卒業旅行が面倒なら行かない方が実は良い!その理由を徹底解説!

スポンサーリンク

卒業旅行、行きたいですか?

学生生活の最後を飾る記念。

ところがこれが面倒なんですよね。

旅行ってなかなか大変なんです。

ましてや海外まで行って嫌なことでもあったら、

行かなきゃ良かったとなります。

「社会人になったら休みづらいよ」

そう言われるけど、実際は社会人も旅行に行きます。

なので、無理して行くことはないですよ。

行かなくてよい理由とは、

  • 手間が掛かるし、旅行好きじゃない
  • メンバーとそんなに仲良くない
  • 行かない人も結構いる
  • 自分が楽しいことをした方がいい

です!

いい面より嫌な面が気になったら

考え直す良い機会です。

ここではその行かない方がいい理由をまとめ、

あなたにご紹介します。

後悔しないよう、

学生生活の最後を楽しく過ごしましょう!

卒業旅行がめんどくさいなら行かない方がよい理由とは?ムリしていっても後悔するだけ

スポンサーリンク

一番の理由はこれでしょうね。

「旅行好きじゃない」

趣味嗜好は違って当たり前です。

インドア派の人は旅行に興味ありませんよね。

なので無理して行く意味はありません。

私なんか何日も部屋にこもっていても平気なのに、

外で楽しもうとは思いませんよ。

それに準備に手間が掛かります。

話し合いがこじれることもあります。

アメリカがいい、ヨーロッパがいいとまとまらず、

その上一人がお金がないと言い出す。

で、仕方なく安いアジアや国内旅行にしたり。

ここで不満が残ると旅行も楽しめないでしょう。

しかも皆の日程を合わせて、

宿とって、車や飛行機の手配して……

もうこれだけで疲れます。

そして大学で会うのはいいけど、

旅行に行くほど仲良くない、

ということもあります。

ほどよい距離感で付き合っているのがいいんです。

自分とメンバーの温度差が大きいわけです。

誘ってくれるのは嬉しいけど、実際行くのはチョット……。

となってしまう。

楽しくない相手と行ってもつまらないですね。

さらに辛いのは自分だけ軽く扱われている。

少しパシリみたいになってる。

こんなこともありますね。

グループ抜けるのも簡単じゃないようです。

ホントに人間関係の難しさは厄介ですね。

行き先や日程も勝手に決められて、

「行くよな?」の一言で済まされてしまう。

冗談じゃないです。

絶対行くべきじゃないです。

これなら一人旅の方がずっといいです。

また、仲のいいメンバーと行っても

揉めることはあります。

旅行中はトラブルが起きやすいものです。

そこで意見の食い違いがあったら空気悪くなりますね。

もう最悪ケンカになります。

日本だったらすぐ別れて顔も見ないですむけど、

ヨーロッパだったらどうでしょう。

いやなことは無理してやっても楽しめません。

旅行はどこへ行ったかよりも、

誰と行ったかが大事です。

いいメンバーでなければ行かない方がいいです。

周りに流されるままに付き合っていると、

自分をすり減らしてしまいます。

人間関係は大事にしますよ、

でもそれとこれとは別です。

イヤイヤ付き合っても楽しめないし、

そんな気持ちも相手に伝わるでしょう。

いやなムードになりますよ。

卒業旅行に行かない人はどれくらいの割合でいるの?

いろいろな調査があるけど、

大学生が行かない割合はだいたい3,4割です。

行く人が多いけど、

行かないのも十分あり、ですね。

それに昔はもっと行かなかったんです。

30代、40代、50代と年代が上がれば上がるほど

行く人の割合は減っていきます。

つまり、あなたが社会に出たら

上司や先輩は行ってない人が結構いるはずです。

そういう人たちも、

行かなかったことを後悔している人は少ないでしょう。

私も行かなかったのですが、

まったく気になりません。

行かないことがデメリットだと思ってませんから。

私が初めて海外旅行に行ったのは、

社会人になってからです。

いつだってチャンスはありますよ。

社会人は連休もあれば、財力もあります。

むしろ学生の頃より良い条件で行けます。

本当に大事なのは卒業旅行する事ではなくあなたが楽しく過ごす事!

卒業だからってなんで旅行に行くの?

こう思う人もいます。

いい思い出を作りたいのに面倒な旅行に行くなんて、

間違ってないか?

当然ですね。

なにも旅行だけって決めなくていいんです。

見たかった映画を見に行く。

パーティーもいいし、高級レストランもいいですね。

一人で読書や美術館もいいです。

「せっかくの機会だから行こうよ」と誘われても、

無理して行くというのは

逆にその機会を台無しにしているんです。

せっかくの機会だからこそ、自分が楽しいことをすべきです。

これからは、

「卒業旅行」と言わずに

「卒業記念」と言うべきですね。

自分から言ってみてください。

「卒業記念どうする?あのレストランどう?」

こっちから攻めましょう。

まとめ

卒業旅行に行かない方がいい理由は

  • 旅行好きじゃない(手間も掛かる)
  • メンバーと仲良くない(人間関係の問題)
  • 行かない人も結構いる(割と当たり前)
  • 自分が楽しいことをする(その方が有意義)

です。

これを覚えておけば、大事な学生生活のラストを

気分良く過ごせるでしょう。

当たり前ですけど、

好きなことをするのが一番なわけです。

そこに人間関係が絡んできて

しがらみが生まれるわけですね。

断りにくい誘いは学校や職場でたくさんあります。

あまり深刻に悩みすぎないでくださいね。

軽く断るのがコツです。

代替案を出してみてください。

「旅行より映画にしようよ」

すると相手も納得しやすくなります。

それでも押してきたら

「やだよ、めんどくさいもん。みんなで行ってきて。」

と、笑って答えてください。

笑顔は人間関係を良くしてくれます。

あなたも笑って楽しく卒業してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)