熱帯夜はエアコンつけっぱなしで乗り切れる!!

スポンサーリンク

夏は楽しいことがいっぱいです。

海水浴、キャンプ、夏祭り…、

色々と、夏に楽しみたいことはありますよね。

楽しい夏ですが、

夜、暑くて眠れないのは困りものです。

そんな熱帯夜に、大活躍するのが、エアコンです。

だけど、エアコンをつけっぱなしにして寝るのは、

なんだか不安がありませんか?

まず気になるのが、電気代。

毎日毎日エアコンをつけっぱなしにしていたら、

電気代が高くなりそうですよね。

そして実際に、つけっぱなしで寝たら、

冷えすぎて身体がだるい…。

そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。

だったら、熱帯夜で寝苦しいときでも、

エアコンをつけっぱなしにするのは

やめておいたほうがよさそう…。

そう思うかもしれません。

ですが、エアコンは、つけっぱなしのほうが、

電気代を節約できることがあるんです。

身体のだるさも、設定温度

風向きに気を付ければ、防ぐことができます。

それでは、熱帯夜にエアコンを使うコツについて、

みていきましょう。

熱帯夜に実践したいエアコンつけっぱなしのコツ

スポンサーリンク

エアコンのつけっぱなしは、

電気代がかかる感じがするので、

エアコンのスイッチをこまめに切ることを

心がけていることも多いですよね。

ですが、エアコンをこまめに切ることは、

実は電気代の節約にはならないのです。

エアコンがいちばん電力を使うのは、

設定温度まで温度を上げる、または下げるときです。

つまり、エアコンは、つけて設定温度になるまでが、

いちばん電気代がかかるのです。

ですが、設定温度になってしまえば、

あとは温度をキープする運転になります。

温度をキープする運転は、

そんなに電気代がかかりません。

なので、

エアコンをタイマー設定にする、

涼しくなったらスイッチを切って

暑くなったらまたつける、

というような、

何度もスイッチをオンオフする使い方は、

電気代がよりかかってしまいます。

エアコンは、こまめにつけたり消したりするよりも、

つけっぱなしのほうが電気代がかからない

といえるでしょう。

ですが、エアコンをずっと使っていたら、

そのぶん電気代はかかりますし、

設定温度を低くしすぎるのも、

電気代がかかる原因になります。

一日つけっぱなしにはせず、

使用時間設定温度は、チェックしていきましょう。

次に気になるのが、

エアコンをつけっぱなしにしたときの身体のだるさ。

なぜ、身体がだるくなるのでしょう?

寝ている間は、

体温が下がりやすい状態になっています。

その状態のときに、

さらにエアコンで身体を冷やしてしまうと、

身体は体温を上げようとします。

寝ている間に、身体が体温を

上げたり下げたりと頑張ってしまうことが、

朝のだるさの原因になっているのです。

朝のだるさを防ぐには、

身体を冷やしすぎないことが大事です。

そのためにはまず、設定温度に気を付けましょう。

寝るときに最適な設定温度は、27~28℃です。

少し高めと思われるかもしれませんが、

寝ている間は体温が下がるので、

日中よりも少し高めの温度がよいのです。

エアコンの風向きにも気を付けましょう。

エアコンの風が、直接身体に当たると、

身体が冷えてしまいます。

なので、風向きは、上か水平にしましょう。

また、除湿機能を使うのも一つの手です。

除湿は、部屋の湿度を下げる機能です。

熱帯夜は、温度だけではなく湿度も高い状態です。

湿度が15%下がると、体感温度は1度下がります。

湿度を下げるだけで、けっこう快適になりそうですよね。

快適な湿度は、60~70%といわれています。

熱帯夜は、温度計だけではなく、

湿度計もチェックしていきたいですね。

とはいえ、除湿しすぎると部屋が乾燥してしまいますし、

冷房機能を使ったときと比べて、

電気代がかかることもあります。

除湿機能を使う前に、

エアコンのドライ形式を確認してみてください。

除湿機能が、「再熱方式」の場合は、

冷房よりも電気代がかかってしまいます。

気を付けてくださいね。

寝苦しい熱帯夜。エアコンを賢く活用して、

快適に過ごしていきましょう。

熱帯夜にエアコンつけっぱなしに抵抗あるならコレ!!

それでもやっぱり、

熱帯夜のエアコンのつけっぱなしはしたくない、

という方もいらっしゃると思います。

そんなとき活用したいのが、扇風機です。

寝ている間の扇風機は、

風を直接身体に当てて涼むのではなく、

部屋に空気の流れを作る役割

で使うのがおすすめです。

空気の流れがあると、汗の発散にもつながりますし、

こもった熱気や湿気も拡散されていきます。

もちろん、エアコンとの併用もおすすめです。

部屋の上に集まる冷たい空気と、

下に集まる暑い空気をかき混ぜてくれます。

また、凍らせたペットボトルを扇風機の前におくと、

扇風機の風が涼しくなります。

エアコンがなくても、涼しい風は作れるんですね。

ほかにも、アイスノンや保冷剤など、

夏を涼しく過ごすアイディアはたくさんあります

エアコンを使わない暑さ対策も、

どんどん活用していきたいですね。

まとめ

毎日毎日暑くて、普通に過ごすだけで疲れるのに、

夜も暑くて眠れなくて疲れがたまる一方で…。

ということも多かった夏。

だけど、エアコンのつけっぱなしも、

電気代がストレスになって疲れそうで…。

と思っていましたが、

今年はエアコンをどんどん活用していきたいです。

そして思いっきり、夏を楽しみたいです。

今年の夏は、去年よりも楽しくなるような気がします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)