年賀状を送った相手に返信不要と伝える書き方は?失礼のない方法は?

スポンサーリンク

年賀状は大切な人へ思いを伝える、

新年のご挨拶です。

けれど、手間がかかるのも事実です。

年賀状をまったく書かないという人もいますね。

思い切ったやり方です。

お互いに出さないと話し合っておけば楽ですが、

そうはいかない相手もいます。

こちらからは出すけど、

相手に手間かけさせたくないから

返信不要と書きたくなるのは自然な気持ちです。

しかも失礼のないようにしたいけど、

どうすればいいのでしょうか?

良い方法を知っておきたいです。

それは、

  • 返信不要と書く必要がない
  • 返信が来る来ないは気にしない
  • 返信不要よりは、年賀状を出さないこと
  • 返信不要はかえって失礼

です!

年賀状にはこういったマナーがあるわけです。

ここではそういった年賀状の決まり事やその理由をまとめ、

あなたに正しい書き方や出し方をお伝えします。

そして来年のお正月を気持ちよく迎えましょう!

相手に年賀状の返信が不要と伝える必要はない!その理由とは?

スポンサーリンク

一般的なマナーとして、

出してない相手から年賀状が来たら

返事を出さないと失礼になります。

なので、そもそも返信不要という習慣がありません。

こう書かれていたら、

受け取った相手も混乱してしまうでしょう。

かえって迷惑ですよね。

返信すべきかどうか悩ませてしまっているんですから。

そして悩んだ結果、返信不要でも返信する人はいます。

これは真面目な人であればあるほど

あなたの気遣いが伝わらない、

ということになってしまいます。

まったく意味がないのです。

返信不要は書かないで出しましょう。

返信がいらないと思うのであれば、

自分の考えを変えた方が良いです。

返信が来る来ないに

こだわらないでください。

相手が出すかどうかは、

相手の判断を尊重するんです。

返信しない人を責めませんよ。

さらっと受け流して

来年から出さなければいいだけです。

また、仲のいい相手ならもっと

気楽に考えていいでしょう。

返信が一ヶ月後に来たり、

年賀状の書き方も完全自己流だったり。

「手間かけさせちゃうかな~」なんて気を遣わず、

お互い楽しんで出すのがいいですね。

私は手間をかけさせたくないなら、

出す相手は上司や取引先等、最小限の人にして

他の人には前もって出さないと伝えておきます。

以前、年賀状を出さない人たちと

付き合っていたことがあるんです。

そのときは楽でしたよ。

返信不要と書くくらいなら、もう一切出さない!

それでいて仲のいい人たちなんです。

自分には理想的な関係でした。

年賀状で返信不要と伝えることがかえって失礼になることも!その理由とは?

年賀状は去年までの感謝を伝え、

新年のお付き合いをお願いする大事な挨拶です。

これが返信不要と言われたらどうでしょうか。

気楽な仲間ならともかく、中には

「俺と付き合いたくないってことか?」

と思う人もいるでしょう。

返信するのが礼儀なのに、

それを返信不要で止めてしまうのは

やはり失礼になることもあります。

大事なのは

相手の手間を減らすことよりも、

相手に喜んでもらうことです。

目上の方には礼儀正しく、

マナー通りの年賀状を出すべきです。

友達ならマナー違反をしても笑ってくれるでしょう。

そして返信したい人には

相手の気持ちを汲んで自由に返信させてあげる。

そのためにも返信不要とは書くべきじゃないですよね。

もちろん例外はあります。

たとえば高齢の方だとペンを持つのも

つらくなってきます。

でも毎年の年賀状が楽しみなんです。

お世話になった方なので出してあげたい。

このような場合では返信不要でしょうね。

こう書いてみてください。

  • 「ご返信には及びません」
  • 「返信はご放念ください」(返信については心配無用です)

「ご放念ください」は

高齢者が年賀状を書けなくなったので、

自分から断るとき等に使われます。

「当方についてはご放念くださいますようお願い申し上げます」

返信不要で使うと立場が逆ですけど、

ここで使うのもいいでしょう。

とにかく相手に喜んでもらうことが最重要で、

そのための基本マナーであるわけです。

その上で、マナーから外れる例外を見極めて、

臨機応変に対処していくのです。

例外は難しいですけどね、

これといった正解がないですから。

でも相手の笑顔を想像して書いてみてくださいね。

まとめ

返信不要のマナーは、

  • 返信不要と書かない(そういう習慣がない)
  • 返信は気にしない(相手より自分の問題)
  • 年賀状は出さない(返信不要より良い)
  • 返信不要は失礼(怒る人もいる)

です。

この4つのポイントを覚えておくと、

あなたの返信不要の悩みはきれいに

解消されます。

新年の挨拶で返信不要、というのは

「おはよう、返事はしないで!」と言う人と同じです。

もう理解不能ですね。

メールで返信不要はありますね。

そのせいで年賀状でも書きたくなるのでしょう。

しかし、ここは社会人として

手紙とメールは区別しておきたいところです。

事務的に要件だけ伝えて返信不要にするメールと、

人を大事にする日本文化の年賀状は

まるっきり別物ですよね。

出すなら出す。

出さないなら出さない。

出して返信不要が一番困ります。

いっそ年賀状はすべてなくなっても

いいと思うんですけどね。

それでも人を大事にしていく世の中ならいいわけです。

あなたも年賀状を書くときは

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)