ナスは何かの植物?ナスの出身地とレシピも併せて紹介!

スポンサーリンク

ナスの出身地はインドの東部と言われています。

中国に伝わり、そしてヨーロッパ、アメリカへと

世界各国へ広がっていきました。

当時アメリカでは、食べる物ではなく

ナスの花を見て楽しまれていたそうです♪

たしかにナスの花は鮮やかな紫色で

真ん中の部分が黄色くてキレイですよね。

日本へナスがやって来たのは奈良時代

奈良時代の時すでに栽培されていたと考えられています。

現在までずっと世界中で愛されてきました^^

日本でナスはシンプルに料理しますよね。

焼きナスにポン酢をかけて食べるのもおいしいけど

味噌たっぷりのナス田楽も捨てがたい(笑)

世界各地ではナスを使用した

様々な料理があるみたいですよ♪

ナスはインド生まれなので、暑いほうがよく育ちます。

強い太陽の光を浴びることによって

キレイな紫色のナスになってくれるのです☆

そんなナスは何科の植物なのでしょうか?

答えを申しますと…

ナスはナス科の野菜

名前と同じなので覚えやすいですよね。

ナスは低カロリーって本当!?オススメの食べ合わせも紹介!

スポンサーリンク

プリっとしたナスは90%が水分

ビタミンやミネラル、食物繊維など

含んでいますがそれほど多くない野菜です。

その反面、カリウムは比較的多いので、

体を冷やすと言われています。

夏の火照った体を冷ますのにもってこいの野菜ですね^^

『ナス1本100gあたり22kcal』

低エネルギーなのでダイエット中でも

安心して食べることが出来ます!

果肉に含まれている「クロロゲン酸」には

抗酸化作用があります。

生活習慣病の予防効果が期待できますよ♪

ナスは実より皮に嬉しいパワーが詰まっています!

皮に含まれる成分が細胞の老化を防ぎます。

ナスニンって?

ナスニンとはナスの皮に含まれている

ポリフェノールの一種

だからナスの皮は紫色をしているのです^^

ナスニンの効果は、活性酸素の害から

あなたの体を守る抗酸化作用があります。

それだけでなく、

血管疾患の予防にもなると報告されています。

現在もナスニンの研究が行われているので

今後さらに新しい効果が分かってくるかもしれませんね。

ナスのアクは体に良い効果をもたらす!

ナスはアクが強いので切ったあと、

「アク抜き」をすると思います。

ちょっと待った~~

ナスのアクの正体は、ポリフェノールなんです。

老化防止、がん予防、血圧と血糖値の正常化にも

有効の可能性があるとされてるアク

水にさらす時間をできるだけ短めにしましょう

すぐに調理するなら、アク抜きはしなくても大丈夫

皮とアクはなるべく捨てず、

調理することを心がけるといいですね♪

ナスと食べ合わせしてナスパワーUP

相乗効果でより良い効果を発揮することが出来ます。

高血圧予防の可能性もあるナス+豚肉

ナスに含まれるカリウムが血圧を下げます。

豚肉のたんぱく質で健やかな血管をつくります。

免疫力ぐんぐんアップのナス+うなぎ

抗酸化作用があるナスのビタミンCと

うなぎに含まれているビタミンAで免疫力を高めます。

疲労回復のナス+牛肉

ナスに含まれるコリンと牛肉の豊富な鉄が

混ざり合うと疲労回復効果が期待できますよ。

ぜひ試してみて下さいね。

私も食べ合わせしたくて試行錯誤していたら

新しいレシピ思いつきましたよ~^^

健康にもなれるし一石二鳥です(笑)

夏が旬のナス科の仲間を紹介!暑い夏を乗り切るのにオススメ!

ナス科の野菜は、とても暑さに強いんです!

でも寒さには弱い…

ですから、ナス科の野菜ほとんどが夏に旬を迎えます。

私たちの身近にあるナス科の仲間を紹介しますね♪

夏野菜の代表の真っ赤なトマト

トマトは種類が多く、最近は甘いフルーツトマトが人気。

ミニトマトは育てるのが簡単なので

私も毎年育てています。

ミニトマトを1日4個食べると

お肌にツヤが出てくるのでオススメ^^

疲労回復も期待できますよ。

子どもの敵の苦いピーマン!

ピーマンは唐辛子の親戚

独特の苦みがあるので

苦手な方多いのではないでしょうか。

近年ピーマンも品質改良が進み、

クセが弱くなっています。

ピーマンにはレモンの2倍ものビタミンCを含まれている

ダイエット効果も期待できるししとう

先端が獅子の頭に似ていることから

「ししとう」と名付けられました。

ししとうって10個中1個は辛いですよね><

ロシアンルーレットしている気分になります(笑)

カプサイシンを含んでいるので

ダイエット効果が期待できます。

ポテっとしたじゃがいも

意外にじゃがいももナス科なんです!

色々な料理に使えるので

世界中で食べられている野菜

ビタミン、カリウム、マグネシウムなど

バランス良く含んでいます。

じゃがいもは糖質が豊富なので

糖質制限している方は気を付けましょう。

辛い野菜代表の唐辛子

唐辛子に含まれているカプサイシンという

辛味成分により辛いと感じます。

この辛味成分は体の血流を元気にして

体を温めてくれますよ!

辛さだけじゃなくビタミンCもたっぷり

唐辛子は女性の味方です。

いかがでしたか?

ナス科の野菜ほとんどが

疲労回復効果が期待できそうですね。

暑い夏を乗り切るためにオススメの野菜♪

私もやってしまいがちですが、

体に良いからといって食べ過ぎてしまいます。

どんな物でも摂り過ぎはダメですから、

バランスよく普段の食事に取り入れていきましょう!

まとめ

ナスはナス科の植物ということ

ナスには私たちに嬉しい効果があること

知識が増えると少し愛着が湧いてきませんか?

新しいことを覚えると

脳も若々しくいられると聞きました^^

ナスの知識を友達に教えてあげるのもいいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)