美味しい焼き芋は見分けられる!?焼き芋の当たり外れは運なの?

スポンサーリンク

焼き芋のおいしい季節がやってきました!

買い物中に焼き芋のいい香りがすると

その香りに誘われてつい買ってしまいますよね。

さて、そんな焼き芋でこんな経験したことありませんか?

「あれ?この焼き芋は外れだ~」

中身がほんのり苦くてスジだらけだったり、

できたてを買ったのにやわらかくなかったり…

ズバリ!

焼き芋の好みの熟し加減に

当たるか外れるかは『運』だったのです。

焼き芋の当たり外れに焼き方は無関係!?違いの差は熟成過程にあった!

スポンサーリンク

当たり外れができてしまうのは、

焼き芋の焼き方ではないのです。

さつまいも1個1個の性質や個体差によるものです。

さつまいもは収穫した後、

デンプンを糖に変えるため冷暗所で熟成させます。

さつまいもをより甘くするために一定期間

熟成させるなんてなかなか知らないですよね!

なぜ違いが出るのか詳しく説明していきます。

◆同じ熟成庫に置いていても違いがでる原因

  • その1 風の当たる位置
  • その2 重なり具合
  • その3 さつまいもの形や大きさ

これらの原因で熟成加減の違うさつまいもになります。

熟成加減が違えば、焼き芋にした時

当たり外れが出てしまうのは仕方のないことです。

上記でもお話したように、

あなた好みの焼き芋に出会えるのは運なのです!

でも!外れの焼き芋だったとしても、

さつまいもに変わりありません。

状態が悪くなっているわけではないので安心してくださいね。

焼き芋の当たり外れは運なのか?美味しい焼き芋の特徴はズバリ…

おいしい当たりの焼き芋を選ぶコツがあります!

それは、「太っているさつまいも」を選ぶことです。

大きく育ったさつまいもの方が

甘みが強くおいしい当たりというわけです。

しかし!

ボールのようにまるまるしているさつまいもは

おいしくないので気をつけましょう!

あとは、焼いてから時間が経つと甘みが抜けてしまいます。

ですので、焼きたての焼き芋を狙いましょう^^

焼き上がり時間を表示している場合もあるので

そちらをチェックするのもいいですよ。

家でも美味しい焼き芋が作れる!焼き芋に適したさつまいもの選び方

家で焼き芋にする場合、

当たりのさつまいもを選ぶために参考にしてみてくださいね。

  • ふっくらしていて、ずっしり重みのあるもの
  • 切り口から密が付いている
  • 凸凹していなくて、つやのあるもの

逆に外れかもしれない、さつまいもの状態

  • 芽がある
  • ヒゲ根が多い
  • 表面のくぼみが深いもの

形がよくても、くぼみの深いさつまいもは

繊維質が多く、スジが多いです。

焼き芋好きなら絶対こだわりたい!?さつまいもの品種による違いとは?

さつまいもには、いろいろな品種があります。

品種によって焼き芋にしたときの、

味や食感の違いを味わうことができますよ。

好みも関係してくるので

あなた好みの品種を探してみてはいかがでしょうか^^

でも、スーパーや屋台で売られている焼き芋って

どんな品種を使っているのか、わからないですよね…

品種の表示されていない場合は仕方ありません。

では、焼き芋にされる定番の

さつまいもの品種を紹介していきたいと思います☆

紅はるか

甘み ★★★★★

食感 ねっとり

カロリー(100gあたり) 163kcal

紅はるかは比較的新しい品種

ねっとりしているのに、なめらかな口当たり

焼き芋にするとさらに糖度が50~60度になります。

安納芋

甘み ★★★★

食感 しっとり

カロリー(100gあたり) 142kcal

種子島の名産品

甘みが強く、しっとりクリーミー

焼き芋人気No.1で話題の品種です。

鳴門金時

甘み ★★★

食感 ほくほく

カロリー(100gあたり) 132kcal

徳島県の名産品

鳴門金時はムラのないキレイな紅色

焼き芋にすると、上品な甘さとほくほく食感が味わえます。

他にも、紅あずま、シルクスィートなどがあります。

ちなみに私のオススメは、

焼き芋なら安納芋

干し芋なら紅はるかです^^

焼き芋にはダイエット効果があった!?おいしい焼き芋の作り方と栄養

さつまいもは、第6の栄養素と言われる

食物繊維を多く含んでいます。

ダイエットにもいいと最近話題になりましたよね♪

さつまいもとりんごを一緒に食べると

より高いダイエット効果が得られるのでオススメです。

ダイエット中に不足しがちなビタミン類を多く含み

髪や肌を健康な状態に保ってくれます。

他にも抗酸化作用、がん予防、生活習慣病予防など

効果があるので日頃の食事にさつまいもを取り入れましょう。

さつまいもは甘いので

糖質と脂質が高そう!と感じますよね。

たしかに高いです。

でもアイスクリームやケーキとは違う糖質と脂質です。

さつまいもの糖質は血糖値を緩やかに上昇します。

緩やかに上昇する血糖値は

脂肪に変わりにくいとされています。

同じ甘いものを食べるのなら

さつまいもの方が断然いいです。

焼き芋の主な栄養素

  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 食物繊維
  • パントテン酸
  • 葉酸
  • カリウム
  • カルシウム

さつまいもは焼くと水分がなくなります。

食物繊維、カリウム、ビタミンB6、パントテン酸が増える↑UP

カルシウム、ビタミンC、ビタミンE、葉酸は減ります↓DOWN

さつまいものベストな調理法は焼き芋

65~70℃で長時間ゆっくり焼くのがいいとされているからです。

Bアミラーゼという酵素がでんぷんを糖に分解するので

長時間焼くことで、より甘くなります。

カロリー面から見ても、

調味料を加えないので焼き芋は低カロリーと言えますね!

お家で焼き芋を作ってみよう!

簡単においしく焼き芋を作る方法を教えちゃいます♪

  1. さつまいもを1本用意して
    皮ごとキレイに洗いましょう
  2. 洗ったさつまいもの水気を取らずに
    濡れたままキッチンペーパーで包む
  3. 次にビニール袋で包みます
  4. 600w1分30秒レンジでチンしたら
    200wに設定して10分チンしましょう

強→弱がポイントです♪

2本同時にレンジでチンする場合も

さつまいも1本ずつ包んで下さいね。

さつまいもの大きさによって時間を調整しましょう^^

まとめ

焼き芋の当たり外れは運だったなんて…!

ですが、見分け方を覚えておけば外れを選んでしまう確率も

グッと下がるのではないでしょうか☆

焼き芋でヘルシーライフにしてみて下さいね。

あ!ダイエットにいいと言っても食べ過ぎはいけませんよ^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)