あなたのペットが服を必要とする理由とは?実は大事な理由が!?

スポンサーリンク

私たちの生活に癒しと活気をもたらしてくれる存在のペット。

同じ空間で、同じ時間を過ごし、

まるで人間同士にも似た絆を

あなたも共有していることでしょう。

そんなペットは人間と同じ空間で過ごすからこそ、

これから来る冬の寒さも共有することになります。

1990年代頃まで、

ペットに服を着せると虐待とまで言われていました。

しかし、現代ではペットに服を着せるのは必要なことなんです。

なぜなら、

  1. 短毛種
  2. 高齢
  3. 短足
  4. 抜毛

という理由があるからです。

ペットが服を必要とするのは、

当時に伴って、こういった変化があるからなんです。

この記事では、ペットが服を必要とする理由を掘り下げ、

あなたのペットが間違いなく服を必要としているのか、

判断する方法をお伝えします。

簡単診断!あなたのペットが本当に服を必要としてるかチェックしよう!

スポンサーリンク

ペットが服を必要とするのには理由があります。

それはペットの「見た目」です。

日本にいる犬だけでも300種類を超えており、

ペットのルックスは多様化しています。

さらに犬だけでなく

猫を飼う家庭も急増しているので、

服を必要としているペットとその理由も様々です。

そこで、あなたのペットが

服を必要としているかを診断しましょう。

まずは、これから紹介する5つの特徴に、

あなたのペットが該当しているかチェックして下さい。

短毛種

読んで字の如くです。

あなたの飼っているペットの毛は短いですか?

例えば、品種なら、

犬の場合

  • イタリアングレーハウンド
  • チワワ
  • パグ
  • ミニチュアピンシャー

また猫の場合

  • スフィンクス
  • バンビーノ

等です!

これらのペットは被毛が短いので、

地毛だけで日本の冬を乗り切らせるのは酷な話です。

また、スムースという

極めて毛の短い品種もこのチェックに該当します。

ペットショップで犬や猫を飼う時に店員さんから

「被毛はスムースです。」と言われたら服は必要です。

寒がり

人間でも寒がりの人と暑がりの人がいるように、

ペットにも寒がりの種類がいます。

例えば、

  • 猫全般
  • ミニチュアダックスフント(カニヘンを含む)
  • ブルドッグ
  • ボクサー
  • グレートデン

です!

猫は、祖先が砂漠で暮らしていたので、

寒さに弱いのです。

一方、犬は、

狼から自然に派生した犬種と、

使役や見た目の美しさを重視して

人間が交配をした犬種がいます。

人間が交配をした犬たちは、

寒暖への抵抗力を考慮されなかった結果、

寒さに弱くなってしまいました。

このように、寒さに弱いペットもいるので、

服は必要なんです。

長毛種

先程の話と矛盾しているように聞こえますが、

理由があります。

それは、毛が抜けやすいことです。

突然ですが、

私はロングヘアのチワワを飼っています。

換毛期(季節の変わり目)でもないのに、

毎日掃除機をかけないと部屋中に毛が落ちているほど、

毛がよく抜けます。

そのため、洋服を着せて抜毛を落ちにくくして、

抜毛による被害を最小限に抑えています。

この意見は、最も賛否が分かれますが、

子犬の時期から服を着せていれば、

犬は服を着ることが当たり前になるので嫌がりません。

なので、試す価値はあります。

足が短い

ダックスフントやコーギー、マンチカンのように、

極端に足が短いペットを飼っているあなた!

彼らのお腹とそれを覆う毛が、

地面や床と近すぎることにお気付きですか?

体を汚さないためにも、服を着させて下さい。

また、彼らは地面との距離が近いために、

アスファルトの亀裂や、瓶などの破片によって

思わぬ怪我をしてしまうことがあります。

しかし、服を着ていれば

小さな障害なら防ぐことができます。

高齢・幼齢

ペットも人間と同じく、

加齢と共に筋肉量が落ちて代謝が下がります。

代謝の低下に伴って、高齢のペットほど冬は寒がるので、

外出の時だけでなく、室内でも洋服を着させて下さい。

ちなみに、パピーまたはキトゥンと呼ばれる

生後1歳未満のペットたちも同じく、

身体が成熟していないため、体温調整が苦手です。

彼らには防寒のために、服を着させましょう。

以上、5つのチェック項目ですが、

あなたのペットはいくつ該当しましたか?

チェックの数が多いほど、

あなたのペットは服を必要としているので、

冬服選びを始めた方がいいですね。

重視するのは見た目or素材?あなたのペットに適した服選びが必要です!

前問に該当したからといって、

服なら何を着せても良いわけではありません。

あなたのペットに合った服の素材があるので、

ご紹介します。

まずは、

  • 短毛種(スムースを含む)
  • 寒がり
  • 高齢
  • 幼齢

これらに該当する場合、

ニット生地や裏起毛がついた、

暖かい素材の服を選ぶと良いでしょう。

つまり、防寒を重視した服です。

続いて、

  • 長毛種
  • 短足

この2つのいずれかに該当する場合、

通気性の良いメッシュ素材や、

動きやすいストレッチ素材の服がベストです。

この項目に該当するペットは、

特有の体型や被毛があるために服を必要としています。

なので、実用性重視の服選びがオススメです。

まとめ

服が必要なペットは、

  • 短毛種(防寒を重視した服がマスト)
  • 寒がり(より防寒に特化した服がオススメ)
  • 長毛種(抜毛の飛散防止のため、動きやすい素材の服が適当)
  • 短足(丈の長い服は腹部を汚さないので役立ちます。)
  • 高齢、幼齢(肌に優しく暖かさを保つコットンやウールがオススメ)

です!

ペット専用のアパレルショップもあるので、

日頃からチェックしておくと、

あなたとペットが気に入る一着に出会えるでしょう。

また、ペットの服にも衣替えが必要なので、

ペットが抱えている悩みによっては、

四季に合わせて服を変えることも大切です。

服を必要としている

あなたのペットのためになれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)