巨峰の白い粉の正体は?種のある無しの違いは?今から使える雑学

スポンサーリンク

巨峰を食べようと思ったら…白い粉が!!

これって食べられるんだろうか?と

不安になったことはありませんか?

その白い粉の正体は…

ぶどうの鮮度を保つ働きを持つ

ブルーム」と呼ばれるものです。

ですので、例え口に入ってしまっても、

なんの問題もありません。

ただ、この白い粉の正体はわかりましたが、

一体どのような仕組みで付着するのかは

わかりませんよね?

本文では、このブルームがどうやって付着するのか

具体的に見ていきたいと思います。

巨峰の白い粉はついてた方が安心!?その正体と重要な働きって?

スポンサーリンク

冒頭でお伝えした通り、

巨峰には鮮度を保つための

「ブルーム」という白い粉が

付着していることがあります。

これは食べても問題が無いものですし、

むしろ鮮度が良いものを選ぶ基準にもなるものです。

では、このブルームはどうやって付着するのでしょうか?

ブルーム(白い粉)はどうやって付くの?

ブルームという白い粉は、

もともと果実の中にある脂質から作られるものです。

果実の中に存在する脂質から「ろう」が作られ、

表面に出てきたものがブルームになります。

ブルームの働きとは?

ブルームは簡単に言うと、

果実を新鮮に保つためのものです。

ブルームが雨をはじいたりしてくれることで、

果実が病気になるのを防いだり、

水分が蒸発するのを防いだりしてくれます。

ブルームが付着している巨峰を選ぼう!

上記の説明からもわかるように、

ブルームが付着している巨峰の方が新鮮です。

巨峰選びに迷ったら、ブルームを参考にしましょう。

ブルームが付着していても

安心して食べることができるんですね!

「安心」という点で考えると、

小さなお子さんに巨峰を食べさせる時に

種を飲み込まないか心配になりませんか?

ただ、巨峰には

種なし」と「種あり」がありますよね?

この違いはいったい何なのでしょうか?

次項で詳しく見ていきましょう!

巨峰はどっちが美味しい?種なし種あり違いは何?

実は、この「種なし」巨峰は

人工的に作られています。

普通の巨峰は、受粉して実がなり、

そのまま育てていけば種あり巨峰になります。

しかし、種なし巨峰は受粉を行わず、

ジベレリン」と呼ばれる

植物ホルモンに浸けることで実がなり、

種なし巨峰になるのです。

この「ジベレリン」という液体は、

人体に影響はないので安心して下さいね。

ただ、美味しさで言うとやはり

「種あり巨峰」の方が美味しいんです。

なぜかというと…

実が大きく育ち、糖度も高く甘みがあって

味にコクが出てくるからです。

お子さんに与える際は、

種無しの方が楽ですし安心ですが、

美味しさの面で考えると

「種あり」の方がおすすめです。

さらに言うと…

種ありと種無しでは、

賞味期限にも違いがあるんです!!

では、種ありと種無しではどちらが

悪くなりにくいのでしょうか?

次項で確認していきましょう。

巨峰の賞味期限と保存のコツ

巨峰の賞味期限は、常温保存で

2~3日程度です。

ただ、常温と言っても日の当たらない

涼しい場所での保存を指します。

また、季節によっても室温が異なるので、

夏場などはもっと短いと考えましょう。

前項でも触れましたが、種ありと種なしでは

日持ち日数にも違いが出てきます。

具体的にどれくらいという期間は明記できませんが、

「種なし」よりは「種あり」の方が日持ちしますし、

実が枝から外れてしまうことも少ないのです。

冷蔵・冷凍保存をすることもできますが、

一番おいしく食べることができるのは

やはり常温で保存した場合です。

2~3日程度(夏場は1~2日)で食べきるのであれば、

常温保存でも日持ちする種あり巨峰がおすすめですよ。

どうしても食べきれない!!という場合の

冷蔵・冷凍保存方法もお伝えしておきますね。

冷蔵保存

  1. 一粒ずつ枝を少し残した状態で、房から切り離す。
  2. 洗わずにタッパーかジップロックに入れて冷蔵庫で保存する。

こうすることで、常温保存よりは

日持ちしてくれます。

ただし、冷蔵庫での保存はしっかりと密封しないと

巨峰が乾燥してしまう場合もありますので

気を付けましょう。

また、保存の際に洗ってしまうと

鮮度を保つためのブル―ムが落ちてしまいます。

それを避けるためにも、

食べる直前に洗うようにしましょう。

冷凍保存

  1. 一粒ずつ枝を少し残した状態で、房から切り離す。
  2. 洗ってしっかりと水気をふき取り、重なり合わないようにジップロックに入れて冷凍庫で保存する。

一度解凍した巨峰は、再冷凍せずに

食べきるようにして下さい。

再冷凍して再解凍すると、

実がぐしゃぐしゃになってしまう恐れがあります。

巨峰の賞味期限と保存方法については

以上となります♪

まとめ

いかがでしたか?

巨峰の白い粉が鮮度を保つものだったんですね。

巨峰を選ぶ際には、この白い粉が

ついているものを選ぶようにしましょう!

また、食べるのは種なし巨峰の方が楽ですが、

美味しさで比較すると

種あり巨峰の方が美味しいということも

参考にしてみて下さい。

私は毎年、母から巨峰を譲り受けるのですが、

種ありなので子供たちに食べさせるのが大変です。

しかし、とても美味しい巨峰なので、

めげずに頑張ります(笑)!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)