1歳未満の子育てで悩みのタネの夜泣きは昼寝コントロールが大事!

スポンサーリンク

子育ての上で避けて通れない子供の夜泣き。
新生児だけじゃありません。

0歳、1歳、2歳、3歳でも
夜泣きはあります。

仕方ないとは分かっていても、
ママもパパも寝不足状態になってツライですよね。

頑張って抱っこしても、
あやしても泣き止まない…。

もうどうしたらいいの?!
とお手上げ状態になることも。

我が家が子供の夜泣きの時にとっている
自己流の対策をご紹介します!
ママ、パパが少しでも気が楽になりますように。

1歳未満の夜泣きは昼寝コントロールでイライラ解消!

我が家の息子たちは、
本当に夜泣きしまくりでした。

はっきりとした原因が分からないし、
喋りもできないので、最初はただ付き合っていました。

でも体力が持たない!
精神的に参る!
正直もう無理…(´・ω・`)

夜にどうしてぐっすり眠ってくれないのか、
よくよく考え直してみました。

母乳、ミルクは問題なく与えているし、
熱もないし体調も悪くない。

ならなんで?と…

子供は夜泣きしていても
朝起きるとケロッとしていませんか?

うちの息子もそうだったんですよね。
昨日のあれは何だったんだというくらい元気。

でもよく考えると、
夜泣きしているってことは
ちょっと昼間は寝不足になっているはずですよね。

そこでついつい昼寝を2~4時間、
午後にがっつりしていたうちの息子。

良く寝てるわ…と思って子供のペースのまま。
何もできませんでした。

でも
「この昼寝がなかったら、
その分夜に寝るんじゃないの?」
と思ったのです。

子供のペースに任せるのではなく、
夜に寝れるようにこっちが持っていく生活に
切り替えることにしました。

ちょっとかわいそうな気もしましたが、
とにかく昼寝を1時間以上させない!
と決めました。

昼寝させずに夜にたくさん眠ることを体に覚えこませる

お昼寝が少なくなると、
当然眠いので子供はめちゃくちゃ不機嫌。

ご飯食べるのも放棄!!っていうぐらい
はじめはぐずぐずのオンパレードでした( ゚Д゚)

これはこれでつらかったですが、
「その眠気、夜にとっといて~お願い~!!」
って思いながら(笑)

3~4日もすると、
昼寝をしないで大丈夫になりましたよ。

子供の体内時計って、決まってくると
睡眠の時間も決まってくるんですよね。

この体内時計をしっかり作ってあげることで、
夜泣き減っていきましたよ!

夜に3回夜泣きしていたのが、
2回になり、1回になり、10分程度になり…

気が付つくと、
「あれ?今日は良く寝てるなあ」という風に。

回数が減るだけでもこちらとしては
かなり気が楽になりました。

トータルで1カ月くらいかかりましたが、
今でも睡眠のコントロールには気を付けています。

朝起きる時間はなるべく変えない方がいい

子どもが夜どうだったかによって
朝起こす時間が前後したりしませんか?

たとえ1時間でも。

それだけでうちの子は
夜に寝るのが遅くなる子なんです(; ・`д・´)

夜寝る時間は、前後してもいいけど、
朝起きる時間は絶対に変えないようにしています。

夜更かししてようが必ず起こします。
こんなときも昼寝は1時間以上させないです。

そのかわり、夜に早く寝かせるようにします。
(機嫌悪くてもお風呂も入れる!)

小さい子供はたまにびっくりするほど
はやく寝入っちゃうことがありますよね。

でも、それでいいんです。大丈夫(*’ω’*)
次の日も同じ時間に起こします。

とにかく睡眠の比重を昼に持ってこないことがポイント。

ぐずぐずを一日中されると
家事もろくにできなくて、
イライラ、しんどいですけど、
それでも夜泣きよりはマシです。

そのぐずぐずは毎日は続かないですから。
ちょっとリズムがくずれても、
朝に毎日同じ時間に起きていれば
それに合わせた睡眠が
子供に自然とやってくるのです。

スポンサーリンク

疲れさせすぎは逆効果!程よい外遊びが◎

夜泣きが減ってきたある日の休日。

朝から家族でお出かけしたんですが、
うちのパパはなんだかすっかり
「子供は昼に疲れさせれば夜泣きしない!」
と決め込んでいたみたいです。

休日に人でごった返す
週末のショッピングモールにブラブラしに行き、
公園で走り回って遊んで、
ゲームセンターに寄って、
最後にばあばの家に連れていき、
スーパーで食材を買い、
車に乗せて1時間かけて帰るということを。

ずっと動きっぱなしで子供はぐったり。
「今日もよく寝るやろうなあ!!」
なんて笑っていましたよ、パパ…。

でも私はなんか
いや~な予感がしていました(; ・`д・´)

見事に予想は大あたり!

夜泣き夜泣き、するわするわ。
どう見ても疲れすぎて気が立っている、
興奮状態だって分かりました。

こんな時は、目もろくに開けないで
ひたすら体を突っ張って、泣き続けるうちの息子。

ついでにものすごい力!(笑)

とにかく泣きたい!!
まわりなんて見えてません!

って感じです。

こんな時私は、
わざと明るい部屋へ連れていき、
起こしてしまいます。

ひたすら声をかけ、
息子が好きなDVDも流してしまいます。

「帰ってきて~~1回正気に戻って~(笑)」
っていう気持ちです。

そうしていると、はっと我に返った息子は、
きょとんとして次第に落ち着いていきます。

それからしばらく落ち着かせた後、
もう一度寝かしつけると、
すんなり寝てくれることが多いですよ。

暗闇でひたすらあやしても
ダメなもんはダメ。
開き直りの作戦です(笑)

子育ての悩みのタネの夜泣きは赤ちゃんからの大事なサイン!

夜泣きの仕方がいつもと違ったり、
いつもより甲高い声で泣いている時は
数日たって熱が出たこともありました。

ここらへんの違いは、母親の勘で分かります。

あとは、喉が渇いている
(特に意外と夏より冬、
乾燥している時期が多かった)

背中がかゆい、
服についているタグが当たって気になる
(小さい子は背中に手が届かないので)

暑い(子供は基本的に暑がり。
泣くと余計に暑くなるので、不快で泣いてる)

そばにいて欲しいだけ
(となりで眠ったふりをするだけで落ち着くとき)

などなど、
睡眠コントロール以外にも
こんなパターンもありましたよ。

喋ることが出来ない子供の夜泣きって、
本当に対処が難しいですよね(´・ω・`)

まとめ

まずは夜泣きが続いていて、
疲れがたまって神経質になりすぎないことですよ。

頻繁に続いていても
全然おかしいことじゃないです。

むしろ、感受性の強い、
伝えたい気持ちのしっかりした
豊かな子だと思いますよ!

前向きに思わないと
やってられませんしね(笑)

夜泣きは意味もなく泣いているわけではなく、
絶対になにかしらの理由があって、
一生続くものじゃありません。

・昼間に寝かしすぎていないか

・生活のリズムがぐちゃぐちゃになっていないか

・人混みや騒音のする場所で長時間遊ばせていなかったか

・ちょっと涼しいくらいの気温で眠れているか

・体調が悪そうにしていないか

などを気にしながら、
子供に振り回されるばかりじゃなく、
ママ・パパの方から
うまくコントロールしていけるように
なればいいですね。

時には心を鬼にしなくちゃいけませんが(笑)

ママがイライラしていると
子供は余計落ち着かないので、
「なんか言いたいんだな~( ゚Д゚)」
と楽に構えて夜泣きを乗り越えていきましょう♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)