男子大学生へディズニーシーデートの穴場スポットを昼夜両方を紹介!

スポンサーリンク

ディズニーリゾートは大型連休や夏休みの間は
ひどい混みようなので、
空きコマなど比較的時間の余裕がある大学生では
平日に行くことを考えますよね。

講義が昼間で終わったりすると、
そのまま舞浜へということもできます。

さらに、カップルで行くと
長い待ち時間で会話が続かないなどの理由から
やや不穏な空気が漂ってしまうというディズニーです。

ただ、平日であれば待ち時間も少なく、
より楽しむことができます。

そのことを口実にデートへ誘うという男性も多いでしょう。

そこでこの記事ではカップルにおすすめの穴場スポットを
昼間と夕方以降に分けてご紹介いたします。

彼女を喜ばすことが出来るディズニーシーで穴場スポットは?

まずは、昼間でも2人だけの空間が欲しい
という方へ向けた穴場スポットを
5つご紹介します。

1つめは
「ヴェネツィアンゴンドラ付近」です。

元々このエリアは人が少なく、
ゴンドラを目的にしている人はスルーします。

ですので、
あまり人目に触れることなく
二人の時間を過ごすことができます。

2つめは
「トランジットスチーマーライン降り場」です。

どこかというと、
トランジットスチーマーラインを降りて
出口へ向かう途中のベンチスペースです。

ゲストが多数通り、かつ出口には
「Exit Only(出口専用)」とかかれていて
利用がためらわれてしまうので
逆に穴場となっています。

周囲の目が気にならない
というカップルにはおすすめです。

3つめは
「スチームボート・ミッキーズ横
(エレクトリック・レールウェイ高架下)」です。

このエリアは本当に人が少なく、
時間によっては誰もいないことがあります。

ベンチの数も多く、
目の前には海が広がっていて景色が良いので、
歩き回って疲れた際にはここで休憩すると良いでしょう。

4つめは、
「レストラン櫻のテラス横」です。
これは3つめに紹介した場所のすぐ近くになります。

普通のゲストはこの場所はあまり通りませんし、
レールウェイやプロメテウス火山を見れます。

また、レジェンド・オブ・ミシカの時間は
水上オートバイのスタンバイも見られるので、
アトラクションの裏側などが好きなカップルには
おすすめのスポットになっています。

5つめは、
「ミステリアス・アイランドの塔」です。

人気アトラクションの「センター・オブ・ジ・アース」のために
通り過ぎてしまいがちな場所ですが、
一見キャスト用にも見える狭い階段を上がった先に
大人2人がやっと立てるくらいの空間があります。

もちろん塔ですので、
視界を妨げるものは少なく非常に景色が良いです。

密着することができるので、
ひと目を気にせずくっついていたいカップルに
おすすめの穴場スポットです。

スポンサーリンク

昼とは異なるディズニーシーで夜のおすすめのコースは?

夜はなんといっても
花火やイルミネーションが綺麗です。

これらを落ち着いて楽しむことができるスポットを
4つ紹介します。

1つめは、
「ケープコッドエリアの赤い灯台」です。

実は、この赤と白のボーダー柄の灯台は
上がることができます。

このことはあまり知られておらず、
比較的空いています。

花火がよく見えますし、ベンチも置いてあるので
じっくり花火を楽しめます。

2つめは
「メディテレーニアン・ハーバー周辺」です。

このあたりは夜になると
エリア一帯にイルミネーションが点灯します。

周囲をぐるっと一周できますが、
その中でもおすすめのスポットは
「リドアイル」と「ミステリアス・アイランドへの洞窟入口」です。

リドアイルは半月状の形をした離島で、
日中は海上ショーや
ショーステージの鑑賞場所として使われていて
非常に混雑していますが、
花火が終わった夜は人が少ないので
ゆっくりとイルミネーションを楽しむことができます。

ミステリアス・アイランドへの洞窟入口は
メディテレーニアン・ハーバーの西側に位置しています。

このスポットはホテルミラコスタ側を含めた
ポルトパラディーゾの景色を一望できる場所で、
この眺めはディズニーシーの中でも
指折りのロマンチックなポイントになっているので、
是非行ってみてください。

3つめは、
「ジャスミンズ・ガーデン」です。

アラビアンコースト内にあるエリアですが、
クリスマスシーズンなどには装飾が特別仕様に変わるので、
なにかしらのイベントがある時期におすすめです。

4つめは、
「SSコロンビア号デッキ」です。

SSコロンビア号には
アトラクションやレストランなどもあり、
そちらに人が集まっていて気を取られてしまいますが、
実は船上デッキにも出ることができるのです。

景色を一望することができるので、
夜景だけではなく昼間も
おすすめのスポットになっています。

まとめ

カップルでディズニーシーをまわる際に
押さえておきたい穴場スポットを
昼間と夜に分けてそれぞれ4つほどご紹介しました。

しかし、これらのスポットに行きさえすればよい
という考えは危ないです。

なぜかと言うと、
これらは「人気が少ない」という特徴を持っているからです。

うまくやれば
「この人はきちんと下調べをして来ている」
という評価になりますが、
「こんな穴場をいくつも知っているなんて、前の女と来たのか」
という思いを持たれる可能性も決して低くありません。

誘う際は
「あそこ人が少ないけど行けないか試してみよう」など
うまく誘い出す口実を考えてから行きましょう。

この記事を参考にして、
さらに2人の距離を縮めてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)