子育てママの理想の仕事の形!?在宅ワークのメリット・デメリットは?

子育て
スポンサーリンク

仕事と収入は欲しいけど、
子育てもしなくてはいけない。

 

家で働けたらいいのにな、と
一度は考えるママも多いのではないでしょうか。

 

外で働くこと、家で働くこと。
どちらがいい?
在宅ワークでも子供は預けることができるの?

 

本当に自分にもできるかな…
と考えることは尽きませんよね。

 

現役で子育てをしながら
在宅ワーカーをしている私の経験を
ご紹介いたします!

子育てしながらの仕事で在宅ワークは可能なの?

在宅ワークと言っても、何をしますか?

 

コツコツとひたすらに内職?
流行りのハンドメイドで収入を得てみる?

 

パソコンでお小遣いサイトに登録する
…なんて地道なことをするママも。

 

なんていうか、在宅ワークとざっくり想像しても、
あんまりすぐに現実味が出てきませんよね。

 

たとえば子育てを完璧にしながら、
在宅ワークはほぼ不可能でした。

 

子供を見るって
そんなに甘いもんじゃないですもんね( ;∀;)

 

結局は子供が小さければ、
お昼寝の時間を仕事にあてたり、
寝てから仕事…

 

効率的にとっても悪いのです。
さすがに給料が5000円未満では悲しいですしね。

 

できないわけではありませんが、
実際はかなり厳しい…(;´・ω・)

 

子育て中に在宅ワークを考える人のほとんどが
「まだ子供が小さい」という気持ちの罪悪感や、
「働きに出る不安」などから、
そう考えるのではないでしょうか?

 

はたまた、働きに出られなくても
ちょっとでもお小遣いが欲しいって考えますよね。

 

我が家の場合、お小遣いではなく
「家計の足し」にしたいのが目的なので、
ある程度は稼げる在宅ワークを目標にしていました。

子育て中の在宅ワークのメリットとは

①トラブルに即対応できる

家にいる最大のメリットはこれです。

子育て中の子供の急病や、発熱、けがなどがあれば
自分で対応できます。

 

子供としても安心感がありますよね。
園などに預けていても
すっとんでいってあげられます。

 

しかも、それで一日分まったく給料がない
ということにはならない!

 

②体力的な問題をカバーしてくれる

働きたいけど、
めいっぱい働きながら子育てをするのは不安…。
体力もある人もいれば、ない人も当然います。

 

通勤時間もなくて、外で働くより
在宅の方が体の負担が楽です。

 

子育ての真っ只中では、
どっちみちバリバリ働くのは無理だったりしますので
できるなら家にいながら働きたいって思うのが当然です。

 

私は体が丈夫ではないので、
子育て中の今、在宅ワークが向いていると感じています。

 

③人間関係のストレスが圧倒的に少ない

子育てにおいて仕事との両立は
本当に大変なのです。

 

どうしても外で働いているとストレスがたまるので、
時には余裕をなくします。

 

それが結果的に子供にイライラする原因になったり、
疲れる原因に。

 

在宅ワークの良いところは、
外からのストレスを持ち込むことがないことです。

 

ママは子供のためにも
心にゆとりを持つことが大切なんです。

 

④自分のやりたいように時間を設定できる

会社に縛られていたら絶対にできない
時間の融通を利かせることが出来ます。

 

責任感はもちろん在宅でも常にありますが、
時間のコントロールがつくことは
在宅ワークの大きな利点と言えます。

 

会社の人に頭を下げて
子供の行事に参加することもないですしね。

スポンサーリンク

子育て中の在宅ワークのデメリットとは

①保育園の審査が通りづらい

これは本当によくあります。

ある程度稼ごうと思うと(大体5万くらいとか)
幼稚園ではなく在宅でも保育園に…
となるかと思いますが

 

最初から在宅ワークを
審査ですんなり通してもらえることは少ないです。

 

私の場合、最初はパートで9時~4時まで、
半年は勤めてから(週5日勤務)
在宅へシフトチェンジしました。

 

こうしてwebライターをしていますが、
これ一本で在宅に持っていく事は
最初からはできませんでした。

 

なので昼間働き、半年は深夜にネットで仕事をし、
実績をつけてから保育園に「転職」
という形で今のスタイルを正直に伝えました。

 

給料は確定申告ですし、
収入を得ていることさえ証明できれば、
あとはOKでした。

 

ほっと胸をなでおろしました、この時は。

 

②たくさん稼ぐことにはちょっと不向き

はっきり言って在宅のお仕事は
がんがん稼ぐことはできません。

 

子育て中ならなおさら、
ある程度ちょっと稼げればいいかな~というくらい。

 

10万はなかなか稼げません。
5万円いけばかなり頑張ってます(;´・ω・)

 

私は普通のなんの飛びぬけた才能もない
平凡なママなので(笑)

 

でも、在宅ワークの大体の相場は、
これくらいかなと思っといた方がいいですね。

 

③内職は苦労のわりにお金がもらえなくてつらい

ちなみに内職も経験があります。
シール張りや、靴下のほつれチェックなど。

 

段ボールに何箱も作って、
それでも1万円になるかならないかでした。

 

在宅=内職というのはもはや、
ママにとって常識にしない方がいいです。

 

睡眠時間を削って頑張っても、
あまりにも見返りがないと心がしょんぼりします。
っていうかもう、挫折してしまいます( ;∀;)

 

「ひ~助けて~もう無理~!;つД`)」と
夜な夜な心で叫んでいましたよ(笑)

まとめ

在宅ワークにしたい理由は人それぞれだと思いますが、
子育て中には有利な在宅ワーク。

 

でも、外で働くよりは稼げないですし、
安定的な収入にはならないことも。

 

子育ての隙間の時間を使って
できるくらいでいいと思えるなら、
たとえちょっとの気晴らしのためのランチ代や、
安い洋服代は稼げますよ(^^♪

 

そういうことなら、
ネットを使った在宅ワークを
心からおススメします!

 

もしもがっつりと在宅ワークで収入を得たい場合は、
子供もいるので相当頑張って努力しないと、
そこにたどり着くまでが大変なのです。

 

体を壊したり、睡眠時間を削ることは、
ママにとってつらいものです。

 

どちらかというと「子育て」をメインに置きながら、
サブ的な意味で在宅ワーク。

 

まずはそんな気持ちで探してみることを
お勧めします。

 

でも実は在宅ワークをすることで
新しい可能性や発見もできるかもしれないので
迷っているなら、
とりあえず行動してみると良いですよ!

 

理想は子育て中のママがいつか在宅でも、
しっかり収入が得られる時代が来て欲しいものです。

タイトルとURLをコピーしました