イタリアの奇祭オレンジ祭りの由来とは?実は謎ルールも!?

スポンサーリンク

オレンジ祭りと言えばイタリア!

オレンジ祭りは世界的にも有名で教科書にも載っていますよね。

こんなお祭りがあるのか~と

子どもながら眺めていた記憶があります(笑)

オレンジ祭りは北イタリアの

ピエモンテ州にある『イブレア』で毎年2月に開催されます。

全力でオレンジを投げ合う祭り

息をのむほど迫力があり、とても圧巻です!

そんなオレンジ祭りの由来はいろんな説があります。

一番の濃厚説は、

13世紀に起きた貴族vs農民の

オレンジ合戦がはじまりだと言われています。

さて、由来についてもっと詳しく迫っていきましょう!

最有力説は農民vs貴族の戦争!元はオレンジでなく豆を投げていた!?

スポンサーリンク

イタリアの大迫力オレンジ祭りは、1808年から続いています。

祭りが行われる形式も昔から今も変わらず行われています。

悪者への反抗

13世紀 街を治めていた男爵は、

厳しすぎる政治をし、重税などで人々を苦しめていました。

そんな中、粉屋の娘ヴィオレッタが男と結婚することに…

しかしヴィオレッタは強い女性で男爵に屈しないと誓いました。

結婚当日、城に上がったヴィオレッタは

隠し持っていた剣で男爵の首を切り落としたのです!

勇敢なヴィオレッタの姿を見た農民は

歓喜し、雄叫びを上げながら城を攻撃しました。

主を失った城はあっという間に人々の手に落ちていきました。

その様子がオレンジ合戦という形で現在に残っているのです。

今でもヴィオレッタは『粉屋の美しい娘』として愛されていますよ。

当時はオレンジではなく豆を投げていた

オレンジ合戦として残っていますが、

中世時代はオレンジではなく豆を投げていたのです^^

1800年頃カーニバルでも豆合戦をするようになりました。

パレードに参加している男性に自分をアピールするために

目立つオレンジを投げる女性も出現!

ちなみに北イタリアでは当時オレンジは珍しい果物でした。

そんなこんなでのちにカーニバルのパレード側から

お返しの気持ちでオレンジを投げ返すように!

やがてオレンジを投げ合うのが定着し

それがオレンジ祭りの由来と言われています。

ただ、歴史や由来はどこか曖昧で謎も多いものです…

オレンジ祭りに興味があるならば

イタリアの歴史に触れてみるのもオススメ!

それにしても日本ではあまりカーニバルは馴染みないですよね。

カーニバルとは謝肉祭のことで

カトリック国の伝統的な行事なのです。

ブラジル、リオのカーニバルなど人生で一度は見てみたいものです♪

いざ参戦!オレンジ祭りに参加するために知っておくべきこと

オレンジ祭りはカーニバルの最後の日曜~火曜の3日間に開催されます。

オレンジは北イタリアで生産されていないので

わざわざシチリアから運送してくるのです。

なんとその量400トン!!

しかもお高めなブラッドオレンジです!!

果物好きの私としてはもったいない気がしますが^^;

祭りがスタートすると

手加減なしの剛速球オレンジが飛び交い少し怖い(笑)

割れたオレンジから飛び散る真っ赤な果実は

なんともホラー映画のようです。

知らない人が見ていると

ただオレンジを投げ合っているように見えますが、

オレンジ祭りにはちゃんとしたルールがあります!

イブレア市民が貴族チームと平民チームに分かれ

優位を争うルールなのです。

詳しくご紹介しますね☆

オレンジ合戦のルール

まず馬車に乗った貴族チームは

50台以上の馬車を出し1000人以上で結成されます。

貴族チームは貴族っぽく武装して、ヘルメットを被り参戦するのです。

そして平民チームは、

4000人以上9チームで結成されています。

平民らしく何も装備していませんが多勢です(笑)

ちゃんと審判もいて、オレンジ祭りを観察し

かわし方や攻撃力など点数をつけます。

1番点数の高いチームが勝ちとなります。

観光客は転がってきたオレンジを

どさくさに紛れて投げることができます^^

ただオレンジが当たって打撲には気をつけましょう!

祭りに参加していないとアピールするためには

会場に入る前にもらえる赤い帽子(フリジア帽)をかぶること。

帽子をかぶっているからと言っても

流れ弾ならぬ流れオレンジには注意して下さいね。

おもしろいことに試合前に気合を入れるためオレンジジュースで

顔を洗っているおじさんもいます!

木箱に積み上げられたオレンジをつまみ食いする人もいます。

おもしろい光景も見物ですよ(笑)

オレンジ祭りが終わると

あたり一面オレンジの海になります。

その光景も圧巻でビックリしてしまいます。

ちなみに潰れたオレンジや残ったオレンジは家畜のエサに♪

平民チーム

平民チームには9つのチームがあると言いましたよね。

それぞれユニフォームもあり、

好きなチームの応援をすることもできるのです!

気になるチームを応援するのもオレンジ祭りの楽しみ方の1つ

チーム名もスペード、チェス、悪魔などなど

◆オレンジ祭りの開催日

イブレアのカーニバルは1月6日~3月1日まで開催されています。

オレンジ祭りは2月26日~28日

時間は14時ごろからになります。

観光に行く場合はくれぐれも汚れてもいい恰好で!

ピエモンテ州イブレアへのアクセス方法は

トリノからアオスタラインで1時間~1時間半です。

まとめ

オレンジ祭りの由来などお話してきましたが、いかがでしたか?

中世から続く大迫力の伝統行事を

見てみたくなったのではないでしょうか。

勇気があれば見るだけではなく、参戦してみたいものです^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)