会社の運動会で上司や先輩に必ず好まれる服装を新人男性向けに紹介!

スポンサーリンク

子供の頃、ワクワクして楽しみにしていた人も
苦手で雨が降ればいいのに……

なんて思っていた人もいるであろう
『運動会』

大人になったからもう運動会なんて縁がないなぁ
なんて思っていたら
会社のイベントで運動会が行われるなんてことも。

子供の頃だったら、体操服があるので
特に気にすることはないですけど
大人になって運動会って言われても
何を着ていけばいいのやら……。

なんて、思う人もいらっしゃるかと思います。

さらに、ここでTPOをわきまえた服装ができれば
上司などの評価が良くなるかも!?

今回は、そんな会社の運動会に参加する際の
服装についての情報をお届けいたします!!

会社の運動会での好ましい服装とは?

まず、どんな服装で参加すればいいのでしょうか?

これは、間違いなく
ジャージでしょう!!

動きやすく、多少汚れたりしても問題なく
運動に適した服装No.1!!です。

それに、ジャージが上下揃っていると、
部屋着としても重宝するので
お気に入りのジャージを
一セット持っておくのはオススメです。

ジャージがオススメだからといって
変に気合を入れて
ヴィトン等のブランドジャージを着れば
運動なんてとてもじゃないけどできません。

かといって、金の刺繍が入ったり
ピンクのラインが入っていたりと

巷のヤンチャをしている人たちの様な
ジャージを着れば眉をしかめられるでしょう。

ここはぜひ
スポーツショップに足を伸ばし
アディダスやミズノ、ナイキなどの
ジャージを買いに行きましょう。

スポーツ経験者であれば
デサントやニシ、ヨネックス、アンブロといった、
各競技に特徴的なメーカーのジャージを
買うのも面白いでしょう。

意外な上司が同じスポーツをしていて
話が弾むということも
あるかもしれませんよ♪

また、ジャージだけでなく、
下に着るシャツも運動に適した、
汗を良く吸い運動の邪魔に
ならないようなものを用意しましょう。

普段着の様なオシャレなシャツを着ていても
運動を妨げたり汗をかくのが嫌だから
なんて言おうものならヒンシュクを買います。

もちろん、足元も運動靴を履きましょう。

スニーカーでもいいんじゃないの?
と思うかもしれませんが
スニーカーは運動することを
想定して作られた靴ではありません。

すべり止めが十分に効かないかもしれませんし
運動中に靴が脱げるかもしれません。

靴の柔らかさも、運動を想定していないので
走ったり、跳んだりという運動を妨げます。

必ず、運動靴を着用して運動会に臨みましょう。

靴もメーカーがいろいろありますが
形の特徴などがあります。

ナイキやプーマといった海外メーカーの靴は
国内メーカーの靴に比べ
足先の作りが細めにできています。

そのため、特に足の甲に厚みがあって、
横幅が広い足の人は足先を締めてしまい、
マメを作る原因になったり

長時間の着用で足を痛めたりという
トラブルの原因になるのでオススメしません。

靴を選ぶときは、
夕方以降に選ぶのをオススメします。

その理由は、朝と夕方で
人の足のサイズは変化するからです。

小さい朝のうちに合わせて買うと、
夕方などになると足を締め付けてしまい
履けなくなったりするからです。

スポンサーリンク

会社の運動会で上司や先輩たちに睨まれるNGな服装は?新人男性版

では、運動会に着ていかない方が良い服装とは
どのようなものでしょうか?

まず、第一に
あからさまな私服です。

運動会ですから、
運動できる格好で参加するのが
まず、優先されるべきことです。

それを、無視して
日頃の運動を想定していないような
私服で参加するのは
まず、最も避けるべき服装です。

次に、いくら運動をするために
ジャージを着て行くべきだと言っても
高級ブランド系のジャージを着て行くのは
避けるべきでしょう。

運動をして、他の人との交流をする場であって
自分のおしゃれをアピールする場ではありません。

一般的なスポーツメーカーの
ジャージで参加しましょう。

そして足元です。

まさか、サンダルやクロックスで
参加する人はいないでしょうがご法度です。

繰り返しになりますが運動会です。
運動をしに来ているのです。

そのような場で、明らかに運動に向かない
サンダルやクロックスで
参加するのはNGでしょう。

それに、足元がラフすぎると、
服装がいくら運動向きの
整った格好であったとしても
だらしがなく見えてしまいます。

必ず、運動靴を用意して参加しましょう。

まとめ

いかがでしたか。

まず、TPOに合わせた服装で、
運動会を楽しみましょう!

そして、いくら仕事ではない
オフの日の社内イベントだからと言って
何でもオフにしてはいけません。

服装を気にしなければならないのは
TPOに合わせた立ち居振る舞いが
できるかどうかというのを
やはり上司や先輩は気にしているからです。

休みの時くらい、気を抜いても良いじゃん
と思うかもしれませんが
TPOに合わせる能力というのは社会人として
身に着けていかなければならない能力です。

むしろ、こういうイベントでも
TPOを踏まえた格好ができるというのは
好印象を持たれますよ♪

ぜひ、運動を楽しめる格好で
運動会に参加してくださいね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)