軽自動車で雪道の運転が怖い人向けに安全な走り方を紹介!

スポンサーリンク

初めて雪道を運転する場合でも

雪道運転に自信がない場合でも安心してください。

雪道運転のコツをお教えします!

実はこれは、普通車でも軽自動車でも同じです。

それは、

  • 信号機の予測
  • 急に何かをしない
  • スピードを出さない。

です。

このたった三つを守るだけで

雪道運転でもスリップしにくく

事故が起きにくくなります。

現地にお住いの方々は雪道を十分にわかっているので

スピードを出したり自信過剰な運転を続けてしまって

スリップしてしまい雪に突っ込んでしまったりしています。

常に慎重にいつ事故が起きてもおかしくない

と言う心構えで運転してください。

それでは詳しくお伝えしますね。

普通車より軽自動車の方が雪道を滑りやすい?軽自動車のメリットデメリットは?

スポンサーリンク

軽自動車はとても軽量化されているので

スタッドレスタイヤでも滑りやすいです。

エンジンなど重たいモノは前に積んであるのですが

後ろの方は何も積んでいないと軽いです。

そうなると前は重いのに、

後ろは軽いというアンバランスな状態になります。

アンバランスな状態だとスタッドレスタイヤを履いていても

上手く効果を発揮できません。

後ろに重たいモノを乗せる等の対策をして

タイヤ四本に掛かる重量を上手く調整すると安全です。

なら軽自動車は雪道に向いていなくてデメリットしかないの?

というとそうでもありません。

全体の重量が重すぎると

下り坂や曲がるときに重心を持ってかれて滑りやすいので、

スリップした時の対処のし易さは軽自動車です。

他にも軽自動車のメリットがあって

4WDでも普通車より購入価格が安いです。

除雪のされていない上がり坂では

4WDじゃないと上がりにくいです。

上がり坂の信号などで止まり

上手く発進できないと後続車にも迷惑になり、

そんな事を考えていると焦りが出てしまい

事故が起こりやすい状態に陥ってしまいます。

これから雪道を走る上で軽自動車のご購入をお考えの場合は

4WDの車をおすすめします。

勿論4WDの方が走りやすいというだけで

2WDでも問題ありませんよ。

どんな車でも無謀な運転や慣れていない場合では

必ずスリップします。

スリップした時に対処し易いのはとても魅力的です。

現地に住んでいる方々が4WDの軽自動が多いのは

そういう理由もあります。

軽自動車で雪道を運転する時の安全な走り方は?わだちを通る以外にも何かある?

軽自動車の軽さは雪道ではとても不利です。

重いものを乗せて重量を調整し、

タイヤ4本の重量をなるべく均等にしないと危ないです。

スタッドレスタイヤとは4本全て効果が発揮することで

本来の効果を得ることができます。

ちなみに

新品のスタッドレスタイヤを履いて

すぐ雪道を走ることは基本的にNGです。

その理由として新品のタイヤだと上手く摩耗していないため

効力が発揮しないからなんです。

スタッドレスタイヤを購入したら

慣らし運転をして雪道に備えておくといいですね。

ここまで準備が整いやっと安全な走り方を覚えれば

安心安全な走りができます。

この準備を怠っていると

スリップ事故を引き起こしやすいので注意してください。

お待たせしました。

軽自動車での安全な走り方をご説明致します。

それはスピードを出さない。

まずはこれに限ります。

制限速度より少し遅めの約10%減が一番安全だと言われています。

スピードを出しすぎていたりすると上手く止まれなかったり、

何かあった時に急ブレーキをかけることになります。

急に何かをするということは雪道ではとても危険です。

次に重要なのは曲がり始めた時に

アクセルを踏みすぎない事です。

信号待ちなどから曲がる時は

もちろんアクセルを踏んで進みますが、

曲がり始めているのにアクセルを踏んでいると

スリップします。これは必ずです。

曲がる時は全体の重心が後ろに傾くので

重いとか軽いとか関係なく、スリップします。

これは軽自動車でも普通車でも同じことなのでご注意ください

次に気を付けるべきポイントは

信号機の予測です。

歩行者信号が見える位置になったら

歩行者信号などを見て

信号の変わるタイミングを予測して下さい。

軽自動車の場合軽いので中々止まれません。

このままだと黄色になるけど渡れるかな?

で走るのではなく

黄色になりそうな時は止まって

安全な走行に心がけてください。

信号をよく見て周りを確認し

余裕をもってブレーキを踏むようにしましょう。

最後に注意点です。

深いわだちはハンドルが持ってかれやすくとても危険なので

深すぎるわだちを走行時は、

いつも以上にハンドルに気を付けてください。

わだちというのはみんなが通っている道路になります

みんなが通っている分路面で滑りやすくもなっていますし

深いとちょっと油断するだけで

簡単にハンドルを持っていかれて事故を引き起こします。

深すぎるわだちにはご注意して下さい。

まとめ

軽自動車で雪道の運転をすると普通車よりも怖いかと思います。

でも、今回ご紹介した三つの安全運転のポイントを

気を付けるだけで圧倒的に事故率は少なくなります。

雪道というのはとても危険です。

準備を怠らずに時間に余裕をもって家を出て、

慎重に上記の三つを守って雪道を運転してください。

雪道は危険ですがそれ以上に雪景色というのは

とても気持ちが良いものです。

安全に運転し、目の前に広がる雪景色を堪能してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)