまり冷房機能を使っていません。

除湿はなんとなく涼しいくらいで

冷房よりは全然涼しくはならないですね。

どうしても暑い日は冷房にしています。

それに今のエアコンは進化しています。

除湿でも冷房除湿といった機能がついているから

冷房除湿だけでも室内は快適になります。

では今回は冷房より除湿の方が体にいいの?

という疑問を解決していきましょう♪

先に結論から言いますと…

どちらも使い方によるんです!!

冷房も除湿も使い方次第で体にやさしくなるのです。

冷房が体に悪いはウソ!?まずは除湿との違いを確認!

スポンサーリンク

冷房も除湿も低い温度で設定して

ガンガンに冷やしていてはどちらも体に悪いです。

のどが痛くなったり、体がダルくなってしまいます。

風邪をひきやすい体にしてしまうのです。

外と室内の温度差がありすぎるのが1番よくありません!

冷房でも除湿でも適切な温度に設定することが大事です。

理解を深めていくために、

そもそもの違いを紹介しますね☆

冷房

  • 部屋の温度を下げることを優先する
  • 室内の空気を吸い込み、あつい熱を外へ逃がす
  • 涼しくなった空気をまた室内に戻す

除湿

  • 空気中の湿度を下げることを優先する
  • 部屋の空気を吸い込み、空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を追い出す
  • 水分をとりサラサラになった空気を室内に戻す

↓↓

この作業を繰り返すことで室内の湿度を下げる

基本は同じように空気を冷やしてくれます。

空気中の水分を冷やし、結露させると水になる。

そしてその水は室外に放出されていくのです。

2つの違いから分かることは、

  • 冷房は設定温度になるまで温度を下げようとする
  • 除湿は、湿度が目標値になるまで微弱な冷房運転する

この機能の違いを上手く使えば体にやさしいというわけです!!

冷房は体に良くないと悪者にされがちだけど…

ただ冷やしすぎが良くないだけです!!

暑いのに、冷房は体に悪いからといって我慢して、

室内でも熱中症になってしまう人もいます。

熱中症は室温と湿度が高ければ部屋の中でもなります。

じゃあやっぱり除湿がいいと思いがちですが、

そうでもないのです…

除湿しすぎると肌が乾燥してしまい、

アレルギーや風邪ウイルスが体内に入り込みやすくなります。

特に赤ちゃんがいる家庭では、

除湿のしすぎには注意してくださいね。

お天気別の冷房と除湿の使い分けアイディアご紹介!!

自分の家に合ったエアコンの使い方を

探してみるといいですよ。

実際に使い分けしている方法を書いていきます!!

そこまで暑くないけどジメジメして蒸し暑い日

除湿→体を冷やしたくないけど湿気を取り除く

湿度も温度も高い夏の日

冷房除湿→湿度を下げれば、弱い冷房でも涼しい

外の気温も高い猛暑日

冷房→冷房で一気に部屋の温度を下げる

涼しくなったら自動運転にする

このように日によって、

冷房にするのか除湿するかを変えています。

また、その家の間取りや窓がある方角によっても

違ってきます。

我が家のダイニングキッチンは北向きにあるので

夏場でも除湿か冷房除湿で十分涼しいです。

リビングは南に大きな窓と、北に窓があります。

夜は風通しがいいので過ごしやすいです。

昼間は南の窓から強い日差しがくるのです。

もうそれは、めちゃくちゃ暑い部屋になります…

その時はレースカーテンを閉めて冷房除湿にします。

強敵は2階(笑)

2階はどの部屋でも暑い!

猛暑日が続いたときは、2階は

天然サウナか!?と思うぐらい気温が上がります。

暑い日の2階では冷房にしているときが多いですね。

除湿では、追いつかない。

1人暮らしをしていた時は、1K南向きの間取りでした。

冬は暖かいけど夏は暑いので

昼間は冷房、夜は除湿にしていました。

めんどくさいなと思う人は自動機能にするといいですよ。

過ごしやすい温度を保ってくれます。

あと体に良いことと言えば、

エアコンの風にあたらないことです!!

最新機種は人にあたらないようにするサーチ機能がついています。

ほんと便利な世の中になりましたよね…

エアコンの風にあたり続けると

体は冷えてしまい体調も悪くなってしまいます。

1番いいのはエアコンと扇風機のセット!!

冷房28度+扇風機

体にやさしい風になるのです。

まとめ

いかがでしたか?

疑問だったことが「なるほど!」に変わりましたか?

冷房も除湿も使い方を考えれば体に良いということ。

一石二鳥の機能である冷房除湿があれば

暑い夏も快適に過ごせるからオススメです。

もし冷房と除湿の機能しかないエアコンなら、

うまく使い分けてみてください。

余談ですが、エアコンをつけたり切ったりするより

長時間つけっぱなしにした方が電気代、抑えられます!!

エアコンをつけて動きはじめた時が1番電力を使うからです。

冷房や除湿の風が苦手だけど暑いから仕方なく

つけている場合は、換気をこまめにするといいですよ。

ぜひ活用してみてくださいね♪

暑い夏も冷房と除湿を使いこなして快適に

そして健康的な毎日を過ごしましょう!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)