小学生でもわかるように雪が降る仕組みを徹底解説!

スポンサーリンク

あなたは雪の降る仕組み知っていますか?

子どもの頃に聞いたことあるような、ないような…

知っているようで知らないことの1つなんじゃないかと

私は勝手に思っています^^;

簡単にわかりやすく言うと

小さな水粒が氷の粒になり、

まわりの水蒸気がくっついて

大きな氷の結晶になる

です。

大きくなった氷の結晶が

降ってくるものを「」と言います。

では、詳しく解説していきますよ~*

雨も元は雪だった!?雪が降る仕組みと原理とは?雪が降る3条件って何?

スポンサーリンク

雪は雲から落ちてきますよね!

ご存知の通り、

雲は小さな水の粒がたくさん集まってできています。

この雲の中で水の粒は、

やがて小さな氷の粒になります。

小さな氷の粒のまわりにある水蒸気がくっつき、

大きな氷の結晶となっていくのです。

大きな氷の結晶は空から降ってくるときにも

空気中にある水蒸気をくっつけ、さらに大きくなります。

ただ、この途中の気温が高いと

溶けてしまい雨となり降ってきます。

雪が降ってくるときは空気が冷たくて

気温が低く寒いときだけということになります!

ちなみに日本に降る雨のほとんどは

上空で雪の粒or氷の粒が溶けたものが雨になります。

また、空気が冷たく日本海の海水温度が高いほど

雪雲が発達しやすくなるのです。

雪が降る条件は主に3つ

  1. 雪雲があること

水分がないと雪は降らないので

上空に雪雲がないと雪は降ってきません。

  1. 上空に冷たい空気があること

雲があっても上空に寒気がなければ

雨になり雪が降ってくることはありません。

  1. 地上の湿度が低いこと

地上の空気が湿っていると雨が降り、

乾いていると雪が降ります。

例えば、

気温が2℃で湿度81%以下のときは雨ではなく雪が降る

気温4℃場合は湿度67%以下で雪が降ります。

気温が0℃未満(氷点下)なら、ほぼ雪になるのです!

雪が降る仕組みをまとめてみると

水の粒が氷になり、

空気中の水蒸気とくっつきながら落ちていく。

大きくなった結晶は重力に負け地上へ

その結晶が途中で溶けなければ雪になる

という仕組みになっています!

寒いから雪が降るわけではなく

いくつかの条件が重なったときだけ降る。

日本海側では条件が起きるため雪が降りやすい。

降りやすいどころか

毎日のように日本海側では雪が降っていますね^^;

雪と日本語①いくつ知ってる?雪を表現する様々な漢字たち!

一言で雪といっても、

日本語でそれを言い表す言葉は多くありますよね。

日本語は世界で難しい言語トップ3に入るほどで

私たち日本人でも上手く使いこなせていないのです。

風情感じられる雪言葉などもあるので

知って頂けたらと思い

お気に入りのものを紹介していきます。

雪が降ったとき会話のネタにでもして下さいね^^

粉雪

つい雪を見ると口ずさみたくなる有名な曲を

思い浮かべるのは私だけじゃないはず(笑)

粉雪とは文字通り、粉のようにサラサラした雪のこと

ぼた雪

ぼたぼた落ちるように降る雪のこと

「牡丹雪」を略した言葉でもあります。

泡雪

泡のように溶けやすい雪のこと

「沫雪」の同義語でもあるみたいです。

粒雪

粒雪と書いてざらめゆきと読みます。

雪が粗大化して氷の粒になったもののことを言う。

灰雪

灰のようにハラハラと舞いながら降る雪のこと

水雪

字のごとく水分が多い雪のことを言います。

花弁雪

花びらのように雪片が大きな雪のこと

などなど…

他にも雪の種類を表現する漢字がたくさん存在します。

雪と日本語②こんなにもあった!?情緒豊かな降雪の表現方法!

こんこん

雪がこんこん降り続いていて、つきない様子

しんしん

雪が静かに降っている様子を表現するとき

よく使うのではないでしょうか。

はらはら

はらはらと雪がまばらに舞い落ちる様子

桜の花びらがはらはらと舞い散るとも言いますね。

ふわりふわり

雪が漂うように降る。または軽く降る様子

ちらほら

雪が少し見えることを表現しています。

ちらほら雪が降ってきた。と使うことが多い

雪と日本語③まだまだある!雪にまつわる風情溢れる言葉たち!

銀花

雪を花にたとえたもので、雪の別名でもあります。

銀雪

銀色に輝いている雪のこと

降っている雪というより積もったときに使う。

豪雪

天気予報でも聞く言葉ですよね!

雪でもかなり激しく降っている様子

残雪

文字通り、消え残った雪

または春になっても溶けないでいる雪のこと

「宿雪」とも言う。

三白

お正月に降る雪のことを言います。

瑞雪

ずいせつと読み、めでたい予兆の雪のこと

晴雪

雪が降ったあとの晴天のことを言います。

雪が降ったあとって必ず晴れて、

太陽の光が白い雪に反射してまぶしいですよね!

吹溜まり

風に吹かれてたまった雪や場所を表現するときに使う

深雪

「みゆき」または「しんせつ」と読み

深く積もった雪のことを表しています。

日が暮れてしまいそうなのでここでやめておきます^^;

挙げ出したらきりがないほどです!

まとめ

雪の降る仕組みについて。いかがでしたか?

これで子どもに聞かれたとき、答えられますね。

また雪にまつわるロマンチックで

美しい言葉もあるので是非読んでみてください。

今年ももうすぐ雪の降る季節がやってきます。

雪の降る仕組みや条件を思い浮かべては、

空を見上げてみるのもいいのではないでしょうか。

大げさではありますが

「生きてるなぁ」と実感できるはずです。

あ!外に出る際は、あたたかい格好でお出かけ下さい!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)